2003初夏タイトル
藻琴峠のシマリス。(2003年 6月15日)
 藻琴峠(小清水峠)は屈斜路湖畔の川湯温泉と小清水町の間の峠で、屈斜路湖を見下ろす位置に、小清水町営の展望台「ハイランド小清水725」があります。

ハイランド小清水725 ホームページ

今年は少ない

発見  ここへ餌を貰いに来る野生のエゾシマリスについては、藻琴峠のシマリス で紹介しました。
 2003年6月15日に訪れたときには、リスの数が少なく、たまに来るだけで、手許までは寄り付きません。売店の人の話ではテン(イタチの仲間)に食べられて、今は2、3匹しかいないとのことでした。
 タイトル写真とこの写真は、この日初めて撮ったシマリスで、岩のように見えるのは給餌台です。
 給餌台にはウソもたくさん来ていましたので、別ページにまとめます。

こんな看板  展望台へ行く散策路に下りる階段のそばに、看板があります。

 「シマリスが遊びに来ています。犬を連れて散策路へ入らぬようお願いいたします。」
と書いてありますが、それを読まない人が多くて、リスが近くにいても気付かないで歩くので、結果として追い払っています。

階段のそば
 せっかく階段のそばに出て来て、タンポポも咲いているので、喜んで一枚撮ったら、声高に話す若いカップルが近付き、逃げられてしまいました。

岩の上で

お気に入りの岩  階段の横の方の少し離れた場所の岩がお気に入りのようで、よくこの上に乗っています。
 これが380ミリの望遠で撮ったトリミングしていない画像です。やっと表情がわかる距離です。

眠そうです  眠そうです。尻尾を体の横に置いています。

斜め前から  この方向から見ると、尻尾を体に巻いているように見えます。エゾリスに比べると尻尾は細いですが、地上生活が多いのでこの方が有利です。

背中  向こうを向きました。背中の黒い筋は5本あります。

 来年は、たくさんの数に戻っているといいのですが・・・

[作成:2003年6月17日]

戻る 動物ホームへ