緊張しているようなエゾシマリス(2009年6月18日)
緊張しているようなエゾシマリス(2009年6月18日)

シマリスがたくさん(1)

2009年 6月18日(木)

 この日は札幌の中心街で仕事でしたが、医師二人体勢だったので、午後解放されました。昼食をすませて、地下鉄で円山公園に行きました。
 約1年ぶりですが、今回は予定もしていなかったので、背広のままで、靴はそれでもウォーキングシューズ(運動靴?)を履いています。

覗いているのは子リスかも
覗いているのは子リスかも

 最初に、前に巣があった、登山口より手前の場所へ行ってみました。知っている人が多いようで、ヒマワリの種の殻がたくさん落ちていました。
 探すと、離れた場所からこちらをうかがうシマリスがいます。顔つきから子リスかも知れません。

遠くへ行ってしまいました
遠くへ行ってしまいました

 倒木をつたって、離れた場所へ行ってしまいました。
 今回のページは、試みにすべてノートリミングの600×450ピクセルで構成します。ファイルの容量は今まで通り50キロバイト未満です。

何を見る
何を見る

 これはもう少し中へ入った場所で撮りました。
 人馴れしたシマリス、何を見ているのでしょう。

胴体は長いです
胴体は長いです

 体と尻尾を真直ぐにすると、意外にシマリスは長いですね。

横を向く
横を向く

 少し離れて撮りました。
 普通はこんな風に猫背です。

手をなめる
手をなめる

 これは更に奥の、大きいカツラの木のところで撮りました。
 ものすごく暗いです。手をなめています。

葉陰に隠れる
葉陰に隠れる

 餌場になっている場所からエゾリスが逃げて来ました。見るとアカゲラが餌を採っていました。
 小柄なシマリスは、アカゲラが行ってしまっても物陰に隠れているようでした。

離れないリス、前向き
"離れないリス、前向き

 こちらは出て来てから、私のそばを離れなかったリスです。
 お土産を期待しているようでしたが、何も持っていません。

同、横向き
同、横向き

 午後なので、給餌場にはもう餌は残っていません。
 私も円山へ来る時は剥きグルミなどを持って来たのですが、今回は出張中に急遽来ました。

 次のページに続きます。

[作成:2009年7月2日]

動物ホームへ 次へ