別館


写真絵日記


2009年11月12日(木):玄咲の龍舟麺

玄関前の荷物  隣の豊平区の自動車販売会社NP札幌販売本社の健診に7時45分に出発しました。8時30分からの予定で、8時過ぎには先方に着いて、健診バス3台を定位置に駐車させましたが、玄関が開きません。
 荷物を玄関前に置いて、担当者を待ちました。始業時間は9時のようで、8時半頃までに来た受診者も店内に入れません。

道路の先は札幌ドームです

 開始が少し遅れただけで、何事も無かったように健診が進みます。
 昼を挟んでの仕事なので、昼食は近くの ラーメン専門店 玄咲(げんさく)月寒本店に行きました。この店は好きで新発寒店にもよく入ります。
 写真の真ん中に街灯が写っていますが、玄咲の看板と札幌ドームと抜けるような青空を入れるための苦しい構図です。

龍舟麺  当店一番のおすすめ品です、と書かれたのが写真の 龍舟麺 です。月寒生まれの特製塩味ラーメンで、減農薬野菜をたっぷり使ったとのことです。
 丼の左端に写っているのは巻貝のツブです。右端には半生のタマネギが見えます。美味いですよ。
 尚、小ライスはサービスで付いて来るもので他意はありません。完食しました。

食堂の隅の喫煙所  午後3時10分からは西区発寒のT製鋼の3回の健診の2回目です。
 今回は年2回目の健診で、全員が定期健診に騒音健康診断つきでした。
 いつも来ていて、とても気になるのが食堂の隅の喫煙コーナーです。テレビのCMでも見た有名な 分煙機 ですが、煙は来なくても臭いはきついです。受診者もそう言っていました。

2009年11月11日(水):手打ち田舎そば

雪の南郷丘公園

 今日は午後産業医訪問の予定が入っていて、昼で終わるいつもの役所の健診に当別町へ行きました。
 7時15分の出発で、とても寒いです。地下鉄白石駅と会社の間にある南郷丘公園は雪が残っていて、今朝は横切りませんでした。最高気温の予想は5℃未満だったと思います。

ふれあい倉庫

 訪問先は同じ当別町でも石狩市よりの 太美地区の温泉 です。車で迎えに来てくれる保健師さんと健診会場の近くの役場で待ち合わせ、当別駅前の方に食事に行きました。
 二人ともこの辺は不案内なので、手打ちそばののぼりが見える、写真ののふれあい倉庫に入りました。

そば屋さん  広い倉庫内には当別町の特産品、野菜などをたくさん売っていました。
 「そば切り 高陣」はその一角をしめています。黒板には「空知管内無添加100%、防腐剤を一切使用していない蕎麦粉です(以下略)」と書いてあります。ご主人がすべて手で作った田舎そばだそうです。
 一品だけそばでないスープカレーがありました。

天然落葉きのこそば  私は本当は田舎そばとか十割そばは苦手で、喉越しつるつるの更科そばやごまそばが好きです。
 田舎そばしかないので、写真の「天然落葉きのこそば」を頼みました。予想したほどぼそぼそでは無かったです。ヘルシーで、量が少なめと思いました。
 保健師さんは「浅野農場さん豚の角似そば」を頼みました。見たいですか?

2009年11月10日(火):硬水が飲みたい

evianとVittel  最近は硬水の方が飲んで美味しく感じます。でも大きいスーパーやドラッグストアを除くと余り買えません。
 札幌駅では改札口内は売店も自販機も軟水だけです。函館駅では連絡通路の端の伊藤園の自販機にevianがあります。
 写真の小さいevianはローソンで、Vittelは健診先の千歳の電機会社の売店で今日買ったものです。

昨日の夜景  今週のホテルの部屋は12階ですが、電車通りや観覧車が見えるのとは反対側の南向きです。
 方向的には、中島公園や藻岩山があるのですが、ビルが林立していて、又すぐ裏に大きいホテルが建設中で、すすきのの名に恥じるような明るさです。今日は小雨になったので、昨夜着いて撮った写真を使います。

窓際の電波時計  窓からの夜景は暗くて地味ですが、悪いことばかりではありません。
 泊っているホテルは北向きの窓は防音や断熱のためか二重窓が厚く、内側が壁の位置まであって、窓枠に物を置けません。南向きの窓枠には写真のように時計が置けます。
 電波時計の同期電波は南の空から来るので、これでばっちりです。

2009年11月 9日(月):目まぐるしい

函館山の夕焼け

 これは昨夕、函館駅へ家内に送って貰う車の助手席から撮った函館山の夕焼けです。もう少し早ければ、きっともっと綺麗だったと思います。
 前日移動する時は函館駅発16時43分のスーパー北斗17号を使います。この列車だけがジャスト3時間で札幌へ着きますが、東室蘭駅まで170km以上をノンストップだからです。昨夜は19時1分に苫小牧駅で降りました。

苫小牧の片側4車線の道路

 苫小牧の定宿は駅のそばの プールやジムのあるホテル です。食事を取ってからホテルへ入ると、フロントでは顔を見ただけでカードキーと伝言メモを渡してくれました。
 出発時間は6時半です。片側4車線の道路を苫東地区のアルミ工場へ向いました。霧が少し出ています。エコー車も含めバスは3台で、左の車線に1台います。

黄葉の道央道

 10時半過ぎに苫小牧の健診が終わって、道央道を通って、次の健診先の北広島市に向いました。道路の左右の黄葉している針葉樹はカラマツです。千歳と苫小牧の間でしばらくの間、中央分離帯が林になっている場所があります。
 長く続くのはここだけで、とても北海道らしい光景と思います。

安全就業と書いてあります

 午後一は北広島市のシルバー人材センターを借りての合同健診でした。殆んどが特殊健診です。会場の入り口に大きい提灯が置いてあって、「安全就業」と書いてあり、良い言葉だと思いました。
 その後にもう一ヶ所、北広島市の農薬メーカーで特殊健診をして、夕方いつもの すすきののホテル に入りました。昨日の夕方は函館にいました。目まぐるしいです。
 「目まぐるしい」は道南のエゾリスの2004年版にあります。楽しい作品です。

2009年11月 8日(日):秋の色

ヤマゲラ

 10時過ぎに見晴公園に行ったら、駐車場の整理のガードマンがいましたが、幸い1台分だけ空いていて駐車できました。
 紅葉は先週より進んでいて人も多かったです。入り口近くにいたヤマガラです。ISO400ではぶれぶれでした。

エゾリス

 モミの木の方にエゾリスがいると家内から携帯電話がありました。
 他に見物人もいて、子供さんが家内があげた剥きグルミをエゾリスに与えようとしていました。動いたらリスが警戒するよと教えて、手渡しに成功しましたが、人が多いせいかリスは怒り声をあげて木に登ってしまいました。

民家の近くのアカゲラ

 公園沿いの民家で何軒かには給餌台がありますが、エゾリス用に給餌台と木の間にブリッジを置いている家もあります。
 そちらの方を回っていたらアカゲラを見つけました。これでは後頭部ははっきりしませんが、他の写真では赤いです。秋色は枯葉だけですね。

ミヤマカケス

 グランドの方の林に行ったらミヤマカケスが2羽喧嘩をしていました。他にもあちこちにいて、ギャーギャー騒いでいます。
 このカケスはキツツキみたいに盛んに木をつついていました。遠いのでうまくは撮れなかったです。秋のカケスです。

2009年11月 7日(土):産業医挨拶回り

立派な喫煙所  道南で11店舗を展開していたグルメシティ北海道(本社函館)は ダイエー グループでしたが、今秋から完全にダイエーの一員になりました。
 そこで函館市内8店と八雲店の9店舗の産業医を私が務めることになり、今日市内全店に挨拶回りと簡単な職場巡視(案内ですね)をして来ました。喫煙所がどこも立派です。

日ハム応援セール

 函館出身の担当U川保健師と一緒に、札幌の人事部のT田さん、函館の人事部のO田さんの案内で店舗巡りをして、店長さんなどと挨拶し、店内を見せて頂きました。
 昔はホークスの応援セールをしていましたが、今は北海道内の店舗は日ハムの応援セールをしています。道民としては日ハムが優勝して、色々なお店が特売をしてくれるのが有り難いのです。

かにかにざる蕎麦

 お昼は柏木店近くの三貞という蕎麦屋さんに4人で入りました。創作蕎麦で有名です。
 函館は蕎麦屋さんが多いですねと言われて、うどん屋さんやラーメン店が少ない話をしました。
 写真は私の食べた、確か「かにかにざる蕎麦」と言う名だったと思います。天ぷらの折の下にはざる蕎麦があります。

紅葉となったナナカマド

 今日は土曜で訪問は9時から15時までかかりました。昨日室蘭から帰ったばかりで、明日夕方には苫小牧に向います。振り替え休日は貰えますが、忙しい感じがします。
 レンジャクを呼びたくて家内が一昨年植えたナナカマドは今年は紅葉しました。花はまだ咲かなかったので実はありません。来年は花咲いて欲しいです。

2009年11月 6日(金):有珠山SAにて

有珠山SAから見た有珠山と昭和新山

 午前中は伊達市のさる神社のホールを借りての合同健診でした。
 周りが自然豊かで、窓の下に栗が落ちていたり、石の塀にツタの実が付いているのですが、リスも野鳥は来ませんでした。
 昼に室蘭へ移動で、昼食は有珠山SAに入りました。大きい山が有珠山で、右端の小さい山が昭和新山です。

上の方はカラマツの紅葉です

 カラマツが綺麗に黄葉になっています。後の山の上の方の黄色い部分がカラマツです。
 雲一つ無く、風も全く無い日で、コートを脱ぎました。
 左の会社のバス2台を前景にしようと思ったら、観光バスが来てしまいました。

上りの有珠山SA

 今日休んだ上りの有珠山SAの建物です。これ以外にガソリンスタンドがあります。
 午後は14時から昨夜泊ったホテルの従業員さんの健診で、ちょっと長めに昼休みを取れたので、色々写真が撮れました。

下りの有珠山SA

 バスの中からは冠雪羊蹄山が見えましたが、上りのSAからは見えません。
 写真は道央道を隔てた下りの有珠山SAで、向うは噴火湾です。こちらのSAからは羊蹄山も、海越しの駒ケ岳も見えます。
 今日乗ったスーパー北斗16号は一人掛けのグリーン席にはPC用の電源があって、久しぶりに車内で絵日記を書いています。PHSカードでうまくアップ出来ますか・・・

2009年11月 5日(木):伊達市の柿並木

泳ぐマガモ

 東室蘭で泊るホテルの横を知利別川が流れていて、遊歩道などが整備されています。
 いつもマガモがいるので、絵日記に何回も登場させました。今日も出発時間のちょっと前に覗いて見ると、何羽もマガモがいました。
 オスは完全に婚姻色になっています。張り合いでしょうか?

赤い柿の実

 室蘭市内で午前中は合同健診、午後はさる工場に一般健診に行きました。早く終わって、今夜の宿泊地の伊達市内を走っていて、市役所通りの柿並木に赤い実が付いているのが見えました。3時にホテルに着いたのでカメラを持って撮りに行きました。
 日当たりもあるのでしょうが、この木の柿は赤いです。

並木になっています

 この柿並木は市役所通り商店街が世話をしていて、11月半ばに市内の小学3年生に収穫させるようです。今年は11月17日火曜日に行うと張り紙がありました。
 「だから獲らないで」です。北東北以北の柿は、みな渋柿になってしまいます。渋を抜く方法はいくつかあり、干し柿が最高ですが面倒ですよ。

これはまだ青い実です

 実際はまだ青い実の方が多かったです。それにしても柿の街路樹、柿並木は北海道では他に考えられません。伊達はカントリーサインにも柿の絵を入れています。
 白石で住んでいたマンションの近くに大きい柿の木があり、毎年たわわに実って、野鳥の餌になっていました。「北限の柿」と言う名の柿は北大植物園にあります。

 低圧縮の写真を1枚、HTBの北海道花情報 に投稿します。

2009年11月 4日(水):苫小牧のC11

苫小牧で見つけたC11

 7時半出発で苫小牧へ来ました。今日は午前午後とも苫小牧市民会館を会場に合同健診です。色々な会社の人が色々な健診を受けます。
 一般健診を余りして来なかったので、この会場は初めてです。朝、近くに蒸気機関車C11が置いてあるのを見たので、昼休みに行ってみました。苫小牧市科学センター のミール(旧ソ連の宇宙ステーション)展示館の前庭に保存されていました。

C11 133側面

 C11 133 蒸気機関車(たるまえ号)です(市のリンクページは無くなりました)。
 このように動かない状態で保存することを静態保存と言います。日高本線で活躍していて、その後、静内公園に保存されていたC11 207は、北海道鉄道開通120周年イベントとして2000年に修復(動態保存)され、復活蒸気機関車として活躍しています。
 C11に関しては 北海道の旅 の「復活蒸気機関車C11」をご覧下さい。

羊のようです  苫小牧市民会館の道路側の通路脇にこんな物がありました。
 外を向いているので、はじめに後ろから見て、尻尾しか判らず、前に回ってみました。丸くなった角があるので、羊と思います。道路の左右で数も違うし、10個はありません。
 帰りにバスの窓から見たら、別の場所に象もいました。洒落ていますね。

アルコール除菌液  久しぶりに 東室蘭のホテル に泊ります。最近は室蘭駅側の工場や役所の健診が当たって、港の近くのホテルの宿泊でした。
 こちらも前に何度も泊っているのですが、新型インフルエンザが流行してからは来ていません。洗面台にアルコール除菌液が置いてありました。消毒液は普通フロントに置いてあることが多いと思います。

2009年11月 3日(火):雪が降ったけど

車の窓の積雪?  昨日が函館の初雪でした。舞っただけでした。
 昨夜寝る時に見ると、天窓に薄っすら雪が付いていました。
 夕方の特急で札幌へ行くので、9時頃床屋さんを11時から予約しました。その時に心配になって車を見に行くと、こんな物だったので安心しました。大して降ってなかったのです。

紅葉のブルーベリーに積雪

 実際に床屋さんに行く時間には本格的に降って来ました。紅葉したブルーベリーの葉に積もった雪です。雪も降っています。
 でも気温が5℃くらいあるので、地面には積もりません。ワイパーを使いながら夏タイヤで走れました。この雪も昼過ぎには融けてしまいました。明日は15℃の予報です。

もどる 次へ

本館に戻る 掲示板[通常入門画像 別館トップ 写真絵日記
ミニ探訪 ミニ薀蓄 壁紙プレゼント 別館について