看板
西興部村鹿牧場の管理棟の看板。(2003年7月30日/西興部村)

西興部村鹿牧場にて

西興部村

草を食べる  西興部(にしおこっぺ)村は名寄市のオホーツク海側の村です。2003年7月30日からの2泊旅行で、初日に宿泊しました。村の様子は、その旅行記をご覧下さい。時間があったので夕方、鹿牧場へ行きました。

 西興部村ホームページ > 村の娯楽施設 > 鹿牧場公園:簡単な説明があります。鹿肉の販売案内も!!

エゾシカの角について

 上の写真は鹿牧場でくつろいで草を食べるエゾシカです。角があるのはオスです。
 夏は老若男女を問わず全てのエゾシカは鹿の子模様になります。

こっちを見る  角は春4〜5月に落角と言って、自然に落ちます。5〜6月、袋角と呼ばれるビロード状の皮膜に覆われた柔らかい角が生え、これは8月には4本へ枝別れして、しだいに硬くなります。9月には、角を覆っていた皮膜がはがれ落ちて、枯角と呼ばれる角になります。
エゾシカの一年知床サイト より)

西興部村鹿牧場

シカの餌の自販機  エゾシカを見せる、いわゆる鹿牧場は全道あちこちにあるようで、規模の大きいのは鹿追町のものと聞いています。私は今までは、追分町の鹿公園には何回か行きましたが、その他には行ったことがありません。
 ここで初めて見たのが、写真左のエゾシカの餌の自販機です。1個50円で、缶ビールの空き缶に餌を詰めたものが出て来ます。この器械もビールの自販機を改造したもののようです。
 右の自販機は人間用です・・

市販の餌  餌は殆どがトウモロコシでした。
 自然の草より美味しいらしく、猫のような甘えた声で鳴きながら、エゾシカが集まってきます。

餌をまく  左下方に見える樋(とい)のようなものを通して餌を落とすのが本当らしいですが、雨の日で樋の先の地面が水溜りになっています。
 仕方なしにパッとまきました。

子ジカは怖がり

3頭  子ジカもいます。
 まだ時々、オッパイを求めて母親のお腹の下に顔を入れていました。

人が怖い  親は餌を貰いに来るのに、子ジカは人を怖がって、離れようとします。まだ人に慣れていないのですね。

 この牧場は養鹿研究会という団体の経営だそうですが、同研究会は年間60頭の鹿肉を出荷していると、西興部探検記と言う小冊子に書いてありました。
 可愛くて美味しくて、哀れな話ですね。

[作成:2003年8月13日]

牧場の帰りにへ 動物ホームへ 次へ