歯じゃないよ(2008年12月11日)
歯じゃないよ(2008年12月11日)

歯じゃないよ

2008年12月11日(木)

 朝から本曇りで、暗いので迷っていたのですが、降っては来ないので11時近くに見晴公園に行ってみました。
 ちょっと待ったら2匹出て来てくれました。どちらも手から餌を取りました。

歯じゃないよ、正面から見ました 歯じゃないよ、正面から見ました
 あげた大きい剥きグルミを、食べずに口に咥えています。
 大きい前歯のように見えますが、歯ではありません。
 横向きの 壁紙サイズの画像(←クリック)を画像掲示板に置きました。

歯じゃないよ、横から見ました 歯じゃないよ、横から見ました
 これは横から見たところです。
 食べないのはお腹が空いてはいないからです。

体をねじってこちらを見ました
体をねじってこちらを見ました

 立っているのはヒバ(ヒノキの仲間)の根の上だと思います。
 胸に手を当てて立っていたのですが、体を捻ってこちらを見ました。ご覧のように後の林の方は真っ暗です。カメラの感度は久しぶりに ISO 1600 にしました。大きくすると画質の低下が判ります。
 あどけない顔をしていますね。

植木の中で

植木の中で
植木の中で

 人が傍にいるとカラスは来ませんが、離れると時々エゾリスの方に飛んで来ます。リスの方がスピードがあるので、容易に避けていますが。この兄弟も子リスの時に1匹がカラスの犠牲になったそうです。これだけ大きくなると、カラスもエゾリスの埋めた餌の方を狙っています。
 安全な植木の中で食べています。

植木の中で 植木の中で
 植木の中ですましているようで、とても可愛いです。
 この写真は別館の壁紙プレゼントに入っています。

怖がっているのですね 怖がっているのですね
 こんな風に葉の落ちた植木の中に入ってしまうと、カラスも近寄れません。「庭園のエゾリス」と言う感じです。
 真剣な顔をしています。怖がっているのですね。

遠くから見ると
遠くから見ると

 半分固まっているのかも知れません。
 動かないので、色々な角度から写真を撮りました。

手から貰う

手から貰うエゾリス 手から貰うエゾリス
 こちらは耳毛がストレートヘアのリスです。
 お腹を空かしていた様で、家内が手渡す剥きグルミを、次から次へと食べていました。

貰ってその場で食べます
貰ってその場で食べます

 貰ってその場で食べます。
 余裕があると少し離れて食べることが多く、周りが気になると木に登って食べます。

足下で食べている 足下で食べている
 まだ熱心に食べています。
 満腹すると咥えて行って、地面に埋めてしまいます。餌はたくさん埋めてあるようで、地面を探しては掘り出して、食べたり、埋め直しています。
 函館は積雪も少ないし、気温も内陸ほどは下がらないですが、エゾリスにはやはり冬は厳しい季節です。

ご注意:野生動物への給餌に関しては、してはいけないと言う意見の持ち主がたくさんおられます。私は「ただ仲良くしたいだけ」と言い逃れをしていますが、モラル面で問題があることは確かです。相手は選んでいるつもりですが・・・
 手渡し給餌では、動物と人の間で病気が感染する危険があります。
 アメリカでは野生動物に狂犬病などがあることから、触れることが禁止されているそうです。


[作成:2009年3月27日]

もどる エゾリスホームへ 次へ