これが短尾ちゃん
これが短尾ちゃん(2006年6月1日)

新緑シマリス

 2006年6月1日、相互リンクの SL STORY さんが円山のシマリスを見たいと東京から日帰りでやって来ました。私は午後代休が取れましたので、お付き合いしました。
 その日のエゾリスの様子はエゾリスのページに 円山公園2006年6月 としてまとめました。こちらはその日のシマリス(正式にはエゾシマリス)編です。

勝手に短尾ちゃん

何を食べているのでしょう 何を食べているのでしょう
 この日の午前中は市内の中央区のサテライトでの仕事で、昼食を取らずにまっすぐ地下鉄で円山公園に行きました。SL STORY さんが到着するのはまだです。
 山の下のシマリススポットで待ちました。尻尾の短いシマリスがいます。
 草の実を食べているような感じです。

横から撮りました
横から撮りました
 給餌場所へ出て来ました。尻尾は先半分がありません。
 先にアップした シマリスの固体識別 に、カラスかネコかヘビか、そんな者に切られたのでしょうか。怖い思いをしたのだと思います。
 おっとりしたメスのリスです。仮に「短尾ちゃん」とします、と書きました。

更に横向き
更に横向き
 この場所がお気に入りのようです。尻尾の先は哀れですね。
 毎日来て世話をしているご夫妻も、特にこのリスに眼をかけているようです。

草の実を食べているよう
草の実を食べているよう
 草の実を食べているように見えましたが、頬袋からヒマワリの実を出して食べているのかも知れません。
 携帯電話で連絡しあって、SL STORYさんとも合流しました。日帰りで東京から円山公園まで来るのは、素晴らしい行動力です。

やらせの白い花

やらせの白い花
やらせの白い花
 下でシマリスを撮っていたら、自転車で大きなカメラを持った女性が現れ、別のところから白い花の草を抜いて来て、近くに植え出しました。
 カボチャの種を下に置きます。シマリスは単純なのでのこのこやって来てカボチャの種を食べます。

花を見ているよう
花を見ているよう
 私が非難がましい視線をしたのだと思います。
 その女性は「ヤラセって言わないで、これは演出」と言ってました。よく判っています。

花の中で食べる
花の中で食べる
 私も乗って、何枚か撮りましたが、慣れないので地面が気になるような写真しか撮れませんでした。
 もう少しシマリスと花が目立つように、ローアングルなど狙えば良かった・・・

こちらが良いです
こちらが良いです
 お気に入りの場所に戻りました。
 こちらの方が、バックの新緑も映えて、ずっと良いと思いました。
 カラスに狙われないよう餌場の頭上には、木の枝が置いてあります。

上のシマリスは・・・

お地蔵様の頭の上
お地蔵様の頭の上

 その後、登山道の第一給餌場に行きました。
 ちょっとぼけ気味なのが残念ですが、こういうとぼけた写真が好きです。これは何の「演出」もしていません。
 シマリスは上で3匹、下で2匹、以上見ました。次のページに続きを書きます。

[作成:2007年1月3日]

動物ホームへ 続きへ