雪に埋まる
雪に埋まる(2003年3月23日)

雪の中で

早春の神社へ

一匹目  2003年3月21〜23日、エゾシカとエゾリスを見ようと、道東旅行をしました。
 3月22日夕方帯広へ入り、通り道の帯広神社へ立ち寄りましたが、夕方のせいかエゾリスはいませんでした。翌3月23日、緑ヶ丘公園でたくさんのエゾリスを見た後に、午前10時頃再び帯広神社へ行ってみました。
 今回はいました。
 これは出会った一匹目のエゾリスで、この後で木に登って、遠くへ行ってしまいました。

2匹目  神社の森の奥のほうを探しに行くと、塀のそばにもう一匹います。
 枝の上に立って、両手を胸に当てています。若々しい印象で、ふっくらしていますね。

どうして胸に手を当てる?

立っている  神社の塀の外のコンクリートの上に立っています。
 どうしてエゾリスは胸に手を当てるのでしょうか?寒いから手を温めているのか、と書いた方もいますが、私は答を知りません。ご存知の方がいらっしゃいましたら、是非教えて下さい。

こっちを見る  こちらを気にして見ています。こういう表情をみると、よりエゾリスファンになりますね。

木につかまる  木につかまっています。色々ポーズをとってくれましたが、発表するスペースがありません。

餌を探す  雪の中で餌を探しだしました。ここで気が付いたのですが、このページのトップの画像のように、エゾリスは手足を雪に埋めて歩いているのですね。エゾリスは身軽という印象でしたから、ちょっと驚きました。

[作成:2003年4月2日]

もどる エゾリスホームへ 次へ