面変わり

「よく来たね」と言っている?
「よく来たね」と言っている?訳ではありません。
札幌市円山公園(2005年8月28日)

円山公園のシマリス 3

 円山公園のエゾシマリスについては、2004年6月6日の写真を使った円山公園のシマリスと2005年7月24日撮影の円山公園のシマリス 2をご覧下さい。

遠くから近寄って来る
遠くから近寄って来る
 2005年8月28日11時頃円山公園にシマリスを見に行きました。一月前の 7月24日の絵日記 で取り上げ、後に上記円山公園のシマリス 2として発表したところです。
 家内はこの場所は初めてなので、いるかどうか半信半疑でした。
 すぐに出て来て、だんだんと近付いて来ます。

一匹だけですが

立っています
立っています
 トップ写真と同じ場所で立っています。

 エゾリスは胸に手を当てるときに、手の部分が上を向く(肘が下になります)のですが、シマリスでは下を向くと家内が気付きました。
 そういえば「お化け」みたいな手つきになっています。

体は伸びます
体は伸びます
 体は柔らかくて、必要なときは長く伸びます。
 ころっとしたリスとは、ちょっと違う印象になりますね。

面変わり

頬袋に貯めている
頬袋に貯めている(家内撮影)
 餌が切り株の影に置いてありましたから、例のご夫婦はもう帰られた後だと思います。
 私たちもお土産を少し置きました。

 餌を頬袋にいっぱい貯めると、少し離れた場所で食べて、また戻って来ることを繰り返していました。この写真は家内の撮影で、カメラのメーカーが違うと同じリスでも色が変わります。

頬袋を膨らませている
頬袋を膨らませている

 エゾシマリスは冬眠をするために餌を巣に運んで貯めます。そのための頬袋ですが、今は一時的に入れて運び、安全なところでゆっくり食べているようです。ヒマワリの種は殻をむいてから頬袋に入れます。

正面向き
正面向き
 シマリスはすましていて、整った顔をしている印象ですが、頬袋を膨らませていると、三枚目の顔になります。
 すましている?から余計可笑しいですね。

野鳥そしてカボチャの花

ハシブトガラ
ハシブトガラ(家内撮影)
 ヒマワリの種がありますから、野鳥もやって来ます。

 一番多いのはハシブトガラです。これは家内の撮影です。餌を取りに来て2羽のハシブトガラをシマリスが追い払っているのを見ました。強いのですね。

ゴジュウカラ
ゴジュウカラ
 ゴジュウカラも来ます。
 意外に人馴れしやすい印象を持っています。その他にはヤマガラも来ています。
 冬にはシマリスは冬眠しますから、ここで餌をくれる人はいなくなるのでしょうね。

カボチャの花と
カボチャの花と

 原始林のはずなのにカボチャの花が咲いていました。リスや野鳥の餌用に持って来たカボチャの種がこぼれて育ったのだと思います。
今頃花が咲いているくらいですから、増えたりはしないと思うのですが・・・
 ちょっと不思議な雰囲気でしたので、同日 HTBの北海道花情報 に投稿しました

[作成:2005年9月3日]

戻る 動物ホームへ 次へ