別館


写真絵日記


2008年 8月29日(金):JR室蘭駅

手前がL特急すずらん  16時頃、4日間にわたった室蘭の製鋼会社の健診が終りました。私は荷物の大部分は朝ホテルから宅急便で送って、PCやカメラ、白衣など少しの荷物を持っているだけです。健診バスが白鳥大橋を通って札幌へ帰るので、JR室蘭駅で降ろして貰いました。
 1面2線(1本のホームに2線路)のこちら側はL特急すずらんです。

駅舎  旧室蘭駅舎は 室蘭観光協会 の観光案内所になっていて、そこのクジランはやきとりを持ったブタを吹き上げていることを一昨日の絵日記に書きました。旧駅舎は1999(平成11)年に登録有形文化財に指定されています。
 このモダンな駅舎は5代目で1997年10月1日に現在地に移転新築されたものです。

自販機の上にあった料金票の一部  室蘭本線は長万部町(函館本線が通っています)から室蘭市、苫小牧市を経由して追分や三川、由仁など空知地方の駅を結んで岩見沢駅で終ります。札幌から函館まで乗る特急は千歳線、室蘭本線、函館本線を通る訳です。室蘭の特急の停車駅は東室蘭駅で、そこから室蘭駅までが室蘭支線です。すずらんもこの間は各駅停車です。

プラットホームの端の方から駅舎側を見る  室蘭駅は上の料金表で判るようにこれより先の無い駅・頭端駅です。函館駅が頭端駅で、北海道には10駅あります。今まで絵日記で根室駅と江差駅を取り上げました。もっと時間が出来たら全10駅を巡って「北海道の頭端駅」と言うページを作りたいです。
 画面奥が駅舎で、左に線路の終わりが見えます。平面図はこちら に。

2008年 8月28日(木):カレーラーメン

カレーラーメン  仕事は毎日受診者が増えて、3日目の今日は280名の受診があり、8時から4時過ぎまで途切れずいくという状態で、しびれます。
 今日は職員食堂お薦めのカレーラーメンを注文しました。北海道では1965年苫小牧市で始まったようで、今は室蘭市がやきとりとともに市の名物と位置づけ、公式ホームページ もあります。

ホテルに欲しい設備  健診先に近い港のそばの、いわゆる 公共の宿のホテル に泊まっています。写真のような設備が部屋に付いています。
 室蘭では日頃は東室蘭の 全国チェーンのビジネスホテル に泊りますが、設備的には負けてはいません。
 こちらの方が部屋が大きいですが、街の中心から外れています。

2008年 8月27日(水):トップ写真更新

新しい別館トップ  昨夜、別館のトップ写真を更新しました。前のゴマフアザラシの写真は別館開設以来使い続けていたもので、初めて買った10倍ズーム機のオリンパス C2100UZ で撮影しました。野生動物・その他の動物編の「抜海漁港のゴマフアザラシ」で使っています。
 本館の表紙のよう更新した方が良いか、同じ方が良いか迷っていました。最近替えるべきとの意見を頂き、昨夜180度違う写真にしました。如何でしょうか?

測量山  今週は天気が悪いです。今朝ホテルの前から小雨にかすむ測量山を撮りました。ぼやーっとしていますが、山頂のアンテナ群が見えると思います。
 測量山については、2006年8月25日の絵日記 で取り上げました。標高は199.6mで、1872年室蘭と札幌間の建設道路の「測量の起点」となったことから命名されたそうです。

2008年 8月26日(火):何の旗?

何の旗?  今回の室蘭の仕事はさる製鉄会社の健診で、社員の誕生日によって年4回に割り振った夏の分で4日間続きます。受診人数が多くて、8時から16時過ぎまでかかり、昼食も社員食堂を利用させて貰いますので外出もしません。
 暗くなりかけていますが、港にあるホテルに帰って散歩に出ると、道路を隔てて見慣れない旗があります。

室蘭地方合同庁舎とエスカル室蘭  旗は写真の室蘭地方合同庁舎にありました。その右の建物に泊っています。
 右の旗は海上保安庁の旗で、左は安全衛生旗ですが、左から2本目が判りません。ネットで調べると他に国税庁、労働基準監督署、法務局支局、税関室蘭支署、室蘭運輸支局などなどが入っています。
 不明の旗は税関の旗でした。知っていましたか?

やきとりクジラン  旧室蘭駅舎は 室蘭観光協会 の観光案内所になっていて、2002年7月25日の絵日記「旧室蘭駅舎」で取り上げましたが、その頃はサーバースペースが無くて、後に削除しました。
 看板のクジラン(室蘭のマスコット)は昨日の絵日記のようにサッカーボールを吹き上げているのですが、これは何と 名物のやきとり を持ったブタです。

2008年 8月25日(月):室蘭に4泊

高速道路の新川出口  昨夜はいつものすすきののホテルに泊りました。
 今朝は7時半の出発で、西区発寒の印刷会社の健診に向かう途中、市内の高速道路を新川インターで降りようとしています。後の大きい山は手稲山です。
 特殊健診のバスで印刷会社へ行きましたが、特殊健診はなくて、胃部車が同行する普通の成人病健診だけでした。

ナナカマドを食べるムクドリ  昼食は午後の健診に備えて石狩市へ行きました。駐車場の周りには大きいナナカマドがたくさん植えられていて、すっかり赤くなった実が半数はありました。
 寒さを越えてしわしわになったナナカマドの実が、鳥には美味しいそうですが、待てないのか多くのムクドリが、時に群がって実を食べていましたが、一羽しか撮れませんでした。

診察スペース  午後の健診は石狩市花川のカソリック施設でした。診察スペースでもマリア像が見守ってくれているようです。
 受診者には80歳くらいの高齢の方や、白人の年配の方、アジア人の若い方などがいます。コンピュータの過去歴によると前から協会で健診を受けてくれていますが、私が担当するのは初めてです。「太りましたね」と言うと「食べ過ぎた〜」などと答えるのは一般の方と同じです。
 最後に受診された責任者の方から、「腫瘍マーカーなどを追加しているが、毎年何人かの高齢の神父がガンで亡くなります。先生、良い考えは無いでしょうか?」と聞かれました。「年をとると3割位の人がガンで死亡しますので、ある程度は仕方が無いことと思います」と答えました。

室蘭市のカントリーサイン  15時過ぎに終って、高速道路で室蘭に向かいました。4泊します。樽前サービスエリアで皆でソフトクリームを食べようと思ったのですが、コンビニになっていて、普通のアイスクリームしかありません。非日常性が魅力の旅に日常性が入り込んで来るようです。
 左が高速、右が一般道の室蘭市カントリーサインは文字以外は同じですね。

 20時頃、別館のカウンターが10万ヒットに達しました。これからも更新していきますので、宜しくお願い致します。

2008年 8月24日(日):液晶ディスプレー

書斎のPC

 私は5月までタワー型PCには年代物の17インチCRTディスプレーを使っていました。画面の解像度は1024×768ピクセルです。6月に函館へ帰るに際し、写真右の19型液晶ディスプレーに買い換えました。NEC LCD 191VXMです。17型でも良かったのですが、購入先のNEC Directにはスピーカー付では17型、18型はありませんでした。今は画面解像度は1280×1024ピクセルで使っています。
 写真左のノートPCはNEC LaVie GタイプJで、2005年発売のモデルです。こちらでホームページの更新をしています。画面は14.1インチで、解像度は1024×768ピクセルです。無線LAN内蔵なので、居間でも書斎でも使えます。

VALUESTAR  同じく6月に購入した家内のPCはNEC VALUESTAR GタイプNで、2008年発売のVistaモデルです。
 画面は17型ワイドで、解像度は1440×900ピクセルで使っています。デイスプレーの裏に本体が入っています。こちらも無線LAN内蔵にしましたので、家中どこでも使えます。画面の中央のエゾリスは家内の撮影で1024×768です。

三脚  今回PC(ディスプレー)の写真を撮るに際し、何年かぶりに三脚を使いました。純正品のシャッターリモコンDMW-RS1がカメラにぶら下がっていますが、大分前に購入して初使用です。さすがにぶれません(当たり前)。この写真は家内のカメラを借りて撮りました。
 今日は夕方の特急で、札幌へ行きますので、早目に絵日記をアップします。

2008年 8月23日(土):タッチパネルで注文

タッチパネル式回転寿司注文システム  8月2日の絵日記で函館の回転寿司の話を書きました。ひゃくまる改め 回転寿司 すしまる はフレスポ函館戸倉店で10店になりました。全皿120円です。そこではタッチパネル式オーダーシステムで、新幹線がお皿を運んで来ると聞いて、遅ればせながら昼に行きました。
 タッチパネル最下弾中央は「店員を呼ぶ」です。

マグロを2皿注文  店員さんに同時には4皿しか注文できないとの説明を受けました。最初にマグロとヤリイカを2皿ずつ注文しているところです。見やすいシステムです。
 後で調べてみると、このようなシステムは本州に多数展開するか○ぱ寿司が多くの店舗で採用していて、函館ではすしまると同一会社の他の一店でも使っているそうです。

特急レーン  注文したお皿は2連結の新幹線が運んで来ます。これは専用のレーンを使っていて、「特急レーン」と言っていました。注文者のところでピタリと停まりますが、赤いボタンを押さないと帰らないと言う、ちょっとローテクな部分もあります。
 4皿しか同時に運べないのだと思いました。合い間にはゲームも出来ますがパスしました。

暖房始動  夕方から雨の予報で、本曇りで風も強くてリス見も鳥見も止めました。
 午後外出した際には気温は車の温度計で17℃で、家に帰る頃には雨になりました。帰っても家の中が寒いので、とうとう暖房を入れました。家内が地球温暖化なんて嘘みたいと言いましたが、8月に暖房した記憶がありません。さすがにすぐに温かくなりました。

2008年 8月22日(金):進歩は無いよう

駒ケ岳が見えます  最近2回森町で泊ったのは、駅の正面の新しいホテルです。今回は、八雲町で泊るホテルと同じ系列の古いホテルで、大分前に泊ったスタッフは何も無いですよ、と言っていました。
 来る前にネットで検索してみると、予期せぬことにLANも温水洗浄トイレもあった、と書いている人がいました。ホテル前からの今朝の駒ケ岳です。

オオハンゴンソウ  朝一の仕事は八雲町のプラスチック船舶の製造会社です。昨日の絵日記にも書いたように、今はオオハンゴンソウが全盛です。
 昨年は8月23日に訪れて、ここで撮った写真を「風に踊る」と題して、その日の絵日記の題にしました。ちょっと気障ですね。
 今日は青空で風も無かったですが、昨年の写真は越えられませんでした。

ススキも混じる  昨年と違うと思ったのはススキが混じっていたことです。今朝も寒くて、最低気温は14℃の予報だったと思います。今年は8月なのにススキが目立ちます。
 ススキを入れて「ススキ混じり」と言う題で、花情報に投稿しようかと思って撮ったのですが、欲張って花をたくさん入れたので、ススキが目立たなくなりました。投稿も止めます。

青空  久しぶりの快晴で、大好きな青空を撮りました。青空をたくさん入れて、かつ何処で撮ったか判るようにしています。
 縦並びの健診車の前は昨日札幌から来た胃部車です。右のバンのそばの人影は健診スタッフです。
 絵日記によると昨年は八雲から特急で函館へ戻りました。今年は勿論函館へ帰りました。

2008年 8月21日(木):暖房使いました

雲のかかった函館山  朝7時に函館を出発して、先ず最初の健診場所の知内町に向かいました。
 昨日の最高気温は19℃で、今朝も雨降りで寒いです。皆のリクエストで運転のS藤さんはヒーターを入れてくれました。今秋?初めての暖房です。
 北斗市上磯から見た函館山で、雲がかかっています。右はセメント会社のコンベアです。

花の線路  知内町の次は、木古内町での合同健診です。特殊健診なので、有機溶剤、石綿、じん肺が主です。
 12時よりちょっと早く終わったので、木古内町から上ノ国町へ出る道道5号線を通って、江差町へ向かいました。6月に乗ったJR江差線の線路と時々並走します。左が線路で、とてもたくさんのオオハンゴンソウが咲いています。

れすとらん江差家のイカ刺し  江差での昼食は、少し歩いて 江差追分会館(<江差町HP)と隣接する れすとらん江差家 へ行きました。ニシンそばは温、冷とも美味しいですよ。
 今日はイカ刺し定食を頼みました。ご飯は小ライスです。函館風にダイコンの細切りに乗って、ショウガがついています。醤油をかけて、かき混ぜて食べるのが本場流です。

あくびするカモメ  れすとらん江差家の周囲の垣根はたくさんのハマナスです。その赤い実の写真を HTBの北海道花情報2008 に投稿しました。
 港を歩いてバスへ戻る途中、寛ぐカモメ(表紙にしました)を撮っていたら、大あくびをされました。仕事が終わってから森町まで走り、ホテルに入りました。今日は津軽海峡と日本海と噴火湾を一日で見ました。

2008年 8月20日(水):作業環境測定

2羽ともオオセグロカモメ  同じ会場の合同健診は今日の3日目で終わりです。明日は知内町、木古内町、江差町で健診をして森に泊ります。そして明後日夕方八雲町からJRで帰函します。
 今日は強くなったり弱くなったりはしましたが、一日雨で、最高気温は19℃しかありませんでした。窓から見ていたら水溜りでカモメが遊んでいます。

3羽のカモメ  雨が強くなっててもカモメは平気です。水鳥ですね。
 上の写真の2羽はオオセグロカモメです。しばらくしたら、もう1羽来ました。1番右のカモメがそうで、他の2羽より小柄で、クチバシの先が濃くて、足が竹色(他の2羽は肉色)です。これはウミネコです。
 種類が違うと馴染まないのか、水溜りの縁をぐるぐる歩き回っていました。

作業環境測定・評価推進運動  この会場では今回初めて、JAWE-日本作業環境測定協会-第22回 全国作業環境測定・評価推進運動 のポスターを見ました。
 遠くから見たときには STAR WARS の C-3PO が二人いるのかと思ってしまいましたが、これは防毒マスクを付けた作業環境測定士です。
 本館の「労働衛生」に「作業環境測定」と言うページがあって、「潜血反応」程ではありませんが、結構人気のページです。
 労働者が働いている場所の状態・環境を「作業環境」といい、この状態を的確に把握し、その結果に基づいて設備改善などを図るために、作業環境測定が行なわれます。労働衛生コンサルタント の試験の勉強のために、会社の作業環境測定に何ヶ所も同行させて貰いました。

もどる 次へ

本館に戻る 掲示板[通常入門画像 別館トップ 写真絵日記
ミニ探訪 ミニ薀蓄 壁紙プレゼント 別館について