別館


写真絵日記


2005年 5月13日(金):JRの市電

JRの市電  昼休みを函館山の近くで取りましたので、宝来町電停へ市電を撮りに行きました。啄木の歌に出てくる青柳町の一つ手前になります。
 最近出来た、JR北海道の特急を描いたラッピング車輌が来ました。こちらから見ると振り子特急の「スーパー北斗」で、反対側は緑色の盛岡行き電車特急「スーパー白鳥」になっています。
 航空会社のものはよく見ますが、鉄道会社の宣伝のラッピング車両は珍しいと思います。
 背景に函館山を入れようとしましたが、難しいもので、他の市電でやっと撮れました。

コムクドリのペア  金曜日で、スタッフが札幌へ特急でで帰るので、15時過ぎ仕事が終わりました。
 家内と真っ直ぐ公園に行きました。約束した訳ではありませんが、昼に函館入りした相互リンクのSL STORYさんご夫妻と、下の駐車場でお会いしました。オシドリのオスが2羽いて、飛んで行ったと教えられました。念のために見に行くと2羽が戻っていました。ドングリを食べていたようです。
 一応、目の写った写真が撮れたのは、オシドリ、コムクドリ、キビタキ、メジロ、ツツドリです。写真はコムクドリのペアで、右がオスです。左のメスは頭を木にこすりつけているように見えます。
 明日は朝早く来ようと思いました。

2005年 5月12日(木):ありがとう 13万ヒット

オオルリ

 昨日2005年5月11日午後8時過ぎ、本館のカウンターが13万ヒットとなりました。ひとえに見に来てくださる皆様のおかげと深謝しています。
 切り番を踏んで下さったのは、アクセスログによると神戸市のケーブルテレビのネットワークから接続された方ですが、ご連絡はありませんでした。ささやかな記念品は用意してあるのですが、大々的に書いてないから気付かないのですね。
 本館の更新は滞りがちですが、来月にはもう少し多く、新ページをアップできると思います。今後も宜しくお願い致します(写真は5月8日撮影のオオルリです)。

2005年 5月11日(水):夕陽のオオルリ

アオジ  午後4時過ぎに、家内の迎えの車で真っ直ぐ公園へ行きました。
 今日の狙いはオシドリやオオルリなので、公園の下(裏側)の駐車場に車を置きました。子供たちがタモで水の中をすくっているので、聞いたら、ドジョウやカエルの卵が採れると言っていました。人が多く賑やかで、オシドリは期待できません。
 池の上の木でアオジが鳴いていました。遠いので鮮明には撮れません。

夕陽のオオルリ  公園まで上がってみましたが、オオルリのオスにもエゾリスにも会えません。シジュウカラが随分たくさんいて、大声で鳴いていました。5時も過ぎて、諦めて帰る途中、前回オシドリのいたところにもう一回行ってみたら、オスのオオルリがいました。
 何枚か撮らせてくれましたが、じきに公園の方に上がって行きました。
 夕陽の中のオオルリです。今年はまだチャンスがあるかも知れません。

2005年 5月10日(火):八雲町梅村庭園

入り口の外観  最近八雲駅やホテル、お店などの施設に梅村庭園のポスターが貼られています。
 今日健診会場だった八雲町公民館の隣でしたので、霧雨が降っていましたが昼休みに覗いて来ました。
 ここは、故梅村多十郎氏が明治末期から昭和初期にかけて造成した池泉回遊式庭園で、池の周囲に自然景観を取り入れた築山、枯れ山水、自然林に模した樹木などが配置されています。昭和58年の八雲町指定文化財です。

梅の花  平成13年八雲町が購入し、14,15年と整備しました。
 中にある梅雲亭は、明治45年に建てられた旧梅村家住宅の離れや蔵を利用し、2つの建物をつなぐように建てられた、庭園見学の休息施設です。
 新たに建てられた建物には、旧梅村家の欄間・座敷飾りなどがそのまま利用されています。(八雲町HPの観光スポットから引用しました。)
 梅の古木があって、幹についた一部の花が咲いていました。

山桜  入場無料でお茶なども置いてあります。
 小さい庭園ですが、北海道では池泉回遊式庭園は珍しいです。
 今は山桜が咲いていました。もらったパンフレットによるとツツジの種類が多いようで、ツツジが咲いているときと紅葉のときの写真が綺麗です。

 毎週月曜と冬期間(11〜4月)の祝祭日、年末年始が休館です。和室を有料(学習とかの利用内容では無料)で借りることも出来るそうです。
 梅雲亭(電話 01376-2-2976)または公民館(電話 01376-3-3131)にお問い合わせ下さい。

2005年 5月 9日(月):今金町のオランダ風車

今金町の風車  昨夜八雲に入って、掲示板に書いたように新しいビジネスホテルに2泊します。部屋にLANの端子が来ていて、LANカードとケーブルを持参したので無料でインターネット接続が利用できます。
 今日は山を越えて今金町の2ヶ所と戻って八雲町の1ヶ所で健診でした。
 一年前の絵日記でとり上げた今金町のオランダ通りの風車です。詳しくはそちらで。今回は左右を少しだけ入れてみました(殆ど同じ)。チューリップの花壇はまだまだです。

2005年 5月 8日(日):オ、オ、オシドリが

オオルリ  曇空で気温も低目でしたが、風も無く明るいので9時頃公園に行きました。
 今日もオオルリが何羽かいました。メスもチラッと見たけど逃げてしまいました。今日一番上手く撮れた写真で、50%縮小をトリミングいしています。花が咲いていれば最高ですね。

お馴染みさん  常連のS田さんがリスを撮っていたので、近寄って、餌を貰いに来る2匹のリスにクルミをあげると埋めてしまいます。
 頂いた情報は、クマゲラは声は何回か聞いたが、番(つがい)を一度見たきり、子リスは運ばれているのを2匹見たが、まだ歩いているのは見ていない、崖の方に行けば、オオルリが通り過ぎて行く、などでした。

樹上のオシドリ  グランドの所から崖を降りていくと確かにオオルリやアオジがいました。野草も色々咲いていました。
 人家などがある下まで降りると、何とオシドリのオスがいるではありませんか。最初は地面にいたのですが、私に気付いて枝へ飛んでいきました。追いかけて何枚か撮りましたが、メスは見られませんでした。
 ここでオシドリを見たのは初めてです。幸運な2時間でした。

2005年 5月 6日(金):行く鳥、来る鳥

アトリ  午前中は親しい眼科を受診して、老眼が進行していることを教えられました。危ない病気はなかったです。
 午後は運転免許の更新をしました。勿論30分講習なので、終わってから家内と公園に行きました。
 黄色い色が見えたので、キビタキかと近寄って撮ったら、アトリでした。まだいるのですね。

桜とオオルリ  オオルリのオスが2羽いました。メスは撮れませんでした。
 追いかけて桜に止まったところを撮れましたが、ピントが前の桜の花に合ってしまいました。

 オスメス撮った2003年5月18日の絵日記

松の木のオオルリ  松の枝にも止まってくれました。風が強くて夕方だったので、余り警戒心が強くないもかも知れません。
 もっと良いチャンスもあったのですが、人や犬が散歩していて、逃げられます。
 顔が濃青なので、目がうまく写らない・・・
 これは少し日本的な光景です。

杭のオオルリ  これが一番うまく撮れました。
 柵の杭に止まってくれました。一度地面に降りたのですが、また戻ってくれました。
 頭や羽の先がこういう風になっているのを初めて知りました。
 目が大きくて、幼い印象がしますね。

 飛び立ったところなど、今日はたくさんオオルリのオスを撮れました。リスはいなかったけど、風の強い夕方の公園に行ったかいがありました。

2005年 5月 5日(木):子リスを運ぶ

子リスを運ぶ  今日は7時過ぎ、公園に行きました。私達としては早い方ですが、今日お会いしたUさんは殆ど毎日6時頃来るそうで、家内がお話したら今日はいっぺんに6匹に出て来たそうです。その後リスたちはバラけるようで、私達は何ヶ所かで計5匹に会いました。
 5匹目がこのリスで、最初は杉の木の穴から出て来て私達から餌をたくさん貰って食べました。乳首や体型から出産後のお母さんリスです。お腹が空くのですね。
 そのうちに別の木の穴に入って子リスを咥えて出てきました。これは家内の撮影です。
 そして先に顔を出していた穴に子リスを押し込みました。一連の経過は近々まとめたいと思います。
 Uさんのお話では他に2匹出産したそうで、子リスも見られそうですね。

山には雪が  その後、五稜郭公園に桜を見に行きました。
 昨夜のNHKのニュース10のお天気でとり上げられて、私が昨日書いたと同じく6〜7分咲きと言っていました。
 函館周辺の山は低いですが、ご覧のようにまだ雪があります。

外堀の桜  堀の外の桜のほうが小さいせいか、日当たりが良いのか、先に咲くような気がします。
 これは堀の外の桜です。ソメイヨシノが1600本と言います。
 今日は7分咲きになるのでしょう。別の一枚を HTBの北海道花情報 に投稿しました。

2005年 5月 4日(水):お山2題・その2

ニセコアンヌプリ  国道5号線を通って函館へ帰りました。小樽、余市、倶知安経由で長万部で国道37号が合流して来ます。
 写真はニセコの道の駅を過ぎたあたりで撮ったニセコアンヌプリです。青空が本当に五月晴れでした。
 肉眼ではリフトなども見えますが、このサイズで判るでしょうか。

羊蹄山  連休中日で何処も混んでいて、道の駅も蘭越のふるさとの丘に寄っただけです。今年もマンネリですがスタンプラリー(今年から参加料が100円かかります)始めています。
 写真は蘭越町から撮った羊蹄山です。やはり最後まで、笠雲が取れませんでした。

 函館は五稜郭公園のサクラが6〜7分咲きでした。明日でも花見に行こうと思います。

2005年 5月 3日(火):定例コース

飛ぶマガン  今年はまだマガンが宮島沼に残っていて、朝早く飛び立つところと、夕方塒(ねぐら)へ帰るところが見られます。
 天気が良くて風のない日は、多数が昼に休息に池に戻って来ることは、本館の野生動物・野鳥編の「飛翔 宮島沼2003春」に書きました。
 今日は予報では風が弱いはずでしたが、強風になりました。昼前に宮島沼に近付くと、池に戻って来るガンは少しだけです。

宮島沼  案の定、池には少しのマガンしかいません。遠くの水面い浮いている群がそうです。
 岸辺にはハクチョウとオナガガモが見物客から餌を貰っていますが、勿論ガンは人のそばには来ません。



ハチ  毎年、宮島沼へ来た時は、浦臼町の浦臼神社へエゾエンゴサクを見に行っています。
 今年は丁度いい時期に来たようで、青い絨毯のようになっていました。
 エゾエンゴサクの群生写真とカタクリと混ざったところの写真を HTBの北海道花情報 に投稿します。
 自分としてはうまく撮れたので、花を訪ねての短編版に「浦臼神社のエゾエンゴサク」としてまとめました。

もどる 次へ

本館に戻る 掲示板[通常入門画像 別館トップ 写真絵日記
ミニ探訪 ミニ薀蓄 壁紙プレゼント 別館について