お母さんは食べ続けています
お母さんは食べ続けています。(2003年4月29日)

春・うらら

 2003年4月末にも、たくさんのエゾリスの写真を撮りましたが、整理が追いつかず、11ヶ月半遅れて2作を発表することにしました。
 前作「春・ジャンプ」と、この「春・うらら」です。

まだ食べるお母さん

餌を探しに歩いています
餌を探しに歩いています。
 2003年4月29日、函館の近所の公園は花々が咲き出し、春うららの感じです。
 お母さんリスは、産後の身で、授乳もしているので、トップの写真のように食べ続けています。
 食べ終わると木を降りて、餌を探しに、すたすた地面を歩いて行きます。

こっちを向いてます
こっちを向いてます。
 開ききった松ボックリには実はありません。立ち上がって、周囲を見ています。
 栄養価の高い(そして美味しい)クルミの埋め場所を考えているのだと思います。
 大きい乳首でお母さんとわかります。

後姿はスマート
後姿はスマート
 向こうを向きました。
 出産後なので、体つきもスマートです。

この辺かな?
この辺かな?
 適当に探しているようにも見えます。
 他のリスの埋めた物も、見つければラッキーで、勿論食べてしまうようです。

嬉しそうに食べています
嬉しそうに食べています
 クルミを見つけて、木に登って、又食べています。実はこの写真が、この日の82枚目で、発表するのを選ぶのに苦労しました。
 食べている写真が多いですが、これはさんざん発表しているので、ここでは2枚にしました。

人馴れ

吃驚したー
吃驚したー。(2003年4月29日)

 2003年4月29日の、別館の写真絵日記に「人馴れ」と言う題で発表した写真で、こちらはトリミングしていません。
 上のお母さんリスとは違うリスで、管理事務所の物置から出て来たそうです。リスが初めてという子供さんが近寄るので、吃驚しているように見えます。
 赤い金属の枠は、冬にビニールシートにくるんだ物品の保存に使われていました。

バケツもあります
バケツもあります。
 枠の中に入って来ました。
 私と目が合いましたが、気にしていないようです。
 バケツもあります。人のすぐそばで暮らしている感じが強くします。

ここだ、ここだ。
ここだ、ここだ。
 クルミが埋められていたようです。
 枠の中の地面を掘っています。

見っけ
見っけ
 無事にクルミを見つけました。埋めてからずいぶん月日が経っているのに、見事なものと感心しました。
 適当に掘っていては、こうは行きません。馬鹿にしてご免なさい。

[作成:2004年4月17日]

もどる エゾリスホームへ 次へ