止り木で食べる 止り木で食べる。(2005年1月15日/家内撮影)

冬・止り木

いつもの小屋で

隠れて食べている
隠れて食べている
 2005年1月15日(土曜日)の午前中はまあまあの好天で、10時頃公園に行きました。「穴」のある建物の道路側の窓の上の、枠にいるエゾリスを家内が見つけました。

金網を降る
金網を降る
 餌を食べ終わったら、窓の金網を降りて来ました。
 こちらを見ました。

金網を渡る 金網を渡る。
 金網を横向きに渡って、金網の右端の穴(破れ目)に入って行きました。

金網から顔を出す
金網から顔を出す
 クルミを金網の穴と反対に置きました。
 顔を出してそちらを見ています。

端の餌をくわえる
端の餌をくわえる
 目の前を横切って、クルミのところに行きます。
 くるみをくわえました。

お気に入りの止り木?

止り木でクルミをくわえて
止り木でクルミをくわえて
 窓の下の板壁に止り木がついています。
 サイズからするとエゾリス向きです。そこに止まりました。逞しい感じがしますが、穴から覗いていたリスでしょうか?

こっちを見ている
こっちを見ている
 止り木でこっちを見ています。
 これと次の写真は家内の撮影です。私のカメラとエゾリスや壁のの色が違いますね。
上を向いて立つ
上を向いて立つ
 上を向いて立ったところです。
 こういう動きのある写真をたくさん撮りたいものです。

横向き
横向き
 止り木でクルミを押し頂いているような感じです。
 これは少しぼけた写真で、私の撮影・・・。色が上の2枚と違います。

ご注意:野生動物への給餌に関しては、してはいけないと言う意見の持ち主がたくさんおられます。私は「ただ仲良くしたいだけ」と言い逃れをしていますが、モラル面で問題があることは確かです。相手は選んでいるつもりですが・・・
 手渡し給餌では、動物と人の間で病気が感染する危険があります。
 アメリカでは野生動物に狂犬病などがあることから、触れることが禁止されているそうです。

[作成:2005年1月28日]

もどる エゾリスホームへ 次へ