2匹のエゾリス
木の上の2匹のエゾリス(2005年4月17日)

春の一日

2005年4月17日(日)の公園で

 この日は函館の香雪園(見晴公園)ではエゾリスは3匹(4匹かも?)が餌を貰いに来ました。私達より先に餌をやっていた人たちがいて、余りお腹が空いていないのか、大部分は地面に埋めていました。
 上の写真のように、前日(前作「相手は2匹」)と同じようにやはりオスがメスを追いかけていましたが、メス(2匹見ました)はすでに妊娠しているような感じです。これ以上近付くと追い払われます。

逆さまになって餌を貰う 逆さまになって餌を貰う
 おなじみのリスが木を逆さに降りて来て、家内の手からクルミを貰おうとしています。
 足が力強いですね。

貰ったクルミを枝上で食べている
貰ったクルミを枝上で食べている
 この場所はエゾリスたちのお気に入りの場所です。
 リラックスした顔でクルミを食べています。

脱毛の始まったメスリスです
脱毛の始まったメスリスです
 入れ替わるように同じ場所に脱毛の始まったメスリスが現れました。
 こちらは貫禄があります。

樹上の2匹
樹上の2匹
 上の枝に乗っている黒いリスが脱毛のメスリスです。トップの写真では下になっています。
 オスが寄って来ても知らんぷりです。

オッパイが大きい
オッパイが大きい
 貫禄のメスのリスです。毛が抜けたところが黒く見えます。
 オッパイが大きいので妊娠しているのだと思います。

餌を貰いに走って来る
餌を貰いに走って来るる
 草原の方へ移りました。
 餌を埋めて、新しいのを貰おうと走って来ます。これはおなじみのリスです。
 ぶれぶれにしか撮れませんでした。

駆けるエゾリス(家内撮影)
駆けるエゾリス(家内撮影)
 家内が撮った駆けるエゾリスです。
 こちらもぶれてはいますが、残念ながら私のよりシャープです。

 カメラメーカーが違うと色がこんなに変わります。
立って家内からクルミを貰っています
立って家内からクルミを貰っています
 立って家内からクルミを貰っています。
 耳も寄っていないし、腰も引けていないので、リスは緊張はしていません。

貰ったクルミを持つ
貰ったクルミを持つ
 貰ったクルミを枝の上で持っています。
 この公園には餌を貰いに来ないエゾリスもいますが、多くのエゾリスが管理人さんや来園者から餌を貰って暮らしています。

ご注意:野生動物への給餌に関しては、してはいけないと言う意見の持ち主がたくさんおられます。私は「ただ仲良くしたいだけ」と言い逃れをしていますが、モラル面で問題があることは確かです。相手は選んでいるつもりですが・・・
 手渡し給餌では、動物と人の間で病気が感染する危険があります。
 アメリカでは野生動物に狂犬病などがあることから、触れることが禁止されているそうです。

[作成:2006年1月14日]

もどる エゾリスホームへ 次へ