別館


写真絵日記


2004年 4月29日(木):旭川へ

三種混合  日帰りで旭川へ行きました。目的は嵐山公園と男山自然公園のカタクリを見ることでした。
 嵐山はエゾリスで有名ですが、人出が多いので、朝夕人がいないときに餌を貰いに来ると北邦野草園の係員の方が言っていました。
 写真は男山自然公園のカタクリ、エゾエンゴサク、キクザキイチゲが同時に咲いている場所です。ここのカタクリは多分全道一ではないでしょうか。
 花の写真は何点か北海道花情報2004に投稿するつもりです。

マガンを見る

 帰りに深川で高速道路を降りて、丸山公園へカタクリを見に行きましたが、まだ殆ど咲いていないし、規模も前記2公園には敵いません。
 道の駅によりながら、そのまま一般道を通って、宮島沼へ17時半頃着きました。マガンの群が次々帰って来ます。18時を過ぎると、帰る群の数も多くなります。すごくたくさんの人が見物していました。
 今日のマガンの数は64,000羽とのことでした。ちなみに今日の走行距離は330キロです。

2004年 4月25日(日):ウトナイ湖のコクガン

すっかり人馴れ  天然記念物のコクガンについては、野生動物、野鳥編に2ページ作って紹介しています。
 内陸の真水の湖沼へ飛来することは普通ないそうですが、2003年11月25日の苫小牧民報がウトナイ湖にコクガンがいることを発表しました。1986年4月以来とのことです。
 ウトナイ湖がすっかり気に入って?、今でも他のガンカモ類と一緒に人から餌を貰っているそうです。
 気になっていたので、今日の午後ちょっと覗いて来ました。警戒心が強い鳥なのに不思議です。平気で人のそばに来ます。「帰らなくて良いのかい?」と聞いてみたいです。
 そう言えば、秋にいたマガンもヒシクイもオオハクチョウの幼鳥も姿を見ませんでした。

2004年 4月24日(土):田んぼのマガン

飛び立って逃げる  昨春、天気が好くて風の弱い日は、宮島沼のマガンは昼も沼でくつろぐと、美唄市のHPで覚えました。その結果、できたのが、野生動物、野鳥編の「飛翔・宮島沼2003春」です。
 今日は余り天気が好くなかったですが、昼過ぎに宮島沼に着いたら、風が強いせいか、くつろぐマガンは一羽もいません。
 田んぼで餌を摂っているのを探しに行きました。警戒心が強く、近寄ると離れて行き、やがて飛び立って逃げます。

くつろいでいる?  思ったより近寄らせてくれるマガンもいます。
 くつろいでいる感じがします。今日は DiMAGE が久しぶりに直ってきて使ったのですが、細かい操作を忘れていて、これはという写真は撮れませんでした。興味がございましたら、写真は上記「飛翔・宮島沼2003春」をご覧下さい。

2004年 4月23日(金):日向ぼっこ

日向ぼっこ  退院一ヶ月の診察を受けに行きました。経過良好で安心しました。
 通り道にある豊平区の月寒公園を、帰りに覗いて見ました。カモメが一羽いて、マガモはいつもより少なく、他はドバトとスズメです。晴れていますが風がとても強くて、ドバトたちは桟橋で日向ぼっこをしていたようです。近寄ると餌をくれるのかと一斉に見るので、ちょっと怖いです。

去年のオシドリ  ここへよく行くのは、マガモのヒナが見られることの他に、昨年はオシドリも一回見たからです。
 エクリプスになりかかったオスのオシドリが、2003年6月10日、写真のようにボートに乗っていて、その後、マガモと争ってパンを貰っていました。「パンも好き」と言う題で絵日記アップしましたが、今は削除されています。

2004年 4月18日(日):ウトナイ湖のシマリス

空が多いな〜  今日は車で札幌へ出ました。高速道路を全線使いましたが、苫小牧東で一度高速を降りて、ウトナイ湖サンクチュアリ(ネイチャーセンター)を覗いて来ました。
 強風が吹いていて、餌台のヒマワリの種が風に飛んで落ちてしまい、リスも鳥も地面で餌をとっていました。
 リスはエゾシマリスが2匹、鳥はカワラヒワとシジュウカラやキジバトが目立ちました。

 シマリスは1匹が帰った後に、ちょっと間を置いてもう1匹が来ましたが、同じリスかも知れません。
 画像掲示板で話題のエゾリスは来ませんでした。

2004年 4月17日(土):「新撰組!」の市電

新撰組!ラッピング市電  4月2日の絵日記で、NHK大河ドラマ「新撰組!」ラッピングの特急・スーパー北斗のことを紹介しました。函館は土方歳三の終焉の地です。
 函館市電にも「新撰組!」のラッピング車輌があります。自動車も走っているので、遅くても撮りにくいです。

 今日は今年初めて、北海道花情報2004" に3点投稿しました。お時間ありましたら、ご覧下さい。

2004年 4月16日(金):なびく耳毛

かぜになびく

 午後の特急で15時過ぎに函館へ帰りました。札幌より暖かいけど、やはり風が吹いています。
 まっすぐ公園に行き、家内が見つけてくれたエゾリスを10枚くらい撮りましたが、曇っていて、16時過ぎで少し暗く、動いているのは全滅でした。
 風が強く吹くと耳毛(総毛・ふさげ)も風になびきます。尻尾はなびいたのではなく自分で上げたものです(上げてない写真もあります)。それにしても長いですね。

2004年 4月14日(水):頂き物

頂きもののエゾリス

 昨日今日と札幌は気温も上がって青空も出ましたが、勤め人の身です。見た野生動物はスズメくらいです。
 家内から昨日届いたメールに、その日撮った函館の公園のエゾリスの画像が付いていました。
 クルミを見せると反応して見るけど、地面に置いても取りに来なかったそうです。逆光だと耳毛や尻尾の毛の先がとんでしまいますが、やさしい顔が撮れています。
 掲載許可も頂いて、画像は私は一切加工していません。

2004年 4月12日(月):写真資料掲載ページ

写真資料掲載ページ

 本館の更新履歴の「最近のうれしい話など」に書いた東京のA社から、学校図書館向け図書「考えよう地球環境」が刊行され、本日、「借用」写真資料掲載ページの刷りだしが届きました。
 自分の写真の部位をスキャンしました。このクマゲラの写真は、結構売れっ子です。

2004年 4月11日(日):マガモ、潜った!

潜るマガモ

 北海道の野鳥の本2冊に、オシドリの雌雄が並んだ写真で、「撮影4月、札幌市」と書いてあります。
 ここしかないと思って、今日も円山公園に行きました。探鳥会の方がたくさんいましたが、池にはマガモだけでした。道路側の池には3羽のオスのマガモいて、盛んに水浴びをしていました。顔を水に入れて洗って、そのまま潜ります。短い時間ですが完全に潜水していました。何度かやってくれましたので、やっと一枚写真を撮れました。
 ヒナは別にして、マガモ属は採食のためには潜らず、逆立ち採食をします。捕食者から逃げるときには潜るらしいですが、水浴びで潜るのは勿論のこと、マガモが潜るのは初めて見ました。

もどる 次へ

本館に戻る 掲示板[通常入門画像 別館トップ 写真絵日記
ミニ探訪 ミニ薀蓄 壁紙プレゼント 別館について