別館


写真絵日記


2008年 2月11日(月):ゴイ君がいない

いつものカワセミ(家内撮影)  昨日カルガモに餌を与える年配の男性が、手すりを叩いてゴイ君が怯えて隠れました。
 心配していましたが、今日は探しても見つけられませんでした。河口まで探したので、上流か別の川に行ってしまったのでしょう。
 いつものカワセミは私も2回撮れましたが、800万画素機の家内撮影の写真を借りました。

ゆめぞうの市電  先にアップした函館市電のPart2で、べいこく号のべいこくは米国ではなく 函館米穀 です、と書いた今のラッピングです。
 市電には「ゆめぞう」と書いてあります。函館のコミュニティFM FMいるか と函館米穀が作った道南限定のブレンド米「みのりぐみ」のキャラクターが「ゆめぞう」で、新撰組と土方歳三が下敷きのようです。

今年初見のカワガラス  行きにカワガラスと飛んで行くのを今年初めて見て、帰りに橋の上から見つけました。
 昨冬はよく見て、「函館の川 2007」に何枚か写真があります。夏は山中の渓流などで暮らしていて、冬になると市街地の川へ来ることがあります。夏は鳥崎渓谷で遠くから撮ったことがあります。ゴイサギと入れ違いにやって来ました。

2008年 2月10日(日):かくれるゴイ君

こちらを見る  午前中に川へ行きました。ゴイサギは岸のヤナギの木の後にいました。川と反対の岸の堤防側です。
 身を隠しているのだと思います。
 こちらを見上げているようで、頭の飾り羽がお洒落です。飾り羽は繁殖期のオスにしかない、と覚えていたのですが間違いでした。成鳥にはメスにもあるそうです。でも、感じはゴイ君ですね。
 夜行性なので、昼はじっとしているのでしょう。

隠れてしまいました  私が上の一枚を撮った時に、年配の男性が近付いて来て、手すりをとんとん叩き始めました。ゴイ君はあせったようにゴミの下へ潜り込みました。
 珍しい鳥が怖がっているので止めて欲しいと頼んだら、カモに餌をやるので呼んでいるのだとのことでした。カルガモが集まって来て、争ってパンを貰っていました。

いつものカワセミです  カワセミは何度か見ました。逃げて近くに止まるので、撮影のチャンスをくれるのです。
 今札幌のヨドバシカメラに戻って来ている1010万画素の12倍ズーム機を使えば、もっと鮮明に撮れると思います。
 先月撮ったカワセミの写真20枚で、野鳥編に「雪のカワセミ 2008.1」を作り、先ほどアップしました。

2008年 2月 9日(土):うれしい話

久しぶりの函館のエゾリス  7時に起きて8時に見晴公園に行きました。硬くなった積雪が残っていますが、量は少ないです。
 中央まで行っただけですが、エゾリスは6匹以上は見たと思います。追いかけっこも二組見ました。
 これはお馴染みのリスです。栄養状態も良いですね。餌をあげても埋めてしまうことが多いです。カラスを気にしていました。

リス小屋復元中  管理事務所の隣に作業小屋とか資材小屋とか言っている2階建ての木造の建物があり、古いので傾いていました。エゾリスが出入りしていて、「穴から覗く」などの舞台になりました。
 道路をはさんで緑のセンターが建設されたので、壊される話も聞きました。工事が始まっていたので、作業員さんに尋ねたら、復元するとのことでした。

片足立ちのゴイサギ  9時過ぎから川へ行きました。気にしていたゴイサギは少し場所を移動しただけで、同じようにいました。離れたところにアオサギもいて安心しました。
 午後もう一回川へ行ったときのゴイサギです。片足立ちでリラックスしているようでした。
 家内が撮った 3種混合の野鳥の写真 を画像掲示板に置きました。

ウミウと思います  午後は河口まで歩きました。家内の携帯に内蔵されている万歩計はゆうに一万歩を越しました。
 河口まで行く前の堤で、「函館の川 2007」(野生動物・野鳥編にあります)ではアオサギが休んでいた場所にウがいました。
 数からするとウミウだと思いますが、少し小さいような気もします。
 人馴れしているように見えたのですが、近寄ると水に逃れて、潜るのも見せてくれました。
 カワセミも何回か撮りましたが、やはり300万画素機では厳しいです。

2008年 2月 8日(金):冬のゴイサギ

特急スーパー白鳥と特急つがる  昨日2回挨拶をしたので、今日は少し早目に抜け出して、12時16分八戸発の函館行きの左のスーパー白鳥に乗りました。スーパー白鳥については 2007年5月11日の絵日記 に書きました。シートの写真もあります。
 雪が付いていますね。隣の鮮やかな色の電車は特急つがるで八戸弘前間を走っています。

スーパー白鳥のインフォメーションボード  スーパー白鳥の車内インフォメーションボードは、時々今の位置を写真のように図で示します。スーパーおおぞらなどのFURICO283系特急(本館の北海道の旅の「スーパー特急の話」をご覧下さい)と同じです。
 上は地上を走っているときのもので、下は青函トンネル内を走行中のものです。判りやすいですね。

ゴイサギ発見  家へ帰ってコーヒーを飲んでから、川へ行きました。16時過ぎで暗くて寒かった(零度です)ですが、しばらく歩くと対岸の家内がゴイサギを見つけました。
 私のいる側からはこれしか見えません。
 昨夜札幌の電話の留守電を聞いたら、カメラが直って来たとのお知らせが入っていました。一日違いで残念です。

ゴイサギ(家内撮影)

 私も対岸に回って撮りましたが、300万画素の10倍ズーム機なので、800万画素の18倍ズーム機の家内の写真を使わせて貰います(どちらもトリミングしています)。頭の飾り羽が可愛いです。おっとりしていて、帰りも同じ場所にいました。
 ゴイサギは夏でも北海道では珍しい方で、越冬個体は散発的に報告されている程度らしいです。でも、最近函館市内で撮ったゴイサギの幼鳥がネットで公開されています。

2008年 2月 7日(木):仙台経由八戸へ

エアポートアクセス線  健診機関の全国団体の東北北海道ブロック大会があり、八戸へ来ました。
 と言っても、昼に八戸へ入れる飛行機が、新千歳からだと仙台便しかなくて、朝早い日航機に乗りました。眠いです。
 仙台空港は大昔来たときは、空港連絡バスでしたが、今はしゃれた鉄道が乗り入れています。エアポートアクセスというようです。

仙台駅のお土産売り場  仙台駅で新幹線に乗り換えます。全車指定席のはやてを少し待ちました。
 駅構内のお土産屋さんは牛タンがよく売られています。お店の色も雰囲気が出ています。私以外の同行者4名は覗きに行きましたが買いませんでした。
 宮城県は雪が無く、岩手県はあって、青森県はまた雪が無くなりました。今年は小雪だそうです。

八戸のホテルから  八戸のこのホテルは昨年も来ました。
 いわゆる公的宿舎です。午後の会議の休憩時に部屋に入って窓から撮りました。
 手前のとんがり屋根は温泉です。八戸の街が見渡せて、その先に太平洋が見えます。さすがに暖かいです。
 明日昼にスーパー白鳥で函館へ帰ります。

2008年 2月 6日(水):腹囲らん

今朝の恵庭岳  出かけないので、こんな写真が続きます。
 今朝の会社の自室からの南側の眺めです。今日は恵庭岳(中央)がはっきり見えます。いい天気で、さっぽろ雪まつりを見に来た外国からの観光客も満足したのではないでしょうか。
 上空には白い雲があります。昼頃には曇って来て恵庭岳もぼけてしまいました。

中央に「腹囲」の文字が  午後、新健診委員会から4月からの特定健診への対応についてプレゼンテーションを受けました。メタボリックシンドロームに着目した健診なので、腹回り「腹囲」測定が要ります。
 写真は新しい巡回健診用の受診票の「計測」らんです。今までは身長と体重だけでしたが、これには堂々と腹囲らんがあります。あと50日余ですね。

2008年 2月 5日(火):リファラー

白石区役所  今日は時々雪が降っていました。今日から さっぽろ雪まつり です。雪像に積もった雪を払い落とさなければいけません。最高気温-1,2℃の真冬日が続いているので、雪像が融ける心配はなさそうです。
 雪がやんだ時に会社の4階から向かいの白石区役所を撮りました。新雪は真っ白で綺麗です。風で少し舞い上がっています。

1月のリファラー

 本館には標準でアクセス解析ソフトの Webalizer が装備されています。(Webalizerの見方 <ahref.org)
 リファラーとは何所から来たか見ています。ページ数が多いので、サイト内の移動が殆んどで、リファラーは自分のページが大部分です。
 他にはサーチエンジンが入るくらいです。これは1月の上位15ですが、10位がキッズgoo、11位がYahoo!です。12月はYahoo!が上でしたが、11月は1月と同じでした。子供さんを意識して書いていますよ。

2008年 2月 4日(月):かもめの玉子

青空  好天です。最高気温は-3℃だったそうです。釧路が冬はほぼ毎日こんな感じの冬晴れで、寒いです。
 昼食に外出した時に勤務先の屋根を入れて撮りました。同じような写真を前も使っていると思いますが、そちらは多分800万画素で、今回は300万画素なのでお許し下さい。風が無いので路温は高いようで、雪が融けていました。

銘菓 かもめの卵  お茶時に当たったお菓子はかもめの玉子で、岩手県大船渡市のさいとう製菓の製造でした。大自然に遊ぶ鴎がモチ−フとか。
 お菓子で卵と言えば、釧路の松竹屋製菓のねこのたまごを思い出しました。まだお店でしか買えない時に車で行きました。
 釧路では 長谷製菓 の「丹頂鶴の卵」も有名です。卵はまだありそうですね。

2008年 2月 3日(日):寒いよー

ラッコみたいに泳ぐペンギン  円山動物園の 年間パスポート が今月末までなので、昼頃出かけました。
 今日から2月11日まで、冬の動物園で雪まつり!というイベントをしていて、結構人出もありました。氷の滑り台や自動車のチューブで滑り降りるチューブスライダーでは順番待ちの行列が出来ていました。
 ラッコみたいに泳ぐフンボルトペンギンです。

雪のニホンザル  さる山と密接した展望レストハウスは、1階と2階からさる山が見えて、暖かいので人気があります。
 窓に面した席で持参のお弁当を食べている一家もいましたが、さる山のお猿さんはさすがに寒そうです。
 おしくらまんじゅうをしているサルが多いです。これは外から撮りました。しっかり子供を抱いていれば、お母さんも温かいですね。

壁際に避難したお猿さんたち  さる山の建物側の壁際に避難しているサルたちです。この近くに入り口があって、出入りしていました。
 画面の白い汚れの様なものは、この頃からちらつきだした雪です。
 実はこの後、サルたちに落花生をあげるというイベントがあったのですが、寒かったのでその20分くらい前にバスに乗って私たちも避難しました。

新メニュー・かき天うどん  昼食は大通地下街直結の札幌シャンテ地下2階の 饂飩 四國 に行きました。ここはサテライトに来た時によく入りますし、1月14日にも寄って、絵日記に登場します。
 今日は新メニューのかき天うどんを食べました。牡蠣の天ぷらとまいたけの入った温うどんです。お猿さんいは悪いけど、おかげですっかり温まりました。

2008年 2月 2日(土):今年も健在

話し合うカップルでしょうか?  1月11日の絵日記「オシドリいない」のオシドリが来ている情報があって、午前中見に行きました。
 家内は昨夜食パンを小さく切って、準備に余念がありません。私はカメラがまだ直って来なくて、300万画素機なので、成果は期待できません。
 昨年もメスのマガモと一緒でしたが、今年もカップルでしょうか?

たくさんのカメラマン  着いて吃驚したのはカメラマンが数人いたことで、こんなことは初めてです。
 4人連れのグループはカメラ教室の仲間らしく、オシドリのことは知らなかったようです。「A別川のオシドリは逃げるので撮りづらい」など話していました。
 他に女性カメラマンが一人と、遅く来た若い女性で携帯電話で撮っていた方がいました。

体は柔らかいです  他の人にことわってから、私が橋の上からパンを撒きました。今年はオシドリは大健闘してたくさんパンを取っていました。
 争いが一段落すると、ストレッチや羽づくろいを始めました。
 とても体が柔軟で驚くほどです。何度も水を飲んでいましたから、食パンを食べるとのどが渇くのかも知れません。

居眠りをしています  疲れたのか、陽射しが暖かで心地よかったのか、盛んに居眠りを始めました。
 まぶたが下がってくるようで、そこが白くなります。
 マガモも良く眠っていますから、こうしてエネルギーの消費を少なくしているのだと思います。
 この後に飛んで近くの流れに移動して行きましたが、予想していない動きで撮れませんでした。

もどる 次へ

本館に戻る 掲示板[通常入門画像 別館トップ 写真絵日記
ミニ探訪 ミニ薀蓄 壁紙プレゼント 別館について