リボンではありません
ピンクのものはリボンではありません(2006年1月3日)
この 壁紙サイズの画像(←クリック)が画像掲示板に投稿してありました。

なまらめんこい

2006年1月3日

 年末年始の休みも4日まで、その夕方には札幌へ戻ります。1月3日は小雪が舞っていましたので、迷って、ちょっと遅めに函館の見晴公園に行きました。常連のSさんも2匹見ただけと言ってました。モミの木の下にたくさんクルミが置いてあり、Sさんに聞いたら、いつも早く来られる女性が置いて行かれたとか。手付かずでした。

カリフォルニアクルをくわえる
カリフォルニアクルミをくわえる
 帰ろうとしたら谷間から一匹上がって来ました。
 オニグルミをあげたら持って行って埋めて来ました。これはカリフォルニアクルミをくわえているところで、この後、やはり埋めに行きました。

見上げる
見上げる
 谷間の崖の上の方の斜面で、次に貰うのを待って、私の方を見上げています。
 なまら(とても)めんこい(可愛い)リスです。
 こうしているとおとなしそうに見えますが、クルミを持つと素早く埋めに行きます。

周りを見回しています
周りを見回しています
 きょろきょろと周りを見回しています。
 カラスは怖いし、他のリスやミヤマカケスに邪魔をされるのも嫌です。

オニグルミをくわえる
オニグルミをくわえる
 杭の上にクルミを置いて、エゾリスに取らせます。
 オニグルミもカリフォルニアクルミも区別無く持って行って、埋めてしまいます。
 お腹は空いていないようです。

やんちゃです

板の上を走って来る
板の上を走って来る
 手すりの板の上を、雪を飛ばしながら走って、餌を取りに来ます。
 面白がって、笑っているようにも見えませんか?
 私が遊ばれているのかも知れません。

考えごと?
考えごと?

 雪の斜面でまるで考えごとをしているようです。
 じっとしていると物静かに見えますが、動きはとても素早くて、やんちゃです。

雪の中のリス
雪の中のリス
 胸に手を当てて、とてもめんこいですね。
 雪に埋まったエゾリスは函館ではめったに見れません。

近付いて来ます
近付いて来ます
 近づいて来ました。
 動かれて焦って、上が少し欠けてしまいました。

ミヤマカケスです
ミヤマカケスです

 杭にクルミを置いて、リスに持って行かせていたのですが、ミヤマカケスが見つけてやって来ました。
 割ってあるカリフォルニアクルミを取られてしまいました。リスとカケスの接近写真は撮れませんでした。
 写真を見ると判ると思いますが、雪も降っていて、クルミもみんななくなって、帰途につきました。

ご注意:野生動物への給餌に関しては、してはいけないと言う意見の持ち主がたくさんおられます。私は「ただ仲良くしたいだけ」と言い逃れをしていますが、モラル面で問題があることは確かです。相手は選んでいるつもりですが・・・
 手渡し給餌では、動物と人の間で病気が感染する危険があります。
 アメリカでは野生動物に狂犬病などがあることから、触れることが禁止されているそうです。


[作成:2006年11月1日]

もどる エゾリスホームへ 次へ