ウシとシカは仲良し?
ウシとシカは仲良し?(2006年9月17日)

牛と仲良し

2006年9月17日 美幌峠牧場にて

 2006年9月17日、オホーツク〜道東旅行の2日目の夕方、3年ぶりに美幌峠牧場を訪ねました。
 2002年春から、美幌峠牧場を訪れるようになり、2002年4月26日分は「牧場のエゾシカ」に、8月10日分は「夏毛 in 牧場」に、9月22日分は 「夕陽の牧場で」 にまとめました。10月14日にも行っているのですが、このときは殆どエゾシカがいませんでした。2003年6月15日の訪問記は「牧場の帰りに」です。

こんなところです(家内撮影)
こんなところです(家内撮影)

 この牧場は美幌町の牧場振興公社が運営し、349ヘクタールあります。詳しくは最初のページを見て下さい。ここのシカはすべて野生のエゾシカで、飼育されているものではありません。

我が物のように草を食べる
我が物のように草を食べる
 牧場が広すぎてエゾシカの侵入を防げず、駆除も出来ず、多数のエゾシカが我が物のように草を食べる光景が見られるようになりました。狩猟が始まると、さっといなくなるそうです。
 4頭のエゾシカが牧場の草を食べています。右奥の角のあるのはオスジカです。

人の姿には警戒します(家内撮影)
人の姿には警戒します(家内撮影)
 邪魔者なので追い払われるため、人の姿には警戒します。
 車を停めて、外へ出ないで窓から撮影していても、このように警戒してこちらを見ます。
 少し近寄れば、逃げ足は速いです。

警戒する8頭
警戒する群れ

 警戒する群れです。
 オスもメスも子ジカもいます。9月中旬では、このように鹿の子模様(かのこもよう、鹿の子斑)が残っていて綺麗ですが、冬は灰色になって模様が消えてしまいます。

警戒する4頭
警戒する4頭
 暴風柵の陰で私は車から降りて、前へ進みました。
 シカたちは車に気を取られてそちらを見ています。比較的大きく撮ることが出来ました。
 これはメスと子供です。

手前はウシですが遠くはシカです
手前はウシですが遠くはシカです
 手前はウシですが遠くはシカです。
 こんな光景も多く見られます。草はたくさんあるので、ウシはシカのことを気にしていないようです。
 仲間と思っているのかも・・・?

親子シカ
親子シカ
 ウシの群れにまぎれ込んでいた、エゾシカ群れの中の親子です。
 子供もだいぶ大きくなりました。

 2頭とも激しくこちらを警戒しています。

ウシとは仲良し?

ウシの陰から
ウシの陰から

 牧場の上の方でウシとシカの群れの方に近寄ったら、シカはウシの陰に回り、こちらをうかがっています。
 こんな光景は初めて見ました。トップ写真も同じような写真です。

ウシと仲良し?(家内撮影)
ウシと仲良し?(家内撮影)

 こちらは家内の撮影です。
 ウシとシカが入り混じっているように見えます。
 以前の作品で、ウシとシカには微妙な距離があると書きましたが、今回の見分で本当はウシと仲良しなのかもと思うようになりました。

[作成:2006年10月14日]

'05夏 根室地方で へ 動物ホームへ 近寄れて へ