別館


写真絵日記


2006年 9月30日(土):何ウサギ

何ウサギ?  昨日は朝9時から午後3時過ぎまで、個人情報保護の公的資格取得のために、外部認証機関による現地調査を受けました。2年近くかけて準備して来ましたから自信は十分ありますが、最初にトップインタビューを受けねばなりません。コンサルタント会社から模擬インタビューをして貰って、こんな質問があってこんことを答えるよう教えられていましたが、ほいほいと言う気分ではないです。所内の巡回もあって、職員たちもピリピリでした。

 夜は協会ののコンピュータシステムのお世話をして貰っている会社の社長さんたちが東京からみえて、お相手をしました。ご馳走様でした。古いコンピュータからガンダムまでの話が出て楽しかったです。
 疲れていたので今日は朝寝をして、夕方まではのんびりデーにしました。明日は円山公園に行く予定で、今夜は本館の更新も出来そうです。
 写真は先の旅行中、滝上のハーブガーデンで家内が玄関の棚の上に飾るよう買ってくれた瀬戸物のウサギです。庭に置くものだと思います。後ろ足が小さいので、ユキウサギ(ノウサギ)ではなく飼いウサギ(アナウサギ)と思います。ラビットですね。

2006年 9月29日(金):季節外れ

表紙  8月31日の絵日記「色校正」で、札幌市医師会の白石区支部だよりの写真の色校正をしたことを書きました。発刊が遅れたそうで今日届きました。年一回の発行で、今号は23号、68ページあります。
 表紙は今年5月16日(撮影日間違っているのに今気づきました)に円山公園で撮ったチューリップです。壁紙サイズの原図 がクリックで開きます(画像掲示板に投稿したあったものです)。赤の発色が気に入って表紙に選びました。
 昨年から表紙に私の写真を使って貰っています。2005年9月12日の絵日記「これにもヒマワリ」 の方が季節に近かったですね。
 また来年使って貰えるなら、秋の写真を考えます。
 なお、私以外の個人名にはぼかしをかけました。

2006年 9月27日(水):いつもの紅葉

大通公園の紅葉  札幌の大通公園の西2丁目に、飛びぬけて早く紅葉するカエデがあります。
 2003年9月9日に北海道花情報 に投稿しています。そのときは場所を西1丁目と間違えて書きました(花情報は2002年に始まりました)。
 それから味を占めて、2004年にも投稿しました。
 今年もすでに一度撮ったのですが、赤くなり方が気に入らなくて没にしました。今日は近所で仕事だったので、昼休みに撮って来ました。北米産のサトウカエデと言い、カナダ国旗のデザインになっています。
 この写真は時計台を背に撮り、噴水を画面の端に入れています。これよりもっと紅葉が大きい写真を、後ほど HTBの北海道花情報 に投稿する予定です。

2006年 9月26日(火):コスモスの表紙

今月の表紙

 今日 会社のホームページ の表紙が更新されました。
 8月28日の絵日記「去年丸加にて」で原図を紹介していますが、本来の横サイズは780ピクセルです。横長にトリミングしてない写真は、本館の花を訪ねてにあります。ちょっと色が地味だったかも・・・
 今年の丸加高原は花の咲き具合が思わしくないようです。

2006年 9月25日(月):ポトスの黄葉

ポトスの黄葉  最近札幌の部屋で鉢植えにしているポトスの葉が時々黄色くなるものがあります。
 このポトスの元は、もう10年以上前に大沼のフラワーセンターで買ったものだと思います。枝を切って水差しにして置けば根が出て来て、土にも植えられます。
 光合成の関係で明るいところだと葉の緑が薄くなり、暗いところに置くと濃い緑になります。
 黄葉、調べてみました。日に当てすぎると日焼けして黄色くなるそうですが、室内から出していません。病気なのでしょうか?
 左後の蛙は家内の趣味ですから気にしないで下さい。

2006年 9月24日(日):米は嫌

怒る  朝から函館の近所の公園に行きました。秋らしい天気です。
 最初に東屋の方で私が見つけたリスは近寄って来ず、木に上がって怒り声を出していました。枝をなめたり、枝に抱きついたり、何か煩悩があるような様子でした。

プランターリス  道路側の公園と隣接する家には給餌台があって、よくリスが来ています。
 今日もまるまるとしたリスが来ていました。本館エゾリス編の「登る君」に出てくる「プランターちゃん」かも知れません。
 大きくなったせいかプランターには入らず、外から食べていました。写真を撮りながら私が見ていると、気になるのか時々プランターから離れて、近くの木に移動していました。この後、プランターにまた戻ります。
 きりが無いのでそのままにしてここは立ち去りました。

稲穂は食べません  家内が見つけたリスが餌を貰いに来るので、先日の道東旅行で行った呼人のリスパークから買って来た稲穂を差し出してみます。何度か試みましたが、草でも見るように無視していました。
 手の匂いを嗅いでいるのだと思います。クルミの匂いがすればチャンスな訳です。
 9月17日の絵日記のシマリスとは違いますね。

こちらは私の手  これは上とは別のリスで、手は私の手です。
 クルミはすぐ埋めに行ってしまうことが多いので、呼人で買った餌の袋に入っていた、ヒマワリの種やトウモロコシなどをあげました。じっくり選んでいるように見えますが、すぐに取って、目の前で食べます。そんなにクルミを用意しなくても良いのです。
 今日は公園内のあちこちで6,7匹のリスを見たように思います。餌を貰いに来るのは半数です。

2006年 9月23日(土):赤い靴の母

開拓の母  函館へ帰るのに中山峠を越えました。丁度お昼になったので、留寿都村の 道の駅「230ルスツ」に寄りました。
 野菜の直売場が賑わっていますが、裏が公園になっていて、写真の「開拓の母」の像があります。上記ホームページに「赤い靴公園」のことが載っていますが、この像は赤い靴の少女「きみちゃん」のお母さんです。

ポテトカレー  留寿都村はリゾートで有名ですが、野菜の産地で、直売場ではたくさんの種類のジャガイモや野菜を売っています。南米ペルー原産のヤーコンやヤーコン茶もありました。
 道の駅のレストラン「北のあかり」でポテトカレーを食べました。ジャガイモはあげてあるのかパリパリしています。少し辛目でした。ヤーコン茶が無料で飲めます。

仲良し  いつも馬と羊蹄山を絡めた写真を撮る豊浦の牧場の光景です。
 今日は羊蹄山は笠雲を被ったままで、こちらの馬は曇っていて暗いので、シャープな写真ではありませんが、何枚か面白い写真も撮れました。
 これは今年産まれの若い馬のようです。とても好奇心が強くて写真を撮っていると近寄って来ます。

2006年 9月22日(金):生き延びて

留辺蘂町  後出しですが、9月18日の絵日記の鹿出没注意の看板と同じところで撮った、北見市のカントリーサインです。
 カントリーサインとは市町村境界標識で、北海道ではその場所に似合った絵柄を使ったものが、全市町村(平成の大合併が始まる前は212市町村だったのが、今日現在は180です)揃っています。

市町村合併のページ(北海道庁発)

 カントリーサインに関しては本館の北海道の旅のページにあります。その中で キツネの絵柄 は留辺蘂町しかないと書きましたが、今年の3月5日に留辺蘂町は端野町、常呂町と共に北見市と合併して北見市の一部になりました。
 温泉に入ってご機嫌なキツネはもう見られないと思っていましたが、こんな風に生き延びていました。何となく嬉しくなってここでご披露致します。

2006年 9月21日(木):車窓観光

小樽運河  午前中は小樽市内の製缶会社の3日目の健診でした。小樽へは高速道路があるので、7時45分の出発でした。ただ早く開始する(空腹で待たせないため)胃検診車は1時間早く出発しています。
 3日目なので早目に終わったのですが、食事は午後の健診に備えて札幌へ戻ってとるため、どこにも寄らずに帰ります。せっかくカメラを持って来たので、バスの窓から運河を撮りました。まるで車窓観光ですね。

人力車  運河の橋のたもとには相変わらず人力車がたくさんいます。
 記念撮影(だけ?)している人が多いです。写真の人力車は最近函館でも営業を開始した 人力車のえびす屋 のものです。
 「もう一社あるのですよ」と聞かされて、帰ってから調べましたが、小樽人力車倶楽部というのが老舗のようです。ホームページは持ってないようなので、詳細は判りません。料金は一人で乗って2000円、二人なら3000円のようです。

2006年 9月20日(水):山の中

先導するバン  昨日は台風が近付いて荒れていて、夜まで会議もあって絵日記をアップ出来ませんでした。
 今日明日は特殊健診のバスで市内と小樽の巡回健診です。今日は3時頃までは市中で健診でしたが、最後は写真のように先導するバンがどんどん山の中に入って行きます。初めて行く運転手さんに熊が出るかも、と教え?ました。

山の中  行先は真駒内スキー場の奥の、空沼岳という山の登山口にある採石場で、ここは札幌市南区です。
 じん肺健診などもあるので、特殊健診のバスが担当で、私も2,3回来ています。健診会場の建物の窓からの眺めです。まだ台風の名残の雲が多く、少し紅葉が始まっていましょうか。
 写真の一番高い山は無意根山で、空沼岳は左手に当たり見えません。両山とも学生時代に登っています。

もどる 次へ

本館に戻る 掲示板[通常入門画像 別館トップ 写真絵日記
ミニ探訪 ミニ薀蓄 壁紙プレゼント 別館について