立つ
松ボックリを前に(2002年10月13日)

松ボックリ

チョウセンゴヨウ

松ボックリ  チョウセンゴヨウマツ(朝鮮五葉松)は、戦争中に油をとる目的で植林されたものが多く、十勝地方には大量に植えられているそうです。この木は大きな松ボックリ(マツボックリ)をつけ、エゾリスにとってこの木で巣づくりの場とエサが確保できます。
 本間さんが割って見せてくれましたが、大きな種が入っています。

松ボックリと  エゾリスのページにリンクを置いた守山リス研のリス研通信 No.339によると、

1.マツボックリの重さ:平均150g(150,140,130,170,130,180g)
2.チョウセンゴヨウの種の数:130gのマツボックリで135個(実のつき方は写真参照)
3.チョウセンゴヨウの種の重さ:平均0.5g/個(0.4-0.6g)100個平均
4.チョウセンゴヨウの種の様子:固い殻に包まれた中の、種実は渋皮に包まれ人間が食べてもおいしい。
松ボックリと 5.チョウセンゴヨウのマツカサ:マツカサの鱗片は大きく、1つの鱗片あたり2個の種実がついている。また鱗片にはかなりの松ヤニが付着しており、リスにとっても食べる際口に相当の松ヤニが付着すると思われる

とのこと。食べればよかった・・・(実は大沼公園にもこの松ボックリはよく落ちています。機会があったら今度食べてみます)。

松ボックリと格闘

 小さい体で大きい松ボックリと格闘しているような感じで、感動してしまいました。
 その様子をもう一度写真で紹介します。

格闘 格闘

格闘

[作成:2002年10月27日、改訂:2003年2月15日、再改定:2005年10月17日]

もどる エゾリスホームへ 次へ