何に驚いたか固まった(2008年6月15日)
何に驚いたか固まった(2008年6月15日)

夏毛だよ

2008年 6月15日(日)

 前作「ツーショット」と同じ日の撮影です。こちらは1匹ずつの写真をまとめました。
 絵日記によると、忙しさと天候に恵まれないせいで、5月5日以来の見晴公園のリス見です。
 この日は天気も良く朝から行って、6匹以上のエゾリスを見ました。耳の総毛が少し残っているエゾリスもいますが、もうすっかり夏毛です。

キノコではないです キノコではないです
 お山の近くにいたお馴染みのさんのオスのエゾリスです。
 食べているのものは大きくて、一見キノコのように見えますが、殻つきカリフォルニアクルミの中身です。
 ご馳走ですよ。

はにかみ君 はにかみ君
 すっかり成長したはにかみ君だと思います。
 相変わらず手からは餌を取りません。
 前作ツーショットにも、はにかみ君が登場します。

堂々の母さんエゾリス

木のこぶの上で餌を食べる 木のこぶの上で餌を食べる
 貫禄の母リスです。連休中に子リスを運んでいる写真を、相互リンクのだうだうさんが画像掲示板に投稿して下さいましたが、今日は子リスは確認出来ませんでした。
 大きい剥きグルミをあげたら、木のこぶの上でゆっくり食べています。

お礼を言っているようです
お礼を言っているようです

 食べ終わって、こちらを見たところです。
 手を付いて、美味かったよ、有難う、と言っている訳ではありません。

ほえる母さん ほえる母さん
 こちらは別の母リスだと思います。
 餌を置いてあげた切り株の上で、ほえています。

夏毛も可愛い

草の中で立つ 草の中で立つ
 私は時々、夏毛のエゾリスは大きいネズミみたい、と言います。
 でも本当は、つやつやして、若々しく見えて、とても可愛いですよ。
 このリスは耳に総毛がぽやぽや残っています。

切り株の上で立つ 切り株の上で立つ
 切り株の上に剥きグルミとヒマワリの種を置きました。意外にヒマワリの種が好評なことが判りました。油っぽくないのが良いのかも知れません。
 毛が黒っぽいエゾリスは愛嬌のある顔をしています。手を垂らしています。

手を付いています 手を付いています
 下に降りるつもりか手を付いてよつばいになりました。立っているのと印象が違いますね。

 緑のセンターの裏にもエゾリスが2匹いて、餌をくれと寄って来ました。よく来るそうです。  最後には同時に5匹ものエゾリスが現れて、あちこち走り回ったり、寄って来たり、忙しい思いをしました

柵の前のエゾリス(家内撮影)
柵の前のエゾリス(家内撮影)

 こちらは家内の撮影で、やはりめんこいエゾリスです。
 柵の前の草むらに立っています。耳に傷がありますね。

 夏毛のエゾリス、まだまだ登場させる予定です。

ご注意:野生動物への給餌に関しては、してはいけないと言う意見の持ち主がたくさんおられます。私は「ただ仲良くしたいだけ」と言い逃れをしていますが、モラル面で問題があることは確かです。相手は選んでいるつもりですが・・・
 手渡し給餌では、動物と人の間で病気が感染する危険があります。
 アメリカでは野生動物に狂犬病などがあることから、触れることが禁止されているそうです。


[作成:2008年9月15日]

もどる エゾリスホームへ もどる