樹上編

前のページの続きです

木に登ってしまった子リスと母さん 木に登ってしまった子リスと母さん

 お母さんりすは、本当は子リスを巣に戻したかったのだと思います。
 そうすればカメラマンさんたちの注目や、カラスの脅威から開放されます。
 でも、怖いもの知らずの子リスは松の木に登ってしまいました。母リスは目が離せません。

母さんリスの尻尾の下 母さんリスの尻尾の下

 横に張り出した枝の上では、周りから丸見えです。
 子リスはお母さんリスの体の下に入りました。

尻尾の下から顔を出す 尻尾の下から顔を出す

 尻尾の下から顔を出しました。
 この写真は別館の写真絵日記で使ったものですが、絵日記には「子リスの冒険」以外の話も載っていますので、是非ご覧下さい。別館トップページに見出しがあります。

授乳しているのでしょうか 授乳しているのでしょうか

 子リスはお母さんのお腹に顔を埋めています。
 授乳を受けているのでしょうか。母さんエゾリスは時々カラスを追い払っていましたから、余裕ですね。

幹を降る子リス 幹を降る子リス

 お母さんリスを残して、子リスは幹を降っています。
 松の木なら大丈夫ですが、板塀では時々落下して、鼻血を出すこともあります。

移動する子リス 移動する子リス

 お母さんリスの前を子リスが横に移動しています。
 おっかなびっくりな感じがします。

警戒する親子リス 警戒する親子リス

 枝の上で、同じ方向を警戒しているような親子リスです。
 お母さんは近くの木やって来るカラスに勇敢にかかって行き、カラスは逃げます。
 子供が甘えて寄って来ても、気は抜いていないようで、周りを見回しています。

甘える子リス 甘える子リス

 お母さんに子リスは甘えています。
 見晴公園は庭園なので、うっそうと木が茂っているわけではなくて、遠くからでも見えてしまいます。

お母さんを追いかけて幹を降る お母さんを追いかけて幹を降る

 今度はお母さんを追いかけて、幹を降りて来ます。
 こうして、生まれて間もなくから木登りを覚えるのでしょう。

お母さんはカラスを警戒 お母さんはカラスを警戒

 お母さんはカラスを警戒しているようで、子リスは幹にへばりついています。

 余り変化が無いので、別の巣の方に行った家内に電話すると、そちらでは5匹全部の子リスが巣穴から出ているとのことです。
 母子リスはいっぱい撮ったので、そちらに向かいました。

[作成:2009年6月23日]

もどる エゾリスホームへ 次へ