鼻が土で汚れて黒い(2008年4月19日)
鼻が土で汚れて黒い(2008年4月19日)

鼻黒シマリス

2008年 4月19日(土)

 久しぶりの札幌の休日です。翌日は日曜ですがセンターでの健診が当たっているので、6時半に起きて円山公園に行きました。
 円山近辺の四季 の yaoya に連絡したら、高い木の上の斑点ちゃんを見ていると教えてくれました。斑点ちゃんは今年も出産しました。斑点ちゃんの写真は この日の絵日記 にあります。子供が元気に育ってくれれば嬉しいです。

地面へ餌を埋めに行ったよう 地面へ餌を埋めに行ったよう
 奥の方の餌場にシマリスがいました。
 ちょっと置いてあったヒマワリの種を頬袋に入れ、それがなくなると、斜面の方に埋めに行きます。地面は濡れています。

地面のシマリス 地面のシマリス
 地面のシマリスです。エゾリスは樹上生活者でシマリス(エゾシマリス)は地上生活者と言います。
 左に咲いている青い花はエゾエンゴサクと言います。「花を訪ねて」で取り上げています。

高い所で手の手入れ 高い所で手の手入れ
 剥きグルミを持って行ったので、砕いて少しずつあげました。
 人馴れしていますが、たまにしか来ない私の手からは餌は取りません。
 木の上で手の手入れをしています。手が滑ったり、粘ったら命取りです。体が汚れています。

木の上で餌を食べる
木の上で餌を食べる

 私があげた剥きグルミを食べています。
 可愛いシマリスですが、鼻の上が黒いようです。地面の土が付いているのです。

口を開けるシマリス
口を開けるシマリス

 久しぶりだね、と挨拶しているような顔ですね。
 野生動物・その他の動物編に「面変わり」というページがあります。シマリスは頬袋があって、そこに餌を入れて運ぶことが出来ます。秋には冬眠に備えて、たくさんの餌を巣に運んで蓄えます。
 満腹していると、餌を地面に埋めて隠します。それでカボチャやヒマワリが生えて来ます。

顔を拭いているように見えますが 顔を拭いているように見えますが
 手で顔を拭いているように見えますが、手をなめて汚れを落としているのだと思います。
 先に書いたように手が汚れていたら困りますが、顔が汚れていてもどうと言うことは無いはずです。

手をなめているのです 手をなめているのです
 見ていると、やはり手をなめているのです。
 エゾリスよりも手の手入れをよくしていると思います。

青い花はエゾエンゴサク 青い花はエゾエンゴサク
 地面に埋めるのを見ていると、エゾリスととても似ています。手で掘って、顔で押し込んで、手で餌を隠します。シマリスは余った餌は巣に持って行くように思っていましたが、餌が豊富なら貯食する必要はありませんね。取り合えず隠しているのだと思います。

横を見る 横を見る
 シマリスはエゾリスよりも縄張り意識が強いようです。他のリスの動きを警戒しているのでしょうか。
 土が付いて、せっかくの二枚目も鼻黒です。

[作成:2008年7月20日]

動物ホームへ