耳毛が長い
木につかまって、こっちを見る(2003年10月20日)

秋・その後の子リス(3)

 2003年は冬(2月)からたくさんのリスに会えて、多くのページを発表しました。

イタヤカエデの紅葉  香雪園(見晴公園)は、地元では紅葉の名所として知られ、最近観光地化して観光客が増えた以上に、この季節は紅葉狩の人で賑わいます。
 エゾリスも落ち着きません。
 管理事務所の近くのイタヤカエデも赤くなりました。

久しぶりの子リスの撮影

何かを探す  2003年10月20日午前10時半過ぎ、公園の入り口の近くで、エゾリスに会いました。
 私に気付いて、すぐにトップ写真のように木に登りました。
 耳毛がすごく長い。これは今年産まれた「その後の子リス」と思います。
 私が静かにしていたら降りて来て、地面で何かを探しています。栗がたくさん落ちていますが、イガが付いているせいか、見向きもしません。

手に持っているのは  手に持っているのは、写真で確認するとクルミのようです。
 この近くにはオニグルミの木があります。

やっぱりクルミ  クルミの実ですね。
 まだ夏毛の方が優勢で、筋肉がむきむきなので精悍に見えます。よくぞ立派に育った、という感じを持ちました。

大人?のリスは

大人のリス  2日前の10月18日に撮った別のエゾリスです。
 耳毛も伸びかけという感じで、冬毛っぽくなっています。精悍というより可愛い印象ですね。
 その年に産まれた子リスは、夏も耳毛が長いままとは、前に書きました。

アカゲラ  神経質になっているようで、この後、樹の上に登ってしまいました。
 紅葉シーズンが終わるまでは、ゆっくりリスを撮れない感じです。
 すぐ近くの木にはアカゲラがとまっていました。これからは鳥見の季節です。

[作成:2003年10月20日]

もどる エゾリスホームへ 次へ