枝上で松ボックリをくわえる
枝上で松ボックリをくわえるリスA(2005年10月19日)

大沼のリス・05秋2

 トップ写真はエゾリスA(右頬が黒い)がチョウセンゴヨウの松の木の枝から、松ボックリをくわえてこちらを見ているところです。
 やっと紅葉を背景に撮れました。

リスBの場合

草の中を走って来る
草の中を走って来る
 リスAを撮っている最中に、別のリスが現れました。耳の総毛がまだなくて、つるっとした印象で、仮にリスBと名付けます。
 耳毛がないのは夏毛のままで、この年生まれのエゾリスではないということです。
 名所のエゾリスですから、その分、人馴れしているかも知れません。

木から降りて来ます
木から降りて来ます(家内撮影)
 こちらは家内の撮影で、木の上から松ボックリを落として、木から降りて来たところです。
 次々に落としてくるので、気をつけないと危ない(ちょっと大袈裟?)です。

こちらを見下ろしています
こちらを見下ろしています
 何か見下ろされているような気がしませんか。
 人の存在が気になるのですよ。

木の根元に立っています
木の根元に立っています
 餌を落として、降りて来たところです。
 夏毛なのでむきむきの筋肉が目立ちますね。

かじりついています
かじりついています
 松ボックリにかじりついています。
 このリスも埋めているところは確認できませんでした。

木の幹で
木の幹で
 降りて来てこちらを見ています。
 次々に食べて、また木に登って松ボックリを落として降りて来ます。

リスCの場合

ツーショット
ツーショット
 ゴヨウマツの林の端で2匹のエゾリスが近付きましたので、慌てて撮りました。
 ピントも甘いし、ぶれていますが、この場所では初めて2匹を同一画面に撮りました。
 右のリスの耳には短い総毛が生えていてリスAと思います。左は長い総毛があって、これがリスCつまり3匹目なのですね。絵日記では間違えた記述をしています。

降りて来るリスC
降りて来るリスC(2005年10月19日)

 木から降りて来るリスCと思います。
 Aより耳毛が長くて体も大きいようです。

このリスは?

これはどなた?
これはどなた?(家内撮影)
 これはリスAかCかどちらと思いますか?

 Cのように思われるかも知れませんが、実は前の写真で右の頬が黒いので、リスAと思います。
 間違っているかも知れませんが、その場合はお許しください。

 ここは地面の草も多くて、函館の公園とずいぶん雰囲気が違います。

[作成:2006年1月13日]

もどる エゾリスホームへ 次へ