別館


写真絵日記


2004年 9月18日(土):強風

シマリスは・・・  昼前に円山公園へ行きました。台風18号の強風の被害が強くて、登山道は通行禁止になっていました。シマリスのいる場所へ行く道も通行禁止です。川沿いに別の小道をたどって見ましたが、じきにこのような有様です。この先にシマリスがいて、暗い場所での撮影用に手ぶれ防止機能の付いたC-2100UZを持って行ったのですが・・・

さとらんどの馬車  その後、サッポロさとらんど へ行きました。今日明日が「2004さとの収穫祭」で、催し物も多く、家族連れで混みあっていました。
 コスモスが咲いていて、一枚 北海道花情報2004 に投稿しました。そちらにはSL型の遊覧車ポテト号が登場します。
 風が強いので馬車を牽くお馬さんがとても可哀相に思えました。こちらはDiMAZE Z1の画像です。

2004年 9月17日(金):白鳥飛来

ホームの看板  函館から札幌へ車で向かっている家内と会うために、苫小牧から長万部へJRで行きました。
 最近気付いたのですが、苫小牧駅のホームの名所案内の看板が変です。白鳥飛来とウトナイ湖のことを紹介しています。野鳥の楽園ですね。
 この絵がおかしいのです。樽前山が見えることではありません。

ハクチョウ  絵の下半分です。ハクチョウはコブははっきりしませんが、目の周りが黒くて「コブハクチョウ」をイメージしているのだと思います。
 本館 野生動物 の「ウトナイ湖の四季」に書きましたが、ここでの主役のハクチョウはオオハクチョウです。
 コブハクチョウについても取り上げていますので、まだの方は一読して下さると、ウトナイ湖とコブハクチョウのつながりが判ります。でも脇役ですよ。

2004年 9月16日(木):折れた・・

折れた鳥居  今日、明日と苫小牧で仕事で、昨夜こちらへ入りました。
 仕事は朝の出発が6時半と凄く早くて、昼過ぎに終わります。画像掲示板でお馴染みの苫小牧のMさんに、午後、北大○○林へ連れて行って貰いました。
 台風18号の風の被害がまだ残っていますが、かなり片付けられていました。
 写真は鳥居の跡です。右の古い木屑が鳥居のもので、キツツキがつついていたそうですから、木は傷んでいたのですね。
 元気な頃?のこの鳥居の写真が本館の エゾリスのページ の、苫小牧のエゾリスの「不法占拠」に載っています。無いととても淋しいですね。

2004年 9月12日(日):すます

すましている

 夜札幌へ戻るので、午前中に公園に行きました。
 双眼鏡を持った鳥見の女性に会いましたが、鳥も多くなってきました。
 エゾリスに餌をやったり、プロレスゴッコをしているのを見たり・・・、今日は家内は膝の上で餌を取らせました。
 これは、食物を持ったり食べたりしていない、尻尾も欠けていない写真を心がけて撮りました。すましているように見えますね。

 花の写真とも蝶の写真ともつかないものを、北海道花情報2004 に投稿しました。

2004年 9月11日(土):埋める

餌を埋める  天気もよくて、八郎沼や大沼公園に行きましたが、不発でした。
 それで、戻って真っ直ぐに公園に行きました。3〜5匹のエゾリスに会いました。他に家族連れに追い回されているのもいましたから、リス密度は高いですね。
 餌をたくさん貰うと、埋めだします。急いでいると目の前で埋めます。次を早く貰おうとの魂胆からですね。

2004年 9月10日(金):めんどいなー

めんどいなー  今日は先週土日働いた代休で、昨夜遅く函館へ帰りました。
 早速午前中(昼近く)公園に行きました。たくさんのエゾリス(多分7匹以上)に会いました。その内2匹は餌を手渡し出来ましたが、他は寄り着きません。
 これは「貰えるちゃん」でしょうか?写真を撮るためにヒマワリの種を石の上に置いたのですが、面倒そうに食べていました。じきにクルミを見せた家内の方へ走って行ってしまいました・・・。

落ちたクルミ  一昨日の台風で落ちたクルミ(公園に植えられたオニグルミです)を公園管理のおばさん達が集めて来ました。大量です。
 「リスにあげるのですね?」との私の問の答えは「リスが取りに来るんですよ」でした・・・。これは秘密です。

2004年 9月 8日(水):発動発電機

鹿の湯パンフレット  嵐の中を、定山渓温泉に行きました。Sの湯(ホームページ)は老舗の大型温泉ホテルで、今春から私が産業医となりましたが、仕事で来たのは初めてです。嵐の中の出発でしたので、カメラを持たずに行きました。写真はSの湯のパンフレットの表紙です。
 野生のシカが傷を治しに来た故事からの、名前が良いです。

 大きな建物だから大丈夫と思って健診を続けていましたら、一時間くらいで停電になってしまいました。心電計とPCはバッテリーがあるので使えますが、視力計と聴力計は電気がないと使えません。
 今回の胸部レントゲン車は電気を建物からコード貰うタイプでした。マーゲン車(胃部検診車)は私達が「発発」と呼んでいる発動発電機で内部の機器を動かしています。胸部車の場合、積んでいても発発はガソリンエンジンで非力ですが、マーゲン車は出力に余裕のあるディーゼルの発発を積んでいます。
 胸部車はマーゲン車から電気を貰い(ここまでは停電でなくてもある話です)、更に建物の中へ100ボルトのコードを伸ばして、聴力と視力も計測できました。これは私には初めての経験でした。
 従業員の方々は停電の中を、「11階まで2回登った」などと言いながら受診してくれました。余り経験したくない事態でしたが、いろいろ学びました。

2004年 9月 7日(火):一角だけの秋

サトウカエデ  台風が北海道に近付いています。被害にあわれた方々にお見舞い申し上げます。

 昼に大通公園を通りました。昨年9月9日、北海道花情報に投稿したサトウカエデが、同じようにここだけ赤くなっています。日照とかが関係あるのですね。
 昨年の投稿作品は真っ青な空でしたが、今年は真っ白になってしまいました。北海道花情報2004 には、これとは別アングルの写真を投稿しました。

2004年 9月 5日(日):野鳥衝突防止ステッカー

苫小牧トラックステーション  札幌へ帰るお昼に、苫小牧のトラックステーションに寄りました。トラックステーションについては前にも書いたことがありますが、食堂は一般の人も利用できます。メニューも多いし、地元特産物の料理などもあり、お値段もお手軽です。北海道には札幌(厚別)とここだけです。
 今日は日曜だったせいか、とても混んでいました。右にお尻が見える3台のバスが協会のバスで、バンも使って、健診は20人で行っていました。

衝突防止用ステッカー?  食事をしていて気付いたのですが、隣のゴルフ練習場のネットに鳥衝突防止用の絵が付けてありました。
 野鳥衝突防止ステッカーでは野鳥の会のタカ丸くんが有名で、時々無料でも配られるようです。
 これは大きいし、ネットに付けるのですからプレートになっているのでしょう。
 そう、トラックステーションは野鳥の聖域・ウトナイ湖のすぐ苫小牧側にあるのです。
 ところでシルエットの鳥はタカ・・・なのでしょうか?

2004年 9月 4日(土):真紅の優勝旗

真紅の優勝旗  駒大苫小牧高校野球部の全国制覇のことは8月22日の絵日記に書きました。
 今日は仕事がお昼まで(6時半出発です)でした。今日から一般公開された真紅の大優勝旗を見に、画像掲示板でお馴染みの苫小牧のMさんに連れて行って貰いました。
 駒大苫小牧高校は一見ホテル風の洒落た校舎でした。
 とにかく見に来ている人の数が凄かったです。駐車場になっていた校庭一面を埋める車、スリッパが足りなくて校内を素足で歩く人・人・・。  旗はガラスの戸棚に入れられていました。この写真、よく見ると人がいっぱいガラスに映って写っていますが、判るでしょうか?。

もどる 次へ

本館に戻る 掲示板[通常入門画像 別館トップ 写真絵日記
ミニ探訪 ミニ薀蓄 壁紙プレゼント 別館について