姿勢が良い母さんエゾリス(2008年4月12日)
姿勢が良い母さんエゾリス(2008年4月12日)

半分手乗り

2008年 4月12日(土)

 本曇りだし昨夜の雨で地面が濡れていたので、出かけるのを控えていましたが、だんだん明るくなって来たので見晴公園に行きました。
 風が強くて寒いです。エゾリスは3匹見ました。3匹とも餌を取って行きましたが、トップ写真の母さんリス(小さい母さん)が私たちに密着状態でした。

大きい母さんリス

樹上のエゾリスに手渡し(家内撮影) 樹上のエゾリスに手渡し(家内撮影)
 貫禄のある大きい母さんリスです。
 写真は家内の撮影で、私は割ったカリフォルニアグルミを渡しています。
 このリスはとても人馴れしています。

「美味しいよー」 「美味しいよー」
 枝の上でカリフォルニアグルミを食べています。
 時々クルミを持った手を下ろしてこんな顔でこちらを見ます。
 まるで「美味しいよー」と言っているようには見えませんか。

小柄なエゾリス

石の上にクルミが置いてありました 石の上にクルミが置いてありました
 杉林の手前の大きい石の上に、オニグルミがいくつか置いてありました。
 割ったカリフォルニアクルミは私たちが置いたものです。
 この石は「モデルさん」の舞台ですね。

クルミに近寄って来る小柄なリス(家内撮影) クルミに近寄って来る小柄なリス(家内撮影)
 家内の撮影の小柄なリスで、幼い感じがします。
 神経質そうに見えます。余り人馴れしていません。
 石の上のクルミを取りに来ました。

クルミを食べている クルミを食べている
 クルミを食べています。強風で耳の総毛(ふさげ)がなびいています。
 オニグルミを割って食べるのは時間がかかるので、お腹が空いていないと地面に埋めてしまうことが多いです。

小さい母さん

石の上をとことこ歩いています 石の上をとことこ歩いています
 石の上をとことこ歩いていくるのはトップ写真の、体が小さい母さんリスです。
 とても人馴れしていて、私たちを見ると近寄って来ます。
 耳毛の形から風の強いのがお判りと思います。


私の手に乗っています(家内撮影) 私の手に乗っています(家内撮影)
 殻つきクルミは半分は埋めてしまい、じきに無くなりました。
 ヒマワリの種を手に乗せて差し出すと、手をかけて来て、口だけで器用に殻を割って食べます。手は私の手で家内の撮影です。エゾリスとても軽いですよ。
 最後は地面に種を置きました。たくさん食べると水を飲みに行きます。

手の上に体を乗り出しています 手の上に体を乗り出しています
 家内は手を地面から浮かせて餌をあげます。あわよくば登って来ないかと考えているのでしょう。
 半分手乗りと言う感じですね。やり過ぎと言う批判も受けそう・・・

飛ばされそう〜 飛ばされそう〜
 蛍池のそばの木に登って行きました。風が強くて、飛ばされそう、は大げさですが、耳の総毛も尻尾もなびいています。
 寒いので4月1日にオープンした 緑のセンター に入りました。休憩室には暖房が入っていて、明るくて快適です。管理者の方とは前の週挨拶しました。是非ご利用下さい。

ご注意:野生動物への給餌に関しては、してはいけないと言う意見の持ち主がたくさんおられます。私は「ただ仲良くしたいだけ」と言い逃れをしていますが、モラル面で問題があることは確かです。相手は選んでいるつもりですが・・・
 手渡し給餌では、動物と人の間で病気が感染する危険があります。
 アメリカでは野生動物に狂犬病などがあることから、触れることが禁止されているそうです。


[作成:2008年5月31日]

もどる エゾリスホームへ もどる