びっくりエゾリス
びっくりするエゾリス(2005年4月30日/家内撮影)

びっくり

 2005年4月30日(土)は朝、函館の香雪園(見晴公園)に行きましたが、エゾリスは2匹しか見られませんでした。「びっくりリス」は家内の撮影で、「おなじみリス」は私の撮影です。

びっくりリス

 びっくりリスは下の写真のように餌を食べていたリスの前に家内が立って、それに気付いてびっくりして上の写真のように立ち上がったのだそうです。鼻の下が黒くて(土が付いている?)、愛嬌があります。

遠い木の下で餌を食べるエゾリス 遠い木の下で餌を食べるエゾリス
 遠い木の下で餌を食べるエゾリスで、これに気付いて家内が近寄り、相手がびっくりして立ち上がった訳です。

食べているのは何でしょう?
食べているのは何でしょう?
 写真を撮るだけなので、安心して座り込んで餌を食べ続けます。
 何を食べているのでしょう。オニグルミとかクリの実でしょうか。白っぽい色をしています。

餌を口からはなしました
餌を口からはなしました
 餌を口からはなしました。なかなか美形のエゾリスです。
 脱毛が始まっているようで手足が黒いです。

樹上で笑っているような
樹上で笑っているような
 樹上で笑っているような感じです。
 リスを見つけると携帯電話で連絡しあうのですが、この時はそんな余裕がなかったと、呼んで貰えませんでした。

おなじみリス

餌を探すおなじみリス
餌を探すおなじみリス
 私が撮ったのは鼻の上がしわのように見えるおなじみのエゾリスです。
 餌を探してのんびり歩いています。

あげたクルミを食べている
あげたクルミを食べている
 あげたクルミを木の上に登って食べています。
 少しおっかない顔に見えます。

高い木の上で
高い木の上で
 高い木の上で食べています。
 松は本州のイメージなので、杉の木もそうですが、エゾリスに合わないような気がします。
こっちを見る
こっちを見る
 私を気にしてません。
 平気で近寄って、それでもちらっとこちらを見ています。。

走って来る
走って来る
 餌を埋めて、次を貰いに走って来るところです。
 なかなかうまくなりません。

ご注意:野生動物への給餌に関しては、してはいけないと言う意見の持ち主がたくさんおられます。私は「ただ仲良くしたいだけ」と言い逃れをしていますが、モラル面で問題があることは確かです。相手は選んでいるつもりですが・・・
 手渡し給餌では、動物と人の間で病気が感染する危険があります。
 アメリカでは野生動物に狂犬病などがあることから、触れることが禁止されているそうです。

[作成:2006年1月14日]

もどる エゾリスホームへ 次へ