ドングリを食べる
ドングリを食べるの子リス(2003年6月7日)

初夏・その後の子リス(2-1)

 前作「その後の子リス(1)」は2003年5月17日と6月1日撮影分でした。
 この年は、函館の近所の公園の子リスをよく見ました。
 今回は、2003年6月7日の撮影で、この後アップ予定の(2-2)と同じリスかも知れませんが、撮った時間が午前午後と離れていて、雰囲気も少し違うので別ページにしました。

公園の入り口で発見

発見  2003年6月7日朝、公園の入り口で子リスを発見しました。
 「何食べているの?」や「人のそばで」の舞台となった場所です。草の中を元気に動いていました。
 やんちゃ坊主のような感じですが、性別不明です。

食べる  この辺りはドングリがたくさん落ちています。
 どうもそれを食べているようです。
 その年生まれの子リスの耳毛は夏になっても抜けないのです。

後ろ向き  後から撮りました。
 目はこちらを気にしているようです。

斜め後  ころころしています。
 やはり近くで撮影する私を意識、警戒している雰囲気ですね。

樹上へ

木に登る  お腹が満ちたのか、私が煩わしいのか、近くの木に登り出しました。
 ずいぶん逞しくなりました。

お得意のポーズ  お得意のポーズですね。でも、このポーズは警戒しているときのものと思います。

 「その後の子リス」は今のところ(2-2)と(3)も撮影済みです。ご期待ください。

[作成:2003年7月20日]

もどる エゾリスホームへ 次へ