怒ってるみたい・タイトル
木のこぶの上で向きを換える(2003年8月31日)

夏・怒ってるみたい

 前作は2003年6月撮影の「('03)初夏・その後の子リス(2-1,2,3)」です。この2003年は冬(2月)からたくさんのリスに会えて、多くのページを発表しました。
 春物の写真は2003年9月始めの時点で、まだ数ページ分が未発表になっています。

 6月にたくさんの子リスにも遇って、「リスはもうしばらくはいい」などと、うそぶいていら、7月8月と、たまに公園に行っても、リスが撮りづらくなってしまいました。
 葉が茂って、暗くなった以外に、リスが素早く動き回って、怒っているような鳴き声を出し、すぐに樹上高く上がってしまい、なかなか降りてこないのです。
 たいてい複数でいて、追いかけをしているので、縄張り争いか2回目の繁殖に関係あるのだと思います。

久しぶりにたくさん撮影

一匹目  2003年8月31日、管理事務所の少し先で、先ず一匹見つけました。かなり高い木の枝の上で、何かを食べています。
 シマリスみたいに頬が膨れているのが面白です。

 いつもは、先に見つけた方が携帯電話で連絡するのですが、この日は私は床屋さんに行ってそのまま出たので、携帯電話忘れていました、連絡せずに一人で撮っていたので、家内は恨んでいたかも・・・

2匹目も発見

2匹目発見  一匹目を撮っていたら、背後の木の上で音がするので振り返ったら、別のリスがクルミをくわえて移動の最中でした。動きが速いので、ぶれてしまいます。

 樹の上のリスは、動きよりも、音で見つけるほうが多いのです。

 また、両方のリスともに耳毛が短いので、今年産まれではない大人のリスです。

こちらを向く  樹の枝を切った跡のこぶのようなところにたどり着きました。最初はトップ写真のように左向きでしたが、徐々に右向きに向きを換えていきます。丁度こちら向きになりました。
 GIFアニメが作れそうなほど連続した写真が撮れました。

接近!  時々木から降りてくるので、下で待ち伏せをすると、大接近になって大きく撮れます。
 はみ出ない全身が入った写真の方が、いいのかも知れませんが、こんな感じの写真も好きです。

おまけ

家内の撮影です  「別館について」で書きましたが、最近家内はオリンパスの小型の10倍ズームのデジカメを使い出しました。軽くて良いのですが、手ぶれ防止装置がありません。
 遅れてやってきた家内が、少し離れたところから撮ったものです。画素数が多いのは良いですね。 同じオリンパス製品でもCCDが違うので、発色も違います。

次の日の作品  翌2003年9月1日は晴れていたので、朝から香雪園に行きました。2人で3匹(4匹かも知れない、と家内はいいます)見つけました。
 地面から掘ってきたクルミを食べているようです。
 ちなみに、地物の新物のオニグルミは、まだ実が小さいです。

 この日も家内はいい写真を何枚か撮りましたが、使わせて貰うのはしゃくのような気もして、遠慮しました。

[作成:2003年9月3日]

もどる エゾリスホームへ 次へ