サクラ散るお濠のオシドリ
サクラ散るお濠のオシドリ(2009年4月27日/弘前城)

道外編

 「峠を越えて」は北海道の旅と野生動物のページです、と見得を切っています。でも道外旅行でも、見て頂きたいような写真が撮れたり、発表したいような体験をすることがあります。
 そんなものを折々紹介させて頂きます。北海道との違いについても触れたいです。

弘前城のオシドリの群

赤い橋 赤い橋
 2009年4月27日(月)、休みを取れていたので、JR北海道函館支社 の函館発の北東北・北海道の桜の名所を巡る旅プランの内の、 弘前桜まつりの旅「さくらエクスプレスコース」で弘前へ行って来ました。列車は ノースレインボーエクスプレス です。
 時々霧雨が降る寒い日でしたが、月曜なのに賑わっていました。

オシドリ発見

遠くの4羽のオシドリ 遠くの4羽のオシドリ
 弘前城のお堀にはコブハクチョウが住んでいて、サクラの花びらが水面いっぱいに散った「花いかだ」の中を泳ぐ写真を見たことがあります。前日家内がネット検索すると、オシドリもいるらしいとのことで、水面を覗き込んでは探しました。
 本丸の方から下の蓮池を見ると数羽のオシドリが見えます。

別の濠で1羽発見 別の濠で1羽発見
 そこから蓮池までは回り込んで行かねばなりません。降りて行くと蓮池と反対側の濠をオスのオシドリが泳いでいます。
 明治神宮のオシドリなどは警戒心が強いと教えられていましたが、ここでは大勢の花見客を気にしていないようです。

ペアでした
ペアでした

 メスも現れて、ここにいたのはペアだったのです。今まペアの姿を身近で見るのは、井の頭公園と最近2度の見晴公園での経験しかなかったので、嬉しくてたくさん撮りました。
 まだ花いかだではありませんが、トップ写真のように十分綺麗です。花よりオシドリです。

 違う写真を壁紙サイズ(←クリック)にしました。

蓮池にて

蓮池で泳ぐオス3羽(家内撮影)
蓮池で泳ぐオス3羽(家内撮影)

 蓮池ではたくさんのオシドリがいました。
 私は岸に上がって休むペアの方に直行したのですが、こちらは池を写した家内の写真です。オスが3羽泳いでいます。サクラの花を絡めるのが中々難しい。

こちらは泳ぐオス4羽(家内撮影)
こちらは泳ぐオス4羽(家内撮影)

 これも家内の撮影です。
 メスが抱卵しだすと、オスはペアを解消して逃げ出し、オス同士で山の中の池などで寛ぐそうです。そんなことを「オシドリのエクリプス」で書きました。このオスたちも寛いでいるのかも知れません。

岸辺で休みペア
岸辺で休みペア

 岸辺で休みペアです。
 無理にサクラを入れたので、オシドリが小さくなってしまいました。この辺には適当なサクラがありません。

眠るオス 眠るオス
 ペアのオシドリは岸で昼寝をしています。時々目を開けるのはマガモと同じです。
 両方が目を開けた瞬間を狙ったのですが、これはオスが目を閉じています。

他のオス2羽が近付いて来ました 他のオス2羽が近付いて来ました
 そこへオスだけとかペアでとかでオシドリが集まって来ました。
 この写真ではペアの近くにオス2羽がいます。

続きがあります。
[作成:2009年4月29日]

動物ホームへ 次へ