疲れた?アオバズクのヒナ(2005年7月29日/大阪府箕面市)
疲れた?アオバズクのヒナ(2005年7月29日/大阪府箕面市)
頭を上げていると疲れるのか、よくこのポーズをします。

道外編・投稿・sikaの気まぐれ鳥見1

このページについて

 sikaさんは昔から「峠を越えて」を見て下さっている、兵庫県在住のバーダー(野鳥愛好家)さんです。2003年に画像掲示板が出来た時に、開設日に第1号の投稿を頂きました。旅行もお好きで、沖縄から利尻、礼文島まで訪ねておられます。
 今までに野鳥編でもクマゲラのページに2枚の写真の提供を受けました。今回、sikaさん撮影の写真のページを作ることをお願いし、快諾頂きました。

なお、sikaさんは2009年に 野鳥雑記帳 と言うブログを開設されました。

Part 1: アオバズク レンカク ギンムクドリ アカツクシガモ ノハラツグミ
Part 2: アカショウビン コウノトリ コノハズク アカガシラサギ ヤツガシラ サンカノゴイ
Part 3: サンコウチョウ ヤマドリ タマシギ アリスイ オジロビタキ

 このページの写真は800×600ピクセルのデータから、こちらでトリミングやリサイズを行いました。またファイル容量もJPEG圧縮もかけました。
 以下の文章は、sikaさんの文章です。撮影日順に並べました。

アオバズク

飛ぶ練習中のアオバズクのヒナ
飛ぶ練習中のアオバズクのヒナ

 撮影地:大阪府箕面市(2005年7月29日)、夏鳥です。
 飛ぶ練習をしています。カメラマンに一番のポーズです。
 このポーズを撮る為に何時間も待ち続けます。

アオバズクのファミリー
アオバズクのファミリー

 アオバズクのファミリーです。ゴールデンウイークが終わった頃にやって来ます。名前の如く青葉梟です。
 私は何箇所か営巣地を回りますが、この静かな神社がお気に入りです。この様な瞬間を撮れるのは、サラリーマンでは難しいです。
 セミが泣き出す頃、雛は孵り、餌には不自由しません。

[管理人注]アオバズクは北海道でも少数見られますが、近年減少しているそうです。

レンカク

レンカク(2006年7月1日/奈良県奈良市)
レンカク(2006年7月1日/奈良県奈良市)

 撮影地:奈良県奈良市(2006年7月1日)
 チドリ目/レンカク科 迷鳥 夏羽。
 嘴は細く、足指は気持ち悪い位に非常に長いです。よくこれで歩けると感心します。
 後頸は金色で尾は長く黒いです。

飛ぶレンカク 飛ぶレンカク
 飛ぶ姿を何とか撮れましたが、シャッターを押すタイミングが遅れました。
 夏羽は頭部から顔は白いです。胸から尻尾までは黒いですね。
 近くにハスが有り、花が咲いているのですが、そちらには行ってくれませんでした。
 夏羽と冬羽とどうしてこんなに違うのか不思議です。

ギンムクドリ

ギンムクドリ(2007年4月15日/大阪府堺市)
ギンムクドリ(2007年4月15日/大阪府堺市)

 撮影地:大阪府堺市(2007年4月15日)
 スズメ目/ムクドリ科。日本では稀な旅鳥、冬鳥です。
 特徴は全体に黄褐色で頭部から体下面は灰白色で、体は青灰色です。

後から見たギンムクドリ 後から見たギンムクドリ
 後ろから見た所です。
 草地の中の虫等を食べていました。余り人を恐れない為、案外近くまで近寄れました。
 うるさがれるムクドリですが、この鳥は皆さん格別の待遇でした。

アカツクシガモ

アカツクシガモ(2009年2月15日/島根県松江市)
アカツクシガモ(2009年2月15日/島根県松江市)

 撮影地:島根県松江市(2009年2月15日)
 カモ目/カモ科、冬鳥。
 アカツクシガモが琵琶湖に来ているらしいのですが、中々出かけられません。そんな時、出雲地方に出かけるチャンスが巡って来ました。
 飛んでいるマガンの中に、色の違う鳥が居た為、着地点を確認後行ってみました。中々見つけられませんでしたが、稲の株間にへたり込んでいる為、隠れて見えませんでした。

立つアカツクシガモ
立つアカツクシガモ

 やっと立ってくれました。意外と大きな足をしています。
 特徴:尾羽は黒いです。他の写真に首輪が少し写っていましたのでオスだと思います。
 冬はエジプト、ペルシャ湾、インドなどで過しますが、少数が日本へ飛来します。

ノハラツグミ

ノハラツグミ(2009年2月21日/京都府宇治市)
ノハラツグミ(2009年2月21日/京都府宇治市)

 撮影地:京都府宇治市(2009年2月21日)
 ノハラツグミです。スズメ目/ツグミ科。
 ツグミはよく見られますが、このツグミは日本ではまれにしか見れないでしょう。

ノハラツグミの後姿
ノハラツグミの後姿

 後姿です。
 特徴は、頭から背に掛けてと、腰は灰色、背中央と肩羽、雨覆は褐色で、体下面は白くて斑点が有るので、普通のツグミと区別がつきます。


 sikaさん、Part 2 以下の続きのページもお願い致します。(管理人)

[作成:2009年2月27日、Part 2作成に伴いメニュー作成:3月23日、
Part 3作成に伴いメニュー変更:9月1日、ブログ開設に伴いリンク:12月4日]

動物ホームへ Part 2へ