近寄るカラス(2009年5月17日)
近寄るカラス(2009年5月17日)

カラスを無視

2009年 5月17日(日)

 2日続きの見晴公園で、この日はエゾリスがよく相手をしてくれました。モミの木の周りのエゾリスたちも、何匹かが手から餌を取って行きます。
 よく餌が置いてある木の上にはは殻しかありませんでした。ここの剥きグルミはカラスも野鳥も取りに来ます。

主人公です 主人公です
 剥きグルミと殻つきクルミを家内が置くと、シジュウカラが先ず来たそうです。
 別のエゾリスと遊んでいたら、母さんリスの1匹が上に乗って食べだしました。
 左の黒目が白く濁っていて、多分怪我の跡だと思います。視力は無いかも知れません。

にらみ合い
にらみ合い

 カラスは剥きグルミやヒマワリの種は食べに来ます。
 案の定、カラスが来ましたが、にらみ合っています。

無視している
無視している

 カラスは無視されています。
 カラスはこの後もウロウロしていましたが、エゾリスは場所をゆずりません。

木の上から覗き込むカラス
木の上から覗き込むカラス

 無視されたカラスは枝の上に止まりました。
 上から覗き込んでいますが、エゾリスは全く無視している感じです。

緊張しますよね 緊張しますよね
 大人のエゾリスは、力も強いし、歯も爪も鋭敏で、何よりスピードがあります。
 まともに戦えばカラスより強いです。でも子供のときはカラスの絶好の餌食になります。
 やはり緊張していますね。

にらみ合う(家内撮影)
にらみ合う(家内撮影)

 こちらは家内の撮影です。
 睨みつけるようなカラス、それでも無視していますね。

にらみ合う両者 にらみ合う両者
 カラスが身近に寄って来ました。
 この時はエゾリスも身構えているようです。
 さあ、来るか!・・気合が伝わりそうな感じです。

間近で様子をうかがうカラス
間近で様子をうかがうカラス

 カラスが近寄って来ましたが、体を横に向けて、見ていません。
 食べるのが忙しいのか、カラスは平気なのか・・・。完全に無視ですね。

食べ続ける 食べ続ける
 写真は撮影順に並べています。
 まだカラスは立ち去りませんが、2枚目の写真と同じく食べることに専念しているようです。
 このリスは子育てを終えた母さんリスの1匹と思われます。

ご注意:野生動物への給餌に関しては、してはいけないと言う意見の持ち主がたくさんおられます。私は「ただ仲良くしたいだけ」と言い逃れをしていますが、モラル面で問題があることは確かです。相手は選んでいるつもりですが・・・
 手渡し給餌では、動物と人の間で病気が感染する危険があります。
 アメリカでは野生動物に狂犬病などがあることから、触れることが禁止されているそうです。


[作成:2009年5月29日]

もどる エゾリスホームへ 次へ