雪のシマリス
雪のシマリス(2007年3月10日)

雪のシマリス

2007年3月10日(土曜日)

 昨日まで出張の疲れは残っていましたが、日曜が悪天の予報なので、いつものように6時15分に起きて、家内と円山公園に行きました。円山近辺の四季 の yaoya さんに電話すると、第2給餌台にシマリスがいたとのことです。
 第2給餌台のシマリスは去った後でした。降りかけたら、遅れて登ってきた yaoya さんに、巣があるから待っていれば来ると言われて、引き返しました。

雪をなめる
雪をなめる
 程なく出て来ました。雪のシマリス初めて撮りました。画像掲示板への投稿によると、2月23日から出現しています。シマリスの冬眠期間は年々短くなっているようです。ユリカモメの滞日期間も延びているようで、自然も変化します。

雪の上のシマリス
雪の上のシマリス
 給餌台のそばの雪の上には餌や殻が落ちています。
 本当は真っ白な雪の上のシマリスを撮りたかったです。

倒木の上に
倒木の上に

 やはり雪の上にいるのは冷たいのでしょうか。
 このように何かに乗っている写真が多くなりました。

給餌台から覗いています
給餌台から覗いています
 第2給餌台から覗いています。
 持っているのはピーナッツ?ご機嫌そうな顔に見えます。

第1給餌台付近

雪を見ているよう
雪を見ているよう

 満足して、yaoya さんとお別れしてから少し離れたところでお電話があって、第1給餌台付近にシマリスが降りてきたとのことでした。引き返して、私も家内もたくさんのシマリスの写真を撮りました。
 シマリスは2匹起きて、活動しているようです。

杭の上に登っています
杭の上に登っています
 杭の上に登って餌を食べています。
 背景の白は雪です。

枝の上で
枝の上で

 枝の上に登りました。
 周りが雪なので背景が白く、明るいです。木に葉もありません。
 新緑の頃のシマリスとは印象が違います。

手をなめている(家内撮影)
手をなめている(家内撮影)
 これは家内の撮影です。
 汚れた手をなめて綺麗にしていたようです。お祈りしているように見えます。
 枝に尻尾を巻きつけているのが面白いですね。

最初のシマリスと顔が違うよう?
最初のシマリスと顔が違うよう?
 斜め前から見ると鼻下が黒っぽくて、最初のシマリスとは顔が違うような印象です。
 3月のシマリス、まとめて撮れましたので1ページ作りました。

ご注意:野生動物への給餌に関しては、してはいけないと言う意見の持ち主がたくさんおられます。私は「ただ仲良くしたいだけ」と言い逃れをしていますが、モラル面で問題があることは確かです。相手は選んでいるつもりですが・・・
 手渡し給餌では、動物と人の間で病気が感染する危険があります。
 アメリカでは野生動物に狂犬病などがあることから、触れることが禁止されているそうです。


[作成:2007年3月10日]

動物ホームへ