雪の中から出て来るエゾシマリス(2008年3月2日)
雪の中から出て来るエゾシマリス(2008年3月2日)

 2008年は2月23日から3月23日の間に、雪上のシマリス撮影に6日間円山公園に行きました。Part2と3は2ページあります。
 yaoya さんの 円山近辺の四季 には、2月11日がシマリスのこの年初出で、17日には画像掲示板に投稿してくれました。
雪上シマリス撮影記

雪上シマリス撮影記(2-2)

2008年 3月 2日(日)

 前のページの続きです。

降りて来ます 降りて来ます
 上から降りて来ました。
 周りは雪です。

餌を食べている
餌を食べている

 yaoyaさんが餌をあげたと言っていましたが、ヒマワリの種を食べているのでしょうか。
 斜めになった枝の上で、足を広げて起用にバランスを取っています。

もう一回ツーショット
もう一回ツーショット

 もう一回ツーショットの写真をご覧下さい。右のリスは前ページでは下にいましたが、今はこんなに高いところにいます。
 左のシマリスは同じところを動いていません。

枝の上で手をなめている
枝の上で手をなめている

 左側のシマリスです。
 枝の上で手をなめています。油が付いていると、滑って命取りになりかねません。シマリスはエゾリスよりもよく手の手入れをしています。

覗いています
覗いています

 もう1匹は上から下を覗いているようです。
 気の弱そうな感じもしますね。

手の手入れは終りました 手の手入れは終りました
 手をなめていた、左のリスです。
 手の手入れは終りました。
 落ち着いていて、こちらがメスかも知れません。

何かを見ています
何かを見ています

 もう1匹のリスは後方上の方にいます。
 第1給餌台の方を見ています。実はそちらには、こちらで相手にされなくて、離れて行ったシマリスがいます。

独り者

胸に手 胸に手
 その独り者のシマリスです。
 第1給餌台のある木にいました。胸に手を当てています。

孤独なシマリス
孤独なシマリス

 エゾシマリスはエゾリスよりも縄張り意識が強いかも知れません。どちらも孤独者で、繁殖期のペアーや幼い兄弟、母子など以外は一人で暮らしています。
 そんなに暗くは見えません。

[作成:2008年7月2日]

戻る 動物ホームへ 次へ