雪の中
雪の中(2004年12月30日)

雪の中

 2004年12月30日、天気予報に反して晴れていたので、10時前に公園に行きました。外気温は−6℃です。
 クルミを叩いたら2匹のリスが出てきました。雪の中を走っているところを撮りたいのですが速い!
 こちらに向かってくるのはピントがあいません。上の写真はゆっくりだから撮れました。

逆さに降りてくる 逆さに降りてくる
 餌を貰いに近寄って来ます。逆さに降りてくるのなんて平気です。

幼い感じがします
幼い感じがします
 このリスは前日のリス(雪見リス)より幼い感じがします。
 いたずらっ子のようですね。

クルミをくわえて走っている
クルミをくわえて走っている
 これは家内が撮った写真です。クルミをくわえて雪の中を走っています。
 後ろ足が雪に埋まっています。

2匹同時は難しい
2匹同時は難しい
 雪の中で2匹が近くにいます。
 なかなか出会えない場面なので、ズーミングなどに手間取って、うまくは撮れません。
 2匹いた証拠写真のようなものです。

柱の上ですます
柱の上ですます
 柱の上にちょこんと座って、作り物のようです。
 胸に手を当てています。(家内の撮影です)

木の上で食べる
木の上で食べる
 木の上で食べています。
 上のリスとは違うリスでしょうか?。

立って貰う
立って貰う
 例によって家内はリスを立たせて餌を取らせようとします。
 伸び上がって手につかまります。

貰った!と逃げる
貰った!と逃げる
 餌を貰えばもう用はありません。
 貰った!という感じで、素早く逃げて行きます。
 家内は写真を撮るより餌やりが楽しいようで、帰って見たら、私が餌をあげている写真はありませんでした。

見送りに来た?
見送りに来た?
 2匹とさんざん遊んで、公園を出るときは−3℃でした。
 家内は私より遅く公園を出て来たので、聞いたら、リスが一匹ついてきたそうです。
 オンコ(イチイ)の木に登ったのですが、犬が来たので立ち去ったそう・・・

 年末シリーズ、もう一ページ予定しています。

ご注意:野生動物への給餌に関しては、してはいけないと言う意見の持ち主がたくさんおられます。私は「ただ仲良くしたいだけ」と言い逃れをしていますが、モラル面で問題があることは確かです。相手は選んでいるつもりですが・・・
 手渡し給餌では、動物と人の間で病気が感染する危険があります。
 アメリカでは野生動物に狂犬病などがあることから、触れることが禁止されているそうです。

[作成:2005年3月20日]

もどる エゾリスホームへ 次へ