別館


写真絵日記


2005年 9月19日(月):蝶々

カラスアゲハ  いつもの公園でエゾリスを見ている間に撮ったカラスアゲハの写真です。
 花はアザミですがノアザミというのが正式かも知れません。
 カラスアゲハは数年前に異常大量発生したことがあって、車にいっぱいぶつかって気持ち悪かったのを覚えています。そこまで行かないけど、今年も多く発生しているそうです。

樹上のエゾリス

 エゾリスは公園で3匹見ました。皆餌を持って行きますが、1個だけで戻って来ません。
 今は地物のオニグルミもあるし、キノコも大量に生えています。クリも茶色になって来ました。わざわざ怖い思いをして人から餌を貰わなくても良いからだと思います。

クジャクチョウ  ヒースを見に道立の道南四季の森公園に行きました。余りパッとしないのでニシキギとかハギを撮りましたが、発表するような出来ではありません。
 クジャクチョウが2羽同じ花に来ていました。羽の表面は鮮やかですが、裏はとても地味です。
 北海道では比較的多くて、越冬する蝶として有名ですが、詳しくはないので説明はこれだけにします。

2005年 9月17日(土):大きいリス

仰ぎ見る  一昨日苫小牧で遠くから撮った小さいエゾリスの写真を絵日記で使いましたので、今日は午前中に函館のいつもの公園に行きました。
 エゾリスは4匹見て、2匹は傍に来て、写真の1匹が手から餌を取りました。家内を見上げているところです。秋になって毛並みにつやが出て来ました。親しいリスは大きく撮れます。

カルガモの群れ  ヒナを撮りに行って以来、近所の鮫川のカルガモを見てないので、10分くらい川沿いの遊歩道を歩いて来ました。
 10羽以上のカルガモがいましたが、人の姿を見ると泳ぎ寄ってくるのもいます。餌を持っていなかったので、写真だけ撮らせて貰いました。
 この写真は中州のようになったところで、10羽くらいのカルガモがいました。兄弟姉妹が揃っているのかも知れません。札幌で見るのは殆どマガモですが、函館はカルガモの天下です。

2005年 9月15日(木):苫小牧観光

演習林のエゾリス  苫小牧での仕事は朝6時50分出発と早いので、午後1時過ぎには終わります。
 余り天気がいいので、レンタカーを借りました。午後2時から7時間(M社の最低時間)ですが、写真が撮れるのは午後5時まででしょうか。
 先ずは北大の研究林(演習林)へ。エゾリスを見つけましたが近寄らせてくれません。こんな写真も愛嬌?と思って下さい。

悲しいヒシクイ  ウトナイ湖に行きました。最初はサンクチュアリのネイチャーセンターに行きましたが、外装工事か足場が組まれていて、給餌台やシマリスどころではありません。鳥獣保護センターには観光バスが2台来ていましたが、めぼしい物は見られません。いつもの給餌場には羽や足が傷ついたオオハクチョウが数羽、アジアからの外国の人に餌を貰っていました。
 ヒシクイも羽が片方傷ついています。遠くを見ているような目ですが、餌をくれる人を見ているのです。オナガガモが少し飛来していました(画像掲示板にオナガガモの群れの大きい写真を置きました)。

緑ヶ丘公園展望台  緑ヶ丘公園の展望台は苫小牧の何所からでも見れますが、行ったことがありません。夕方、車を返す前に同公園に登って見ました。駐車場があちこちにあります。
 展望台はエレベーターで無料で昇れます。見晴らしがすごく良くて360度の展望が楽しめます。自分の泊まっているホテルも海も見えましたがスペースの関係で割愛します。
 夕方なので色が変ですが、赤いサルビアと真っ青な空が判って頂けたと思います。

2005年 9月14日(水):時計がない

電光案内板  少し前に気付いたのですが、今日も苫小牧まで乗った函館行きの最終の特急「スーパー北斗22号」の電光案内板に時計の表示がありません。車種はキハ281系で、先週乗ったグリーン車も同一デザインでした。
 JR北海道のスーパー特急(振り子特急)については、本館の旅のページ に「スーパー特急の話」として取り上げました。古いページですが、結構アクセスがあります。そのページに281系と283系の電光案内表示板(これが正式名称かも)の写真がありますが、どれも小さいデジタル表示の時計が付いています。腕時計より見やすくて便利だったのに・・・。2003年11月16日の絵日記 にも少しぶれた案内板の写真がありますが、時計はついています。こんな合理化は考え物ですね。

2005年 9月13日(火):何年ぶりかの

公衆電話  午前中に毎月1回行っている病院を受診しました。
 どうしても電話しないといけない用事があったので、公衆電話コーナーに行きました。
 いつも公用私用の2本の携帯電話を持っていて、ホテルに泊まっているときも携帯を使います。公衆電話を使うのは何年ぶりでしょう・・・?いつ買ったか思い出せないテレカを持っていたのですがちゃんと通用して一安心でした。

2005年 9月12日(月):これにもヒマワリ

これにもヒマワリ  今春札幌市医師会報・札医通信4月号の「ひと声通信」でホームページのことを紹介して、日本一のエゾリスのページを目指すと書きました。
 その後、白石区の担当の先生が私のホームページを見て、9月10日発行の「札幌市医師会白石区支部だより」の表紙とカットの写真提供を勧めて下さいました。夏ならヒマワリと、昨年撮った北竜町のヒマワリの写真を自薦した次第です。
 他に、円山公園のシマリス、洞爺湖のコブハクチョウの親子、エゾリス(貰えない君)がカラーでカットに使われています。ヒマワリも含め、すべて 壁紙プレゼント にある写真です。お時間ありましたら覗いて下さい。
 なお、表紙写真の個人名を特定できるところには、ぼかしを入れました。

2005年 9月11日(日):地物愛好

顔が入ります  午前中公園に行きました。晴天なのでかえって園内は、樹木の影になって暗いです。エゾリス3匹に会いましたがぶれぶれの写真が殆どでした。
 これは2匹目のリスで、あげた餌を比較的明るいところで食べてくれました。
 カリフォルニアクルミの殻に鼻先を入れています。
 昨日のリスは耳に傷がありましたがこちらにはありません。

オニグルミを4個も  帰り際に若そうなリスに会いました。餌を見せてもキーキー言いながら逃げて行きました。
 少ししてまた見かけたので追いかけたら、青いオニグルミをいくつも咥えています。
 遠くてぶれていますが、この写真で確認すると4個も持っています。園内にはオニグルミの木が何本かあって、実も大きくなって来ました。

2005年 9月10日(土):久しぶり

「美味しいよ」と言ってる訳ではありません  先週は土日の仕事があって、久しぶりに昨夜函館へ帰りました。
 昼前公園に行きました。地物のオニグルミを食べ終えたエゾリスにカリフォルニアクルミを見せたら、手から取って行きました。すぐ近くの木の根元で食べ出しました。こっちを見て、「美味しいよ」と言ってる訳ではありませんが、そんな風に見えます。

親子キジ

 午後は七飯町にマリーゴールド畑を見に行きました。本館の花を訪ねてで紹介しています。写真は HTBの北海道花情報 に投稿しました。
 キジの親子が畑にいるのを見つけました。お母さんと6羽の子供でしたが、遠くてこんな証拠写真しか撮れませんでした。キジのオスは何度か見ましたが、メスや子供は初めてです。

2005年 9月 7日(水):シマリスかい

労働衛生のしおり 平成17年度  写真は中央労働災害防止協会の編集・発行による「労働衛生のしおり」(平成17年度)です。
 小さい本ですが400ページあって、最近の法令・通達や種々データなどが載っています。昨年度のデータになりますが、例えばある特殊健診を何人受けて、有所見(異常)は何人だったということも調べられます。保健師コースの講義の副読本にも使うくらいのベストセラーで値段は税込み588円です。

 8月17日に発行されたばかりですが、初めて見たときから表紙の写真に何やら違和感を感じます。シマリスだ、と皆さんが言うのですが、模様が少し違うような気がします。表紙の説明はありません。
 ちょっと丸いし、クルミをいじっているのも変ですよね。

2005年 9月 6日(火):白い空

白い空  台風14号が九州に上陸しました。大きくて遅くて、被害も大きくなります。
 被害を受けた方々に心からお見舞いを申し上げます。
 関東や東北は秋雨前線もあって雨ですが、札幌は雨は降りませんでした。ただ空全体が白く印象的でした。山影は恵庭岳です。
 薄い雲が張っているようで明るいのですが、巨大台風が近付いているので、不気味な感じがします。明日は雨の予報です。

もどる 次へ

本館に戻る 掲示板[通常入門画像 別館トップ 写真絵日記
ミニ探訪 ミニ薀蓄 壁紙プレゼント 別館について