体に登って来ます(2007年10月24日)
体に登って来ます(2007年10月24日)

登る君U

2007年10月24日(水)

 お昼に函館の仕事が終わりました。バスで札幌へ帰るスタッフと別れ、迎えに来てくれた家内と食事をして、見晴公園に行きました。
 昼過ぎですが、晴れていて、最高気温18℃の予報の暖かさです。

ご挨拶に来ました ご挨拶に来ました
 お山の近くで1匹のエゾリスに会いました。近寄って来て、こちらをうかがっています。
 ご挨拶に来たと言う感じです。

あげたクルミを運んでいます
あげたクルミを運んでいます

 クルミをあげると手から取ります。
 そして食べないで、運んで行きます。埋めるためなのです。

家内の手から餌を貰っています
家内の手から餌を貰っています

 家内からクルミを貰っています。割ったクルミも剥きグルミも、貰うとぴょんぴょん走って行って、すぐ埋めてしまいます。
 ヒマワリの種を手の平に乗せて見せても、匂いを嗅ぐだけで、顔を背けてしまいます。とんでもない贅沢者です。

体に登って来る!

体に登って来ました
体に登って来ました

 たくさん上げましたが、皆埋めてしまうので、渡すのを止めました。
 顔を見上げてうろうろしていましたが、その内、家内の体によじ登って来ました。
 餌をくれと人の体に登って来るリスの話「登る君」は、エゾリスのページの2005年度にあります。勿論違うリスで、こちらの方が可愛い顔です。

地面に埋めているところ 地面に埋めているところ
 倹約精神が発達しているのか、せっせと地面に埋めています。
 まだ夏毛なので、むきむきの筋肉が判りますね。

少し投げやり? 少し投げやり?
 こんな風に見ると、少し投げやりな感じもします。
 背景は少し季節感が出ました。

立ってこちらの様子をうかがっています 立ってこちらの様子をうかがっています
 体に登って来るのは行き過ぎと思って、餌を上げませんでした。
 それで近寄って来たり、離れたりして、私たちの様子をうかがっていました。

木から逆さに降りる 木から逆さに降りる
 諦めて木に登って、こんな風に逆さに降りて来ました。
 こちらの興味を引こうとしているのでしょうか。

こんな顔のエゾリスです こんな顔のエゾリスです
 顔を寄せて来ました。
 こんな顔のエゾリスです。

 体に登って来るかも知れないので、要注意ですよ。

ご注意:野生動物への給餌に関しては、してはいけないと言う意見の持ち主がたくさんおられます。私は「ただ仲良くしたいだけ」と言い逃れをしていますが、モラル面で問題があることは確かです。相手は選んでいるつもりですが・・・
 手渡し給餌では、動物と人の間で病気が感染する危険があります。
 アメリカでは野生動物に狂犬病などがあることから、触れることが禁止されているそうです。


[作成:2008年3月31日]

もどる エゾリスホームへ 次へ