小さな秋
小さな秋、円山公園のエゾリス(2005年10月28日/家内の撮影です)

円山公園2005年10月

 札幌のエゾリスのページは2003年に真駒内公園と円山公園で撮った写真を(1)としてまとめましたが、その後は円山公園の北海道神宮境内でたまに見るだけでした。

2005年10月28日(金):円山公園

地面のエゾリス
地面のエゾリス
 円山公園ではシマリスのいる場所が判って、2004年から野生動物のその他の動物編に4ページを作りました。最終作は「子供なんだよ」です。
 2005年10月28日は私は仕事で行けませんが、家内が一人でシマリスを見に行きました。昼に携帯電話にメールが入って、シマリスはいないけどエゾリスがいっぱいいる、とのことで驚きました。
 羨ましいので、写真を使わせて貰ってこのページを作ります。

木の上でクルミを食べる
木の上でクルミを食べる
 グランドの先の林に3頭のエゾリスがいて、近寄って来る相手を追い払っていたそうです。
 地面で餌を探して木の上で食べています。北海道神宮の境内を含めて8匹のエゾリスを見たそうです。暖かい秋の午前中で、山から降りて来たのかも知れませんね。

クルミをくわえる
クルミをくわえる

 木の枝の上でくわえているのは多分オニグルミと思います。
 背景が秋のエゾリスという写真はなかなか撮れないものです。

ヤマガラです
ヤマガラです
 シマリスの場所にはもうシマリスは出て来なかったとのことです。子供シマリスも冬眠に入ったようです。
 置かれたヒマワリの種を求めて野鳥が来ます。これはヤマガラです。ヤマガラは函館や苫小牧、札幌にはたくさんいますが、道東では珍しいようです。

木の上で食べる
木の上で食べる
 これは神宮との境の道路に近い方で撮ったそうです。
 埋めるより食べるのに忙しい感じでしょうか。

地面を探す
地面を探す
 トップ写真と同じ場面です。
 小さい木の紅葉とたくさんの落ち葉で秋のエゾリスの写真になりました。
これは神宮の境内です
これは神宮の境内です
 これは神宮の境内で地面の餌を探しているところです。
 境内は杉などの木が多くて、暗いので動くものは撮りづらいところです。
 耳の総毛(ふさげ)が少し伸びています。

 初めに書きましたように、ここまではすべて家内の撮影です。

2005年10月29日(土):円山公園

木から降りる
 翌日の10月29日は雨の予報でしたが、なかなか降らないので昼頃家内と二人で円山公園に行きました。地下鉄で行けるというのが素晴らしいと思います。
 時間が遅くて霧雨が降って来たせいか一匹しかエゾリスを見られませんでした。グランドの近くで木から降りて来ます。速いので尻尾が欠けてしまいました。

地面のオニグルミ
地面のオニグルミ
 ここには大きいオニグルミの木があって、地面にオニグルミが落ちています。
 こういうところで待っていれば、エゾリスは多分来ると思いますよ。

[作成:2005年10月29日、改題2006年12月15日]

戻る エゾリスホームへ 次へ