歴史の杜のエゾリス2

前のページの続きです

蔵(くら) 蔵(くら)

 エゾリスがいなくなってしまいました。その場所にこの建物がありました。蔵(くら)です。
 時間がありましたら、どうぞエゾリスを探してみてください。見つけても驚かせないことが大事ですよ。

サーカスのよう

ぶら下がって木の芽を食べる ぶら下がって木の芽を食べる

 たくさん撮ったので満足して帰える途中で、枝の揺れる音がします。
 そちらへ行くとカエデでしょうか、エゾリスが枝に登って芽を食べています。同様の光景は見晴公園でも早春によく見ました。そのページもあります。
 身体は柔らかく足は器用で丈夫です。

枝をつかまえている 枝をつかまえている

 足で太い枝にぶら下がって、手で細い枝をつかまえています。
 まるでサーカスのようです。

逆さです 逆さです

 完全に逆さにぶら下がって木の芽を食べています。指と爪も強い?
 この写真はネタ切れの4月23日の絵日記で使った物です。

結構高い所です 結構高い所です

 写真を撮る私を気にしているのか、少し離れた場所に移動します。
 近付いて撮りましたが、結構高い所にいます。
 リスも木から落ちることがありますよ。

枝の上のエゾリス 枝の上のエゾリス

 木の芽を食べ終えて、枝に上がって寛いでいます。足で身体を掻いています。足の指が長いのがよく判ると思います。
 枝越しなので、オートフォーカスではリスにピントを合わせるのが難しいです。
 この後、木の上を移動していなくなりました。

3匹目も見ました

3匹目です 3匹目です

 木の芽を食べていたエゾリスがいなくなりましたが、昼休みはまだちょっと残っています。
 もう一度最初にエゾリスを見つけた場所に戻ってみると、何と新しいオニグルミをかじっているリスがいました。

こちらを見る こちらを見る

 クルミを口から離して、こちらを見ました。
 春なので脱毛していますが、その様子が他のリスと違います。このリスが一番脱毛が進んでいます。
 今日3匹目のエゾリスです。

クルミをかじっています クルミをかじっています

 こちらは最初のリスと違って、私が気になるようでした。
 おっぱいも目立つので、母リスと思います。

下から撮りました 下から撮りました

 エゾリスは向きを変えました。人が見えると不安なのか知れません。
 まだクルミは割れていません。

トリミングしたアップ像 トリミングしたアップ像

 1枚前の写真の次のコマを、トリミングしてリスの部分をアップにした像です。
 クルミのかけらが口許や手などに付いています。

 邪魔をしては悪いので、ここで立ち去りました。

[作成:2011年5月1日]

もどる エゾリスホームへ