別館


写真絵日記


2009年10月13日(火):昨日の追加

道道16号線のシカ注意、2本角です  絵日記は写真は1日分は最高4枚と決めています。最近は4枚使うことが多いですが、サーバのホームページスペースが飛躍的に増えたからです。
 今日は、昨日出せなかった写真でお茶を濁します。北海道の旅 の「動物注意」の道道16号線ものはキツネとタヌキですが、シカの絵柄もあります。これは角が左右描かれています。

リンゴ35個はこんな量です  昨日壮瞥町の道の駅でつがるリンゴを800円で袋に詰め放題をして、35個あったと書きましたが、こんな量になります。すごく重くて、袋が破れそうな程です。このままでは車のトランクでこぼれてしまうので、別の袋に入れました。
 少なくなると、新たなリンゴが追加されます。さんさリンゴも同値段でした。毎日たくさん食べています。

カワアイサのメスです  洞爺湖畔でお馴染みのコブハクチョウを撮っていたら、カワアイサのメスが泳ぎ寄って来ました。
 カワアイサのオスとメスが1画面に収まった写真は、野生動物・野鳥編の「濤沸湖の冬鳥たち」にあります。
 このカワアイサは人馴れしているようで、私の近くの岸辺で魚を追って水に潜りましたが空振りでした。

走るキツネ  道央道の八雲〜落部間が延長になり、昨日初めて通りました。16kmと言えども、4車線の八雲バイパスが終った地点の渋滞から開放されます。
 昨日の絵日記は八雲SA(ハイウェイオアシス)のことを書きましたが、こちらは同区間で家内が助手席から撮った、新種の動物注意標識です。疾走するキタキツネでしょうね。

2009年10月12日(月):高速道路延長

リンゴ詰め放題800円  札幌南から高速に入りましたが千歳で下り、紅葉を見るため支笏湖から美笛峠に向いました。
 紅葉はまだ1週間早い感じです。大滝の道の駅ではシイタケを買って、壮瞥町の道の駅に行きました。果物が目当てです。写真のリンゴはつがるで、画面右上のビニール袋に詰め放題で800円でした。数えたら35個ありました。

お馴染みのコブハクチョウ

 洞爺湖畔の壮瞥町側のボート乗り場の辺りに、前からコブハクチョウのペアがいます。2004年7月に撮影した、野生動物・野鳥編の「洞爺湖産まれ」で峠を越えてに初登場します。その時の写真は同年の 壁紙プレゼント に2枚あります。
 2008年11月撮影のペアの壁紙 の写真は自分でも部屋に飾っています。
 すっかり人馴れしていて、いつも寛いでいます。近くにいたカワアイサ♀の写真を、本館のウェルカムページ の表紙にしました。

道の駅ねぷたのうに丼  洞爺湖畔や洞爺湖町市街では昼食を取らずに、洞爺湖町の道の駅〜あぷた に向いました。
 前に行った時には時間外(14時まで)でしたが、年中うに丼が食べられるレストランがあります。
 今日は間に合いました。写真のうに丼は1,500円で、相場より安くお得です。殆んどの方が同じ物を食べていました。

オアシスパーク八雲

 一昨日10月10日15時に、道央道が八雲から函館側の落部(おとしべ)まで16km延長されました。その日に札幌へ行ったのですが、午前中に八雲を通りましたので、今日が初利用です。キツネの動物注意標識で新規の絵柄がありました。近く「動物注意」にアップします。
 楽しみにしていたのは八雲SAで、八雲町の 道立噴火湾パノラマパーク がハイウェイオアシス(北海道では砂川SAに次いで2番目)として高速道路から入れるようになったことです。子供さんが遊べるし(7月25日絵日記)、展望はとても良いですよ。

2009年10月11日(日):細面から丸顔に

餌が置いてある  朝も雨が断続的に降っています。10時近くになって止んだようなので、傘も持って、地下鉄で円山公園に行きました。木々の上から水が滴り落ちて来ます。
 登山口より手前のポイントへ行くと、写真のようにドングリと青いイガのクリと落花生が置いてありますが、リスはいません。
 探すと少し離れた場所で何か食べていました。

クルミが好き

 餌のある所にも来ましたが、ドングリは余り好きではないようで、食べずに離れて行きました。
 クリの横に家内が剥きグルミを置きました。戻って来て、今度は熱心に食べ始めました。
 空腹で他に食べる物が無ければ、ドングリも食べるのでしょう。

頬袋が膨らむ

 満腹したのか、今度は口を開けて、頬袋にクルミを詰め始めました。
 ドングリが6個入ると皆が書いていますが、その頬袋がばんばんになりました。野生動物・その他の動物編に「面変わり」と言うページがあります。二枚目から三枚目への変化を記録した物です。

大量のあられ  たくさん撮ったし、リスも満足気なので、公園の奥へ向って歩きだしました。
 雨が降って来て、始めは傘を差して行こうと思う程度のものでしたが、その内に本降りになり、あられもいっぱい降って来ました。写真は地面のあられです。
 靴もズボンの裾もびしょびしょです。これではリスも出て来ないだろうと、再び地下鉄で街へ戻りました。

2009年10月10日(土):駒ケ岳と羊蹄山

横から見る駒ケ岳  明日、札幌で同期会があります。朝の内に円山へも行こうと思って、今日車で札幌へ来ました。
 天気予報では午前中は晴で、午後は雨です。晴れているうちに駒ケ岳を撮ろうと思いました。
 グリーンピアへの交差点を右折して、国道5号線とは函館本線をはさむ道を通りました。地名「駒ケ岳」辺りから見た駒ケ岳です。

見慣れない山容

 そのまま進むと「東山」と言うところから再び国道5号線に戻ります。
 JR東山駅の近くから撮った駒ケ岳です。山頂が非対称の山なので、見る方向でとても形が違います。
 大沼湖畔から見る山頂とは、左右が反対になりかけています。
 噴火湾側の鹿部町などからでも別の山のように見えます。

ニセコ町のビューポイントから  しばらく通っていなかった倶知安小樽経由の国道5号線で札幌まで来ました。高速道路は八雲〜長万部と小樽〜札幌です。
 長万部辺りから曇って来ました。雲の間から、羊蹄山山頂の冠雪が見えます。台風18号の荒天で積もりました。よく絵日記に登場するニセコ町のビューポイント(函館側)からでは、山頂は雲の中です。

倶知安町から見た羊蹄山

 蘭越町昆布温泉のホテル幽泉閣で食事をする頃は、羊蹄山は雲がかかって暗くなっていました。
 冠雪の写真は諦めかけていましたが、倶知安町に入ると空が明るくなり、雲が少しかかっていましたが、山頂の一部が見えます。冠雪が判るでしょうか?
 その後、稲穂峠を通る頃から本格的な雨になり、雷雨の中を走って札幌へ入りました。

2009年10月 9日(金):赤い市電

赤い葉のハイビスカス  今週の仕事が終わり、スタッフは午後JRで札幌へ帰ります。渡島支庁での健診はまだ2週間ありますが、私は来週は休みで、再来週は他のバスの函館の一般健診を担当します。
 家内がホームセンターで200円で買って、観葉植物と思っていた赤い葉のハイビスカスに2度目の花が咲きました。花を見てハイビスカスと気付きました。

3001・NOMURA号

 それだけでは淋しいので、6日と7日に撮った赤い市電の写真を見て下さい。
 これは10月6日朝、出勤時に車の助手席から撮りました。野村證券の3001号です。深堀町電停に停まっています。

238・CocaCola号

 同じ6日の午後、川へ鳥見に行った帰りに、市民会館前電停にいたCocaColaの2002号です。
 市電の番号別の謂れなどは、北海道の旅 の函館と道南の「市電の光景2」をご覧下さい。私の知る限り、二代目のCocaCola号です。

715・マルハン号

 こちらは翌10月7日の出勤時に、同じ方向に走行中のマルハンの715号です。左前方に札幌と並んで存続となった丸井今井デパート函館店が見えます。
 マルハン号は側面に黒も塗られているのですが、赤色が優位です。旅や乗り物が好きで、昨夜「北海道の頭端駅」をスタートさせました。次はどの駅にしましょうか。

2009年10月 8日(木):やき弁の中と小

暗い空  愛知県に上陸した台風18号は先刻、宮城県から太平洋に抜けましたが、被害に遇われた方々に心からお見舞い申し上げます。
 昼に渡島支庁での仕事が終って、家内の迎えの車を待っている頃には、空も暗くなって雨も降り出しました。台風の北側に雨雲があるので、今も外は雨が降っていますが、風は弱くなって来たようです。

やきとり弁当、左が中、中央が小

 昼食用に帰りに ハセガワストアやきとり弁当(ミニ薀蓄)を買いました。詳しい話はミニ薀蓄の方をご覧下さい。函館を代表する味として有名ですが、ハセストは今は セイコーマート の傘下で、同店の10店舗でやきとり弁当が売られています。
 写真左が中で中央が小、違いは野菜串1本とご飯50g、値段は504円と399円です。味は4種類ありますが、これは「たれ」です。
 略して「やき弁」とも言いますが、北海道限定のマルちゃん やきそば弁当もこう呼ばれていますので、ご注意下さい。

2009年10月 7日(水):コガモが来ていた

寛ぐカルガモ

 明日の午後から台風18号の影響がありそうなので、久しぶりに15時過ぎでしたが、川へ行きました。この頃余り歩いていないので、河口まで行きましたが、丁度満ち潮で下流は成果がありませんでした。
 いつも書く川の主のカルガモです。小さい島のような場所で1羽で寛いでいます。今日もたくさんいました。

コガモです  冬鳥のコガモが、三々五々と結構たくさん来ていました。最近川へ来ていませんでしたので、この冬?初めて見ました。
 北海道では先頃、雪虫が飛んでいて、NHKの天気予報でも取り上げられたいました。雪虫を見ると、初雪が近いと言われています。
 コガモは「冬の使者」で、真冬には多くのコガモが住みつきます。

コガモ3羽

 下る時はカルガモと一緒に眠っていたコガモが、帰りには起きていました。
 まだエクリプスで、オスメスが判りづらいですが、中央がメスでしょうか?冬になるとオスは美しい婚姻色になります。エクリプスについては野生動物・野鳥編の「オシドリのエクリプス」と「マガモの話」に詳しく書きました。

何ガモさんでしょう?

 上の写真を撮った辺りにはたくさんのカルガモと数羽のコガモがいましたが、このカモは1羽で泳ぎ回っていました。何となく仲間を探しているような気がしました。
 色が白っぽく、頚と体が長いです。コガモより少し大きい風でした。オナガガモでもないようです。何ガモさんでしょう?・・・ハイブリッド?判る方、是非お教え下さい。

2009年10月 6日(火):耳毛は伸び始め?

渡島支庁

 昼に仕事が終って、昨日は内部を撮った 渡島支庁 を外から撮りました。
 建物が大きいので道路に出て撮っても、外観の全貌は私のカメラ(最大のワイド端で35mm)では収め切れません。道路を渡ると画面には収まりますが、電柱や電線が入ってしまいます。28mmは欲しいです。

のらそば  支庁まで迎えに来て貰った家内と、9月25日にぶっかけトマトそばを食べた市内東山、産業道路沿いの ささの家(旧・のとや、HPは未完成?)に昼食に行きました。
 今日は初めて「のらそば」を頼みました。サラダうどんほどではありませんが、季節の野菜が乗っています。さっぱりしていて美味しかったです。

クルミを食べる

 この時期だと、午後でもよくエゾリスが見られます。13時過ぎに見晴公園に行きました。
 入ってじきの場所にエゾリスが1匹いたので、立ち止まって見ていたら、リスの方から走り寄って来ました。
 剥きグルミをあげても最初は埋めていましたが、その内に近くで食べ始めました。空腹に気付いたのかも知れません。

振り返る

 餌を食べ終えて時がシャッターチャンスです。木陰は暗いのでISO800でしか撮れません。
 地面に落ちている赤い実はオンコ(イチイ)の実です。今日は食べているところは見られません。
 yaoyaさんのブログ 円山近辺の四季 には、耳毛の先が伸び始めたエゾリスが登場しますが、こちらはポヤポヤです。

 近所の満開のムラサキツツジを HTBの北海道花情報 に投稿しました。

2009年10月 5日(月):ガゴメとスルメ

35号車  写真の35号車のスタッフが先週2日間始めていた、渡島支庁が会場の役所の健診を、今週は私が参加します。派手な塗装のバスは何回か絵日記に登場しますが、他健診機関から購入した物で、文字だけ会社の名前になっています。
 このバスも1台で胃部も胸部も撮影でき、今年は夏に同じ役所の健診で、室蘭で2週間一緒でした。

巨大な吹き抜け  渡島支庁 は4階建ての大きい建物で、支庁各課の他に道の出先機関が入っています。
 建物に入ると4階まで通した吹き抜けが目を引きます。各階の廊下が吹き抜け内を通っています。
 以前に振動病健診の会場となったことがあって、それに味をしめて、私事で食堂だけ利用に来たこともありました。

函館マリンバイオクラスター展示場

 他の支庁の建物と同じく、管内の市町村の名産品などを展示したブースもありますが、目を引いたのは写真の「函館マリンバイオクラスター展示場」です。
 「函館マリン・バイオ・クラスターは、函館エリアが目指している産学官連携のクラスターです。」と上に書いてあります。中心は 財団法人函館地域産業振興財団 です。ここでいうクラスターとは「あるテーマを中心にする大学・研究機関の集合体や、ある技術を中心とする企業の集合体のこと」を意味します。
 その成果が 第8回産学官連携推進会議 で展示されましたが、
ガゴメコンブ(<市ホームページ)を利用した食品、調味料、石鹸、化粧品
・高鮮度を保持したスルメイカ
・可食性イカ墨インク
・最適乾燥技術を適用した乾燥食品、でした。

2009年10月 4日(日):北斗の最高速度表示

特急北斗車両  今日は昼から雨で、外出もしなくて写真も撮っていませんので、ネタ切れ用の話を書きます。
 写真は今年 7月10日(絵日記)に、函館本線が大雨の冠水でダイヤが乱れて、東室蘭駅に45分送れて入って来たスーパー北斗12号の代わりの、振り子式車両でない普通の 北斗 です。広く使われているキハ183系気動車です。

最高速度130km/hの意味です  この車両の前面(後面ですが)右下部に記された「130」の文字です。
 函館札幌間の特急は振り子式のスーパー北斗と183系の北斗が合わせて11往復あり、4往復が北斗です。 帯広行きの特急とかちが、今月1日のダイヤ改正ですべて振り子式のスーパーとかちになりましたが、急勾配の少ない函館方面は183系が現役です。

古い特急

 写真は前記 7月10日絵日記 から再掲した、10分遅れて着いたスーパー北斗12号の代替の古い特急で、網走行きの特急オホーツクのような外観です。団体列車として使うことがあるのでしょうか?私は初めて見ました。

110km/hの意味です  その古い特急には「110」と書いてあります。これは最高速度の表記です。
 キハ183系は度重なる改造で、直線での速度が130km/h(スーパー北斗と同じ)と、120km/hのものがあります。それで最高速度を表示するのですが、どちらにも対応した「130/120」の車両もあります。
 今は上り4号と下り15号が120km/hだそうです。

もどる 次へ

本館に戻る 掲示板[通常入門画像 別館トップ 写真絵日記
ミニ探訪 ミニ薀蓄 壁紙プレゼント 別館について