別館


写真絵日記


2007年 7月25日(水):ここだけの標識?

道央道のキツネ注意  午後車で札幌へ向かいました。7月16日の後志地方の海岸の道の駅3駅に次いで、今日は内陸でスタンプを押してない3駅を訪ねます。
 道央道の今の終点八雲と国縫の間に、写真の動物注意の警戒標識があります。高速道路や道道には国道と違った図柄がありますが、このデザインは初めて見ました。

ニセコの道の駅から見た羊蹄山  函館は快晴でしたが、進むにつれて曇って来て、蘭越町から見え出す羊蹄山は雲の中でした。
 写真は ニセコ町の道の駅〜ニセコビュープラザ の駐車場から見た羊蹄山で、これが今日一番よく見えた瞬間です。
 ニセコの道の駅は農産物の直販が人気があって土日はとても混んでいます。

真狩の道の駅の細川たかし展  真狩村は演歌の細川たかしの出身地で歌う銅像?などがあります。
 ユリがシンボルで、道の駅になる前の真狩フラワーセンターや世界のユリ園には何度か花を見に来ました。真狩村の道の駅〜真狩フラワーセンター は細川たかしのトロフィーやパネル、ステージ衣装の展示会を開催中でした。

道の駅名水プラザ  京極町のふきだし公園は日本名水100選(北海道では3ヶ所)の一つです。詳しくは本館の旅のページの「名水・湧水」をご覧下さい。
 そのページに 京極町の道の駅〜名水の郷きょうごく になる前の名水プラザの入り口のこれと同じ写真があります。今年5月1日にオープンしたばかりの道の駅です。
 花の写真を2枚、後程 HTBの北海道花情報2007 に投稿します。

2007年 7月24日(火):函館西部地区

上は函館山、下は健診バス  午前中の健診先はは函館西部地区の八幡坂の一番上でした。隣がハリストス正教会です。

 湯の川地区や五稜郭地区、函館駅前地区(大門と言います)などに対して、函館山の裾にあたる十字街より西を西部地区と言うのだと思います。ロープウェーや教会群、多数の坂道があります。

 写真は健診先で撮ったもので、バスは35号車です。一番上は函館山の山頂です。
 斜面に建物があるので、健診会場の体育館は写真の一番上の建物で、ここまで荷物を持って運び上げます。心肺機能に良い仕事をしています。

旧函館どっくのクレーンとフェリー  見晴らしが良いので、健診が始まる前に廊下の端などから写真を撮らせて頂きました。
 赤と白の門のようなものは前に函館どっくで使っていたクレーンです。函館港のシンボルのような存在ですが、取り壊す話があることは、今年4月10日の絵日記 に書きました。フェリーと駒ケ岳が写っています。

メモリアルシップ摩周丸  港に係留された大型の船は青函連絡船だった摩周丸です。メモリアルシップ摩周丸 は博物館になっていて、今は函館市が所有し、民間管理者が運営しています。
 湾岸道路の巴大橋や新五稜郭タワーが見えます。これとは別の 壁紙サイズの写真(←クリック)を画像掲示板に置きました。

八幡坂を下る健診バス  少し観光をしようと西部地区に残りました。
 八幡坂を下っている35号車です。結構きつい坂で、暮らしている方は大変と思います。
 真面目に西部地区の観光をしたことが無いので、たくさんの坂の名前が覚えられません。こうして港を見下ろした構図に、市電が写っている写真は撮りたいです。

2007年 7月23日(月):天気は好いけど

大沼と駒ケ岳  昼過ぎ大沼公園に行きました。トンネルを出て車中から撮った駒ケ岳です。今日は晴れて明るいので、一昨日の紅い鳥が撮りやすいと思ったからです。
 同じ考えの人が多かったのか、孵化の情報が広まったのか、前回の倍のカメラマンがいました。
 昼は2時間くらい巣に来る間隔が開く、40分前に来たとのことでした。27℃ありましたが、風があって涼しかったです。30分待ったらヘビをくわえて現れました。撮ろうとしたら風で木の枝が動いて、葉っぱで巣穴が完全にさえぎられてしまいました。

ブルーベリー  庭ではカリンズの他に、最近はラズベリーとブルーベリーが収穫時期になって来ました。熟したものを順に収穫して冷凍保存します。
 写真は隣家の庭側から見た我が家のブルーベリーです。こちらは見ていなかったので熟した実がたくさんありました。まだまだ青い実が多いので、これから楽しめます。

2007年 7月22日(日):尻尾を垂れる

クローズアップ  朝は小雨でした。止むのを待って11時頃に見晴公園に行きました。遅いし草はびしょびしょなので駄目かと思いましたが、帰ろうとしたら一匹のエゾリスが走って来ました。
 茶色がかった毛色で、よく見るリスです。こんな顔をしています。
 少し嬉しそうな顔に見えませんか?剥きグルミを貰って喜んでいます。

バッグが気になる  クルミを受け取ると、ちょっと離れた場所で食べます。満腹してくると、殻つきクルミ(2つに割ってあります)なら埋めに行きます。それが切り上げ時です。
 戻って来て、家内のバッグに手をかけています。
 このバッグは、本館の「バッグが気になる」のバッグで、クルミとヒマワリの種が入っています。匂いで判るのですね。

固まっています  カラスの鳴き声に驚くのか、そばにいる間に二回固まりました。エゾリスのページに「固まる」がありますので、意味の判らない方は是非ご覧下さい。
 写真を見ていて気付いたのですが、固まっている時は尻尾が垂れています。一番上のように餌を貰っている時は尻尾を立てています。「エゾリスの尻尾」というページもあります。

温泉ザル  午後は晴れて26℃と暑くなりました。
 久しぶりに湯の川の 函館市営熱帯植物園 に行きました。NPO法人函館エコロジークラブが運営するようになって、足湯やプール(人間のです)が出来たり、大分変わりました。
 温泉に入るので有名なニホンザルたちも今日のように暑いと、みな日陰に入って、温泉は空でした。
 ハマナスの実が綺麗だったので、後程 HTBの北海道花情報2007 に投稿します。

2007年 7月21日(土):紅い鳥

SL函館大沼号  SL函館大沼号 が走る日なので、藤城線の高架橋(下りの特急が通ります)が七飯町の消防署の先で、国道5号線をまたぐ場所で待ちました。
 橋桁にピントを合わせて、珍しく連写にセットして、シャッターを半押し(待ちピン)で撮りましたが、思ったより速く、4枚しか撮れませんでした。空が白いのが残念です。

大沼のアカショウビン  大沼でアカショウビンが毎年繁殖していることは有名ですが、藪の中で、何時間も粘らないと見られないと思っていました。
 最近巣穴の場所を知り、見に行きました。先客は20人くらいでしたが、顔見知りもいて色々教えてくれました。餌をくわえないで巣の近くの木に止まったところです。遠くて暗いので鮮明ではありません。
 別の写真を 壁紙サイズ(←クリック)で画像掲示板に置きました。

バンの子供  小沼へカ○セミを見に行きました。ハスの花が満開で、カメラマンが何人かいて、そちらは不発でしたが、小さい池で、バンの親子を見つけました。
 前回はオオバンの親子を見ましたから、やはり大沼公園は野鳥の宝庫だと思います。子供は2羽でハスの葉の上を上手に、お母さんを追って歩いていました。指が長いです。

夢のコーン  七飯町から函館へ来るには、今では高速道路もありますが、細い旧道(国道5号線に対してこう言います)もあって、沿道で農家の人が野菜や果物を売っています。
 今は、トウモロコシや枝豆が旬のようです。東京にいる息子に写真のトウモロコシ(夢のコーン)と枝豆、新ジャガなどを送りました(明後日着くよ)。

2007年 7月20日(金):最前席

前は狭いです  月一回の通院日ですが早く終わったので、函館へ帰る列車を持っていた切符より2便早めました。
 その列車、スーパー北斗12号は12時22分札幌発、函館着15時31分と所要時間が3時間9分で、上りでは最速です。洞爺駅を過ぎると大沼公園駅しか停まらないのです。下りでは17号が3時間で走りますが、これは苫小牧駅までは東室蘭駅にしか停まりません。
 出発間近に振り替えた席なので一番前の席でした。グリーン車にしては前が狭いです。

函館駅前駐車場  函館駅までは家内が車で迎えに来てくれます。駅前広場にある市の駐車場から函館駅を撮りました。
 朝は札幌は小雨でしたが、函館は今日は降らなかったそうですが、空が真っ白です。
 ここは余り広くない駐車場ですが、駅のすぐ前で、駐車料も30分までは無料です。送迎だけなら有り難いです。

2007年 7月19日(木):野菜がいっぱい

日章旗と北海道旗  随分前から年2回特殊健診を受けて頂いている 北海道立衛生研究所 へ行きました。最近は日程が合わなくて、私は毎回は行けません。
 他の道立機関も周りにあり、日章旗と 北海道旗(2004年2月12日絵日記)がひるがえっています。
 強風を狙って撮りました。旗やポプラの様子から、風が感じられますか?

スープカレー  職員食堂の日替わり定食Aはスープカレーでした。サラダ付きで450円だったと思います。
 これはご飯が丼に入っていて、小盛を頼みました。カレーに入れても、カレーをかけても良いようです。
 札幌発祥のスープカレーは、野菜がたくさん食べられると、女性に人気があって、専門店のお客の殆どは女性だそうです。

ラベンダーとバラ  駐車場の横に小さいラベンダー畑があって、行くたびに写真を撮っています。ラベンダーは何種類もありますが、今年はうまく見頃に当たりました。バラも咲いています。
 2004年7月8日の絵日記 もこの同じ花畑でした。風がありましたが、明るくて小奇麗に撮れましたが、特殊な場所で小規模なので、花情報には投稿しません。

札幌駅のタワービル  この場所は広い北海道大学のキャンパスの北になりますが、木立越しにJR札幌駅のJRタワー(右)と北口直結の 超高層マンション(2006年7月27日の絵日記)が見えます。
 JRタワーの方が30m高いですが、共に遠くからよく目立ちます。
 豊かな緑の木々越しの高層ビル、やはり札幌は大都会だなと思います。

2007年 7月18日(水):哀れ一人っ子

3羽の若鳥  昨夜入門掲示板へカルガモの写真の投稿がありました。夕方の特急で札幌へ戻るのですが、近所だけ川を覗いて来ました。
 これはヒナと言うより幼鳥、若鳥3羽と母ガモです。ヒナは4羽いたのですが、速くて同一画面には撮れませんでした。

一人っ子  岸辺の草が動くのをよく見たら、小さいヒナがいました。これは哀れなことに一人っ子でした。
 函館の川にはカラスもカモメもいて、カルガモのヒナは絶好の餌食にされてしまいます。
 草の下から出て、移動する時には、ぴったりお母さんにくっついて泳いでいました。怖い思いをしたのだと思います。

2007年 7月17日(火):肌寒い

杉林の中  今日の健診先は北斗市(旧・上磯町)当別の山の上です。隣の山の中腹には有名なトラピスト修道院があります。トラピスト修道院については本館の旅のページの函館と道南に「ルルドのマリア」と「冬木立」があります。
 道南は杉林が多く、道央では円山に多いです。杉花粉症の方は北海道といえども油断できません。

海越しの函館山  帰りのバスの中から撮った海越しの函館山です。
 天気が悪くて、特に太平洋岸がぱっとしません。気温も低いです。昨日時点の今日の予想最高気温は旭川が25℃で、函館は16℃でした。
 これでは長袖でも肌寒いくらいで、とても半袖では過ごせません。自宅では時々暖房を使っていて、今もカーデガンを着ています。

2007年 7月16日(月):北のアジサイ寺

サクランボ「南陽」  日本海側の後志地方(小樽、倶知安、余市など)の道の駅を辿りながら、函館へ帰ることにしました。
 余市の道の駅は前に行きました。家内が娘に約束をしたサクランボを買いに仁木町観光協会のお店に行きました。地方発送をしていない農園から推薦店です。これは旬の南陽というサクランボで、佐藤錦の倍くらいの大きさです。

北のアジサイ寺  前から聞いていた共和町(岩内町の札幌側の隣町です)のアジサイ寺、明善寺(カカシ古里館向かい)を訪ねました。ホームページ では、今年の見頃は7月20日頃とのことで、やはりちょっと早かったです。
 20年ほど前に前住職がアジサイを植え始め、今では20種500株になり、近くの方から紫陽花寺と呼ばれるようになりました。

生うに丼  岩内町の道の駅〜いわない の周辺で昼食を取ろうとしたのですが、混んでいて、雷電温泉を目指しました。しかし前にうに丼を食べた店も温泉ホテルも閉鎖されていました。
 蘭越町の道の駅〜シェルプラザ・港 は博物館の貝の館に隣接します。ここの隣のドライブインでやっと14時頃生うに丼にありつきました。今が旬ですよ。

瀬棚の三本杉岩  島牧村の道の駅〜よってけ!島牧 は他の道の駅から離れた位置で、函館へ帰るルートも色々ありますが、瀬棚、北檜山、道道42号線経由で八雲町に出て、国道5号線を使って函館へ戻りました。
 写真はせたな町瀬棚のシンボルの三本杉岩ですが、たくさん出来た風力発電の風車が目立って、SFめいた光景になりました。

もどる 次へ

本館に戻る 掲示板[通常入門画像 別館トップ 写真絵日記
ミニ探訪 ミニ薀蓄 壁紙プレゼント 別館について