別館


写真絵日記


2007年 4月26日(木):用意万端

3種類の餌  昨日は絵日記にうちわを出して浮かれていたのを反省です。今日は昼前から冷たい雨になって、夕方は止みましたが、風がとても冷たいです。
 明後日からゴールデンウィークが始まります。前半は札幌で過ごすので、エゾリス、シマリス、野鳥用に写真の3種類の餌を用意しました。剥きグルミ(「むきくるみ」と書いてあります)だけが人用です。ペット用と違って塩分が入っていないか心配です。

2007年 4月25日(水):うちわ再登場

超高層マンション  午前中に札幌駅北口近くにある第一合同庁舎へ行きました。
 春の人事異動後に挨拶に来て下さった方に、私が函館出張で不在だったので、今日こちらから挨拶に伺ったのです。
 出勤前に通常掲示板を覗いたら、東京の松島さんが「予報通りの雨です」と書いておられました。東京は二日続きの梅雨のような天気と夜のテレビニュースで言っていました。
 札幌はご覧のような青空です。今日は風も弱く暖かかったです。合同庁舎の横は昨年の7月27日の絵日記「超高層マンション」で建設中の姿を紹介した、地上143m、40階建てのマンションです。
 青空が狭く見えますね。

去年のうちわ  夕方会議が終わって、業務部の事務室を通りかかったら、写真のうちわが筆立てに立っていました。これを登場させるほどの好天でした。
 このうちわは、やはり昨年の7月27日の絵日記「うちわ」で取り上げました。会社で初めて作った宣伝用のうちわで、今年も別デザインで作ることを今日決めました。

2007年 4月24日(火):後出し投稿

昨日投稿した一昨日撮影の写真  これは一昨日撮影して、昨日低圧縮のものを HTBの北海道花情報2007 に投稿しました。つけた題と文章は
野生化したデージー
デージーは人気の春の花ですが、生命力が強く、あちこちで野生化しています。
リスを見に行った円山公園の坂下グランドでも咲き始めていました。野生のものは白が多いですが、左の上の方はピンクです。(2007年4月22日撮影)(札幌市円山公園)」です。

HTBonLineの一部  先ほど、その HTB(北海道テレビ放送)のHPHTB online のトップページの HOKKAIDO INFORMATION の部分をキャプチャーしました。このように前日の最終投稿が縮小されて表示されています。
 普段私は撮影日に投稿しているのですが、一昨日は絵日記、野鳥編の「逃げないコクガン」作成、リンク集の更新、スライド作りと忙しく、翌日の後出し投稿になってしまいました。ちょっと気が引けます。

2007年 4月23日(月):会社の健診でも腹囲を

スライドのタイトル  メタボリックシンドロームの最新情報については、何度か絵日記でも取り上げました。
 今日の午後は産業医をしている会社で、スライドのようなお話をしました。来年4月1日から始める特定健診・特定保健指導についての説明です。
 労働安全衛生法も改訂され、会社の健診でも腹囲が計られます。

雪の山並  好天で、風も弱く暖かい日でした。札幌では久しぶりに見る青空です。
 17時頃帰宅した時に8階から北の方を撮った写真です。ズームは最大で420ミリ相当になります。
 地平線の白い高い山並は方向からして暑寒別連峰だと思います。暑寒別岳は標高1491mで、暑寒別天売焼尻国定公園に指定されています。

2007年 4月22日(日):春の斑点ちゃん

骨を食べるエゾリスと覗き込むエゾリス  今年の冬はよく円山公園通いをしました。円山近辺の四季 の yaoya さんという好い先生に恵まれたことが主因です。
 今日も6時15分に起きて、7時半に円山公園に着きました。最初に yaoya さんと見たのが神宮の木の上で骨(カラスの骨?、判りません)を食べているエゾリスとそれを覗き込むエゾリスです。

樹上の斑点ちゃん  道路を渡って登山口側に来ました。
 今日も運好く斑点ちゃんに会いました。「斑点ちゃん」というページが、エゾリスのページの札幌のエゾリスにあります。こちらをクリックすると 先月会った時の写真 が見られます。絵日記によると、今年すでに5回は会っているようです。
 おっぱいが大きい。

餌場で立つ斑点ちゃん  いつもの餌場にやって来ました。カボチャの種だけあります。落花生をあげたいと yaoya さんに言ったら、そばに行っても少し離れるだけで戻って来るから、と言われ持参のお土産を置きました。離れて見ていてすぐ餌場に戻って来ました。愛嬌のあるリスです。
 帰りぎわに新しい巣への帰宅も見られました。

お祈りシマリス  シマリスは下の餌場と登山道の第2給餌台のそばで何匹か見られました。短尾ちゃんも元気で良かったです。
 落花生の殻を割って剥いたピーナッツを頬袋にたくさん詰めます。とても面白い顔になります。苦しくて目を白黒させているような、お祈りしているような感じですが、手の手入れ後です。

2007年 4月21日(土):中島公園のカモメ

中島公園の池で餌をやる人  晴れて来たので、昼ごろJRと地下鉄で中島公園に行きました。
 大きい池があります。3月22日には凍結していました(大きい写真)。
 今日は勿論氷はありません。鳥に餌を投げ与えている人の周りには、ドバトやカラスやマガモがいますが、白くて大きいたくさんのカモメが一番目立ちます。

雰囲気有り気なカモメのペア  札幌は海からは離れていて、オオセグロカモメがいることは不思議です。
 しかし数年前からビルの駐車場の屋上などで繁殖していて、今住んでいるのは札幌産まれのカモメです。豊平川には魚もいますし、カラスと同じように雑食なので、都会でも暮らせます。
 寄り添うカモメのペアと淋しいマガモオスです。

カラスもいます  札幌産まれのカモメは海を知らないカモメです。
 海鳥なので何か哀れと感じますが、厳しい海より都会の方が住みやすいのかも知れません。
 道庁の池や月寒公園の池でも見ますし、豊平川にはいつもいます。
 この写真の中にはカモメが5匹とマガモのカップル、カラスが2羽写っています。

全開のクロッカス  公園の池と川、近所の川を探しましたが、目的の者は見つけられません。見逃しているかも知れませんが、もう立ち去ったのだと思います。
 日当たりの良い場所のクロッカスは終わって刈り込まれていましたが、少し日陰になるところでは全開でした。低圧縮のものを HTBの北海道花情報2007 に投稿しようか迷っています。

2007年 4月20日(金):古い写真

 下の写真は本館の野生動物・野鳥編の「クマゲラの鳴く森」のページのトップ写真です。2002年3月31日に初めて撮ったクマゲラです。木はブナの木で、素朴な感じがするのか、新しいクマゲラの写真がたくさんあるのに、これが人気者?です。

鳴くクマゲラ

 先月の28日、旅行会社のパンフレットを制作している新宿の会社の担当者から、登山・ハイキングに関心のある方へ無料で送付しているツアー情報誌に、この写真を借用させて欲しいとの依頼がありました。白神山地を掲載するページに使用するそうです。
 無償の商用使用なので出所を明記する条件で元データを送付しました。発行日は5月10日で、一部送って貰うことになりました。

 今月13日、北海道の委託で、事業を実施する河川の概要・災害実績・荒廃状況・環境情報・計画等を示した、リーフレット(住民説明資料)の作成業務を受けている札幌の会社の方からメールがあり、環境情報について、貴重種の写真を添付したいので、クマゲラの画像を使用させて欲しいとのことでした。同じ写真が使われます。
 公的な使用や教育での使用には条件を付けていません。出版物の該当ページを送ってくれるよう依頼しました。

2007年 4月19日(木):春を植え込み

花壇の植え込み  昨夜札幌に戻った時は寒かったですが、今日は好天で暖かいです。
 午前中は中央区のサテライトで仕事でした。昼に大通り公園を覗いて見ました。丁度春の花を植え込んでいました。
 ニュースによると今日と明日の2日間で49個ある花壇におよそパンジーとディジーを3万6千株を植えるそうです。

山は白いです  大通公園は冬中は片付けられていたベンチやゴミ箱なども整備され、いよいよ札幌も春になりました。人々が公園で休んでいます。といっても札幌近郊の山々はまだまだ雪で白いです。
 18日札幌管区気象台発表の桜の開花予想は函館で4月29日、札幌は5月6日とのことです。
 一枚目の写真の低圧縮のものを HTBの北海道花情報2007 に投稿しました。

2007年 4月18日(水):リスとカワセミ

オニグルミをくわえる  函館は快晴です。今日は予想最高気温は12℃で、東京は10℃で雨の予報でした。
 8時半頃見晴公園に行きました。初めにモミの木のところで4匹のリスに会いました。全部が手から餌を取っていく訳ではありません。カリカリとオニグルミをかじる音も聞こえました。くわえているのは地中で黒くなったオニグルミと思います。

コゲラです  カリフォルニアクルミや剥きグルミを食べている写真は、今日は発表を差し控えます。
 鳥を見にグランドの方に行ったらコゲラがいました。アカゲラも見たけど撮れませんでした。
 今年もクマゲラが数回目撃されているそうですが、私は見ていません。
 今日は前にクマゲラがいた方も探しましたが、鳴き声もしませんでした。

持っているのはクリです  庭園とはグランドをはさんで反対側の木の上にも2匹のエゾリスがいて、追いかけたり逃げたりしていました。写真のリスは自分で掘ったクリを剥いて食べていました。本館のエゾリスのページの「栗を食べる」をご覧下さい。渋皮まで剥いてから食べます。
 おっぱいが大きいです。これからお母さんになるのでしょうか?

市内の川のカワセミ  その後、川に行って、今年2月21日に「とうとう撮った!」カワセミが川岸に止まっているのを見つけました。
 すぐ逃げられることや、飛んでいるのを見ることが多いのですが、今日は3枚撮りました。川幅がある対岸なので、不鮮明で、トリミングしています(コゲラの写真も)。東京まで行かなくてもいるのですよ。

2007年 4月17日(火):水鏡 in 石神井

カワウと亀の甲羅干し  東京へ来てからだんだん寒くなり、天気も悪くなりました。朝方の雨もじきに止みましたので、石神井公園を訪ねました。ネットで調べてあったので、西武池袋線の石神井駅から先ず三宝寺池へバスで行きました。
 カワウが体を乾かしていて、亀も甲羅干しをしていました。新緑の中の水鏡が美しいです。

三宝寺池のコサギ  コサギは岸辺の暗いところにいたので、とても綺麗な水鏡が出来ました。
 三宝寺池の隣の水辺観察園では都がボランティアとカワセミの保護をしています。カメラマンは、カワセミが来るのは30分後か1時間後か、来ないかも知れないと言いました。帰りに対岸からカワセミを撮りましたが、小さくしか撮れませんでした。

餌を探すバン(家内撮影)  石神井池は三宝寺池から石神井駅の方に向かって細長い池です。
 池の端の部分にいたバンで、家内の撮影です。盛んに餌を探していましたが、撮影には草が邪魔をしています。明るいところで波紋も大きく水鏡も乱れています。
 ここからは家内と別の岸を通って歩くことにしました。

泳ぐカイツブリ  カイツブリはすぐに潜るので撮るのはなかなか難しいです。
 ヨシ原で浮巣を造れるような場所が減っているので、カイツブリの数は減少しているそうです。
 今回の旅行で、横浜市妙蓮寺の菊名池、清瀬市の柳瀬川金山調節池、そして石神井公園と鳥見を楽しみました。何とかまとめたいです。

もどる 次へ

本館に戻る 掲示板[通常入門画像 別館トップ 写真絵日記
ミニ探訪 ミニ薀蓄 壁紙プレゼント 別館について