別館


写真絵日記


2007年 5月26日(土):エコバッグ

わんわんポーチ  昨夜から雨で、円山行きは諦めて、ゆっくり寝ました。朝寝坊できるのは滅多に無い幸せです。
 午後雨が止んだので、近所のクリーニング屋さんへ行きました。会員カードに生年月日も入っているようで、「誕生日だったから」と、写真の犬の縫いぐるみ(全長15cm)をくれました。中にバッグが入っているそうです。

トートinわんわんポーチ  トートinわんわんポーチ(このサイトが一番詳しいよう)と書いてありました。ネットで調べてみると「トート」と言うのは折りたたみ式の買い物バッグのことでした。このバッグのサイズは25×37×9cmとのことです。この商品はポーチが5種類あって、値段は1個300〜650円くらいです。
 レジで出すのはちょっと恥ずかしいかも・・・

2007年 5月25日(金):美園のリンゴ並木

美園のリンゴ並木  環状通の中央分離帯にある豊平区美園のリンゴ並木は、絵日記にも何回か取り上げ、花情報にも2回投稿しているようです。それによると リンゴ並木は豊平区役所前から国道36号交差点までの1.1キロの中央分離帯に、12品種89本のリンゴがあります。これは昭和49年に地元の人たちによって植えられたものです。
 今日は月1回の通院日で、帰りに満開のリンゴの花を撮りました。この花の品種はレッドゴールドです。

雑草状態のスズラン  国道12号線近くの道路で、街路樹の下の雑草状態の花壇にスズランが咲いているのを見つけました。あちこちの庭植えのスズランも白い蕾が目立ちます。
 雑草と混じり合い、身を寄せ合って、寒さを避けて咲いたのだと思います。
 札幌市内にはスズランの名所はいくつもありますが、これらは栽培種のドイツスズランです。在来種に比べて花茎が長いです。
 上の2枚と違う写真を、低圧縮で HTBの北海道花情報2007 に投稿する予定です。

2007年 5月24日(木):町鳥「オオルリ」

白石区役所のライラック  釧路へ4日間行っている間に札幌はすっかり春になったようです。
 勤務先の向かいにある白石区役所のライラックの紫の濃い方が咲き始めました。紫のライラックは、奥に写っている淡い色の方が圧倒的に多くて、濃い色は少ないのです。本館の花を訪ねての短編版に大通公園のライラックを取り上げたページがありますが、この濃い紫も紹介しています。
 午前中の健診が早く終わって、会社へ一度帰った時に撮りました。左側の古めかしい建物が道路を隔てた私の勤務先です。
 別のライラックの写真とコウリンタンポポの写真を HTBの北海道花情報2007 に投稿する予定です。

ヤマツツジとタンポポ  午後の仕事先へは白石区流通センター7丁目で、都合で開始を少し遅らせることになり、30分ほど待機しました。
 そのすぐ近くに、流通団地東側緑地という小さい公園があって、カメラを持って覗いてみました。一番の収穫は今年初めてコウリンタンポポが咲き始めているの見つけたことです。これを花情報に投稿する予定ですが、他にスズランの白い蕾がついたのも何本かありました。
 セイヨウタンポポは全盛期を終えたようで、綿毛だけのところもありました。綺麗だけど種子であって花ではないですね。
 5月15日の絵日記で北海道庁のヤマツツジの蕾の写真を発表しましたが、今は結構咲いていています。これはわざとらしく黄色いタンポポを絡めたヤマツツジの写真で、失敗作です。

山都町広報のオオルリ

 2007年4月11日に熊本県 山都町 の企画振興課のF原さんという方からメールを頂きました。新設合併により誕生した山都町の「町鳥」がオオルリに決定され、町の広報誌で紹介しようと写真を探していて、私のオオルリの写真(「公園のオオルリ」)に目をつけて、転載の許可を求めて来られたのです。
 公的使用なので、出所やリンクの記載は不要ですと答えて、元画像を送りました。昨日同町HPを見たら、「広報やまと」の平成19年5月号で使われていました。4月25日発行とのことです。町鳥の部位をキャプチャーして縮小しました。通常掲示板のタイトルと同じ写真です。

 今は 町の町民憲章 のページに写真があります(2008年4月24日追記)。

2007年 5月23日(水):剥製は嫌い

釧路湿原のジオラマ  前から気になっていた、釧路駅にある釧路湿原を案内するジオラマ(立体模型のようなもの)です。
 エゾシカやキタキツネは平板な板に写真を貼ったものです。タンチョウは模型です。ここには写っていませんが左の端にはキジなどの剥製があります。鳥の剥製も私は好きではありませんが、とても嫌なのは右に写っているエゾリスの剥製です。

エゾリスの剥製  そのエゾリスの剥製だけを写しました。
 誰がどうやって捕まえたのか判りませんが、エゾリスの剥製はよく見ます。ヒグマやエゾシカの剥製も多いですね。リアルなほどその動物の無念が伝わって来るような気がします。剥製を飾るのと肉を食べるのは全く違う問題だと思います。
 無邪気そうなエゾリス、本当にかわいそう。

ウサギの楊枝立て  札幌の部屋に戻ったら、家内がお祝い?に買ってくれた、ウサギの爪楊枝立がテーブルに置いてありました。現物は前に食堂で見ていましたが、青いウサギでは無かったような・・。
 興味を持って調べて見ましたら、Magic Bunny(マジックバニー)楊枝入れ、イタリアのアレッシィ社製)でした。楽天市場でも買えます

2007年 5月22日(火):夕陽を撮る

鶴居村のエゾヤマザクラ  今日は午後はフリーなので、13時30分に仕事先に相互リンクの ぶぶぶ フォトギャラリー の管理人のたきたさんに迎えに来て貰って、釧路湿原などを案内して頂きました。
 大きなヤマザクラを何ヶ所か見せて下さいましたが、最近好天続きで、こちらももう満開は少し過ぎた感じでした。鶴居村での撮影です。

ツーショット  あちこち走り回って下さいましたので、色々な動物や鳥も見ました。でもエゾシカは逃げて行くし、キタキツネは餌を探していて顔を上げません。コッタロ湿原で見つけたタンチョウは枝越しでした。
 遠くへ飛んでいって、やっと撮れましたが小さいです。アオサギがそばにいてツーショット写真になりました。

夕陽(その1)  最後は夕陽を見に、細岡展望台へ行きました。釧路町になります。大観望というくらい釧路湿原の展望が良いです。
 雲が無いので夕焼けは期待出来ないとは、風景写真が得意なたきたさんのお話です。
 眼下の川は釧路川です。日が落ちるにつれて赤みが増して来ました。夕陽狙いのカメラマンが3名来ました。

夕陽(その2)  だんだん寒くなって来ましたが、たきたさんはじめ他の方はシャッターを切りません。聞けば、もっと日が沈めば、太陽が丸く小さく見えるようになる、とのことでした。
 真面目に夕陽を撮ろうと思ったことがなかったので、そういう初歩的?なことも知りませんでした。これは沈む少し前の写真です。なかなか奥が深いです。

2007年 5月21日(月):釧路の青空

釧路駅と青空  今朝はホテルを7時出発でした。その直前の青空と釧路駅です。道東晴れと言いたくなるような青空ですが、この時期に使う言葉ではないです。午後は薄曇りで、風も強くて寒いくらいでした。
 今日からの仕事は午前中はスーパー(医師2名)、午後はハイヤー会社(医師1名)で、明日の午後は仕事が外れます。

奄美フルーツキャンディー  移動中などにスタッフからよく小菓子を貰います。低血糖には美味しいです。夕方、検査部のY際さんがくれた、酸っぱいレモンキャンディーをなめていたら、K口マネージャーが、故郷の奄美大島で買って来た、奄美フルーツキャンディー(<奄美の果物専門店@やっちやば)を勧めてくれました。
 すもも、グァバ、パッションキャンディーで、通販で買えます。

miffyのネクタイ  公表したくは無かったのですが、今日は私の誕生日です。19日に娘から札幌へネクタイを送ってくれました。右は自分で前に買った Miffy の柄のネクタイです。時たま気付く人がいますが、気に入っています。色違いか似たものとリクエストしたら、娘がネットで購入したのが左のもので、Miffyがメールを書いているようです。ちょっと目立つかも知れませんね。

ホテルのレストランから釧路港が見えます  夕飯はホテルの10階(最上階)でとりました。
 私の部屋は内陸部を向いていますが、これは海側を見ていて、釧路港がかすかに見えます。薄雲はありますが、かすかな夕焼けがあって、明日は好天だそうです。
 フリーになる午後は、相互リンクの ぶぶぶ フォトギャラリー の管理人のたきたさんにあちこち案内していただくことになっています。

2007年 5月20日(日):判りますか?

グリーン車の肘掛  11時51分札幌駅発のスーパーおおぞら5号で釧路へ来ました。この列車は FURICO283(キハ283系:1997年3月デビュー)型の振り子式気動車です。詳細は本館の旅のページの「スーパー特急の話」を見て下さい。
 スーパー北斗に多い、FURICO281(キハ281系:1994年3月デビュー)との主な内装の違いはグリーン車のリクライニングシートが電動式で、一人掛け席にはPC用電源があります。

道東道工事中  2007年1月15日の絵日記「合わせて150分」は、建設中の高速道路「道東道」の話でした。
 この写真は占冠からトマムに向かう国道と平行して工事されている(画面右側)ところです。
 この高速道路は前にも書きましたが、断念されたと思っていました。公共工事の縮小が言われているのに不思議です。

何だか判りますか  池田と本別間の湿地で、車窓から遠くに何回かタンチョウを見ました。
 今日はカメラをISO400にして、シャッター優先モードで500分の1秒にセットしましたが・・・
 列車は時速130キロで、被写体までが遠いのでピントが合いません。一応2枚撮りましたが、こんな出来でした。何だか判るでしょうか?2羽います。

ホテルの窓からの眺め  15時42分に釧路駅へ着きました。
 天気は好いですが、風が強くて、コートを着て来たのが正解でした。ホテルは駅の向かいで根室側にあります。9階の部屋から眺めたところで、線路は花咲線(根室本線)釧網線で、左側に釧路駅があります。
 今日から3泊して水曜に札幌へ戻ります。

2007年 5月19日(土):霧雨のムスカリの道

背景は駅舎  朝起きて雨が降っていなければ、円山公園に行くつもりで、6時15分に起きました。霧雨が降っていたので寝なおしです。昨日は滝川のホテルで5時20分に起きました。
 昼近くには傘の要らないような弱い霧雨になったので、JRを乗り継いで百合が原公園に行きました。今年は悪天候でムスカリの道の見頃が延びているとの報道があったからです。背景の建物はリリートレインの駅舎件食堂です。

奥までたくさん花が咲いています  百合が原公園のページは、本館の花を訪ねてに何ページ(短編版「ムスカリの道」は2003年版)もあります。別館のミニ探訪(ダリア)にもあります。
 百合が原公園ウェブサイト には「遅咲きのチューリップは来週でも十分楽しめそうです]と書いてあります。
 木立の中にムスカリの大きい花壇があり、中に島状に多種類のチューリップが植えられています。

リリートレイン  大きい公園なので、観覧列車リリートレインが運行されています。公園内に何ヶ所も踏切があります。一度は載ってみることをお勧めします。
 線路の向こうの塀の中は有料(200円)の世界の庭園です。
 十分写真を撮って、駅舎をかねる食堂で食事していたら、本格的な雨になって、傘を差して帰りました。
 HTBの北海道花情報2007 に投稿した別の写真の、壁紙サイズの画像(←クリック)を画像掲示板に置きました。

2007年 5月18日(金):ケア

ケア2007年6月号表紙  2007年4月9日 北海道医療新聞社 の 暮らしと健康の月刊誌 ケア 編集部のK田さんという方からメールを頂きました。北海道医療新聞は勤務先でもとっていますので見ています。月刊誌「ケア」は一般の方向けの雑誌で、暮らしと健康をテーマに、道内の医療機関の医師たちをメインに、様々な情報提供を行っています。
 買える場所は上記ケアのリンクに掲載されていて、350円です。

エゾシカのトップページ  メールの内容は、今年度から「ほっかいどう動物写真館」という、道内の野生動物の写真を掲載する連載コーナーを設けていて、私の撮影したエゾシカの写真を誌面で紹介させていただけないものか、というものです。
 提供者名とリンクを書いて欲しいとの条件で、許可しました。写真は3ページに7枚で、指定された元画像をメールで送りました。途中で文章の打合せを行い、本日発刊された本が郵送されて届いていました。
 次回はエゾリスの話だそうです。楽しみですよ。

2007年 5月17日(木):あい鴨丼

あい鴨丼  明日の芦別市での仕事が早いので、夕方滝川のホテルに入りました。
 ここは歴史のあるお洒落なホテルだと思います。昔はよく来ましたが、ここ2年くらいは泊まってないと思います。ネットで調べたら、インターネット接続はケーブルにモデムを借りて付けるタイプで無料とのこと。前はありませんでした。
 あい鴨料理が有名で、今日は あい鴨丼 を食べました。帯広の豚丼をあっさりさせた感じでした。

もどる 次へ

本館に戻る 掲示板[通常入門画像 別館トップ 写真絵日記
ミニ探訪 ミニ薀蓄 壁紙プレゼント 別館について