別館


写真絵日記


2009年 9月13日(日):元和台の生ウニ丼

厚沢部の道の駅の果物、キノコ  明日から檜山地方南部の役所の健診で、今日は江差町への移動日です。
 天気が良くなったので、家内が車で送ってくれることになり、行きは私が運転しました。JRだと2時間半かかりますが、乗用車だと1時間強です。
 厚沢部の道の駅には格安のリンゴやプルーンがありましたが、ピュアホワイトは売り切れていました。

レストラン元和代  乙部町の レストラン元和台(げんなだい)(<檜山支庁HP)は一時閉鎖され、町のHPで経営者を募集していました。
 昨年7月に新しい経営者で、リニューアルオープンしましたが、それから行っていません。家内がテレビで見た生ウニラーメンが美味しそうと言うので、13時過ぎに行きました。海の向うは江差方面です。

生ウニ丼  店に入ってメニューを見て、二人とも生ウニ丼を頼みました。上記檜山支庁HPでは1,600円とありますが、実際は時価で、今日の時価は2,000円でした。
 値段は相場で、鮮度も味も良かったですが、ウニがちょっと少ないのでは、と家内と意見が一致しました。若い店長?さんに、最高の場所だから頑張って下さいと話しました。

郷土資料館

 時間もあったので、前に105円のホッケの開きやエゾバカガイを買った、乙部漁港の直営店に行きました。エゾバカガイは8月末で漁期が終ったそうで、冷凍物を安く買えました。
 それから 江差いにしえ街道 を見物しました。お土産屋さんなどのある、かもめ島と反対の方は観光客も、まあまあいました。
 写真は高台にある、旧檜山爾志郡役所 の郷土資料館です。留置所にも入れますよ。

2009年 9月12日(土):秋の赤色

無残な切り株  昼頃川に行きました。近所の橋からもう一つ下流の橋までの1区画の、川岸の全てのヤナギが根元から伐採されていました。大きく茂っていて、スズメやシジュウカラが遊んでいて、今年はコムクドリをよく見ました。昨年 花情報に投稿したネコヤナギ です。
 水の中からカルガモが見ているようです。治水のためとは言え無残な姿です。

アカトンボ  川の周囲をアカトンボが飛んでいます。
 折り良く近くのコンクリートの上に止まりましたので、撮りました。身近なアカトンボにはナツアカネとアキアカネがいます。
 少し小振りで、胸や頭まで赤くなるのはナツアカネです。ナツアカネと言っても秋に多いそうです。アキアカネは、より大きくて、腹しか赤くなりません。

市民会館のナナカマド  ナナカマドの実はすっかり赤くなりました。この状態だと渋いそうです。冬になって葉が散って、実もしわしわになると、(野鳥にとって)美味しいらしいです。
 紅葉の仕方や実の色にも違いがあって、この木は一部葉が赤いです。
 ナナカマドの街路樹が増えて、北海道で越冬する鳥も様変わりしたことは何回も書きました。

紅葉したツタ  やはりよく絵日記で取り上げる、川のコンクリートの壁面(法面)のツタは、半分がすっかり秋の色になりました。これ以外の半分はまだ緑です。カーブしたところにあるので、同じ側でも微妙に日照条件が違うのだと思います。
 夏鳥はいないし、冬鳥もまだです。いつもいるカルガモとスズメ以外には鳥の姿はありません。

2009年 9月11日(金):ゴーヤの蔓棚

蔓棚  午後は産業医訪問に出ました。東区の 警備保障や人材派遣会社 です。
 前回訪問時には無かったと思いますが、玄関横に蔓棚があって、キュウリのような蔓が張っていました。もう秋なので少しですが黄色い花が咲いています。同行した保健師さんにキュウリみたいと言うと、ヒョウタン(花は知りません)かもと言われました。

ゴーヤでした  担当者に尋ねると、何とゴーヤだそうです。ニガウリですね。沖縄や暖かい地方の物と思っていました。
 先日たくさん収穫したので、今は裏に実が残っているだけで、それを撮らせて頂きました。
 調べてみると、ゴーヤは今では北海道でも路地で栽培されています。壁に植物を這わせるとエコに良いので、一挙両得です。

駅裏のピンクのハマナス  16時52分札幌発のスーパー北斗18号で函館へ帰るので、札幌駅北口へ行きました。
 ここにはピンクのハマナスがたくさん植えられていて、今年 花を訪ねて の短編版に「札幌駅北口のピンクのハマナス」と言うページを作りました。
 白いハマナスの実は赤いですが、ピンクのハマナスの実も赤いです。

ごちそう

 この列車では車内で夕食時間になるので、駅弁を買って乗ります。いつもの 札幌駅立売商会(弁菜亭)の、9/1〜11/末までの期間限定駅弁秋の二段重ね御膳【ごちそう】を買いました。
 何が入っているかは、上記リンクでご覧下さい。色々あって美味しいですが、量も少なく上品で、私向きではありません。

2009年 9月10日(木):輪厚PAにて

輪厚パーキングエリアの出店  今日も特殊健診のバスで、朝は6時45分集合です。地下鉄で行くと歩行時間を入れると間に合いません。こういう時はタクシーで出勤します。
 健診先は私が産業医の北区の自動車整備会社ですが、健診で行くのは初めてです。午後は月曜と同じ千歳の工場の健診で、昼食に輪厚(わっつ)パーキングエリアに入りました。

輪厚亭  輪厚PAは北広島と恵庭のインターの中間にあります。この先食堂があるのは、樽前SAがコンビニになってしまいましたので、有珠山SAしかありません。早目についたのですが、食堂は賑わっています。
 レストラン・スナックコーナー情報は こちら をご覧下さい。同じPAでも上りと下りでメニューが違うのは奥が深いと思います。

ブラックカレー  月曜に来た時に、この黒いカレーを食べている人が多かったです。上記ページには「多くのお客様から好評、ご支持をいただいている」とか「あとをひかない辛さのスパイスに、温泉玉子のトッピングの組み合わせが、飽きずに、また食べたくなる味の秘密」と書いています。本当でしたよ。
 黒いのは、カラメルソースのためだそうです。

小樽大正硝子館  今日は館内の小樽大正硝子館を覗いてみました。小樽大正硝子館 は小樽の本店とガラス工房の他に、サッポロファクトリーにも出店しています。
 同社のホームページでも判るように、たくさんの小物が楽しいですね。今日はリンゴと葉っぱとドングリを持った、小さいリスのガラス細工を3個買いました。ネタ切れ時にお見せします。

2009年 9月 9日(水):キツネが出る

新型キツネ注意  午前中は江別市の、グラスウール製造会社 を訪問しました。ここの産業医を長年して、グラスウールの勉強になりました。安全衛生委員会で、正門の辺りにキツネが出るから注意と話題になり、期待したのですがいませんでした。
 高速道路の動物注意(北海道の旅 にあります)のキツネの絵柄が、新しい物に変わっていました。

他をご利用ください  午後は久しぶりに一般健診の外来に出ました。看護師さんが血圧と視力を測定し、病歴を聞くテーブルが5台あります。写真の机上の左が視力計、右が血圧計です。
 接触が悪い聴力検査のヘッドフォンを直しているテーブルには、写真の札が立てられました。私は初めて見ましたが、1枚しかないそうです。

手の消毒液  外来が終ってから、厚別区にある 情報通信設備、通信サービスなどの会社 の道央支店を訪ねました。ここもプライバシーマークを取っていて、受付はいません。消毒液が置いてあり、入館前に手指の消毒をして下さい、と書いてあります。勿論消毒しましたよ。
 担当のS木さんとは長い付き合いで、聞くと社員の感染者は無いそうです。

昨日の市電

 保健師さんやお客様サポートセンターのスタッフの話を聞くと、今年も事業年報の表紙に、別館の壁紙プレゼントの写真を使ってくれるとかで、今はどれにするか広く意見を聞いているそうです。
 そして、昨日の絵日記の、根室の生サンマの市電の写真が評判が良かったようです。もう1枚ありますが、これはサンマは大きく撮れたのに、「ねむろ」の文字が柱の陰になってしまいました。

2009年 9月 8日(火):サンマの市電

サンマの市電

 一昨日の夜にホテルへ入る前に、この巨大なサンマの絵の描かれた市電を見ました。今週何とか撮りたいと思いました。
 今日は中央区のサテライトの内勤ですので、8時過ぎにホテルを出たら、すすきの電停にこの市電がいました。道路を横断して出発を待って撮りました。幸い車が前方に入ったりせずに撮れました。後が泊っているホテルです。大胆な絵柄でインパクトがあります。

正面は丸井今井デパート  前にも同じ構図の写真を絵日記で使ったことがありますが、サテライトの8階の窓から見た青空です。風が強くて涼しいくらいでしたが、爽やかな青空でした。雲は秋を思わせますね。
 中央に見える建物は丸井今井デパートで、8月から三越伊勢丹ホールディングスに入りました。「丸井さん」と市民に呼ばれている老舗です。

二番街のバナー

 「ねんりんピック」の愛称で親しまれている「全国健康福祉祭」は、60歳以上の高齢者を中心とするスポーツ、文化、福祉の総合的な祭典です。卓球、テニス、囲碁、俳句などの各交流大会や美術展、音楽文化祭、シンポジウム、健康福祉機器展などの各種イベントが開催されます(道HPより引用)。期間は今日までです。
 サテライトは二番街(西2丁目通り、大通〜すすきの間)にありますが、こんなストリートバナーが掲げられています。面白いのは下のお面で、裏はウルトラマンのお面です。

夕方の観覧車  午後のサテライトでの仕事が終わってから、担当の保健師さんと一緒に、さるハイヤー会社に産業医として訪問しました。健康診断の結果以外には、新型インフルエンザが話題になりました。運転手さんでかかった人はいないそうです。
 ホテルに直帰して、向いの観覧車を撮りました。昨日は夜の写真を出しています。

2009年 9月 7日(月):三市で健診

新川インター  久しぶりの札幌の仕事が始まりました。月曜と木曜は特殊健診のバスに乗ります。火曜と金曜は内勤後産業医訪問、水曜は産業医訪問が主体です。
 今朝は7時15分集合で、6時半には地下鉄に乗らねばなりません。健診バスは市内の高速道路を使って、札幌市西区の印刷屋さんに行きました。正面の手稲山は雲の中です。

北広島市カントリーサイン  午前中2番目の仕事先は石狩市の住宅用断熱材製造工場でした。
 午後の仕事は千歳市の半導体シリコンウェーハ生産工場なので、昼色は道央道輪厚(わっつ)のサービスエリアで取ります。
 途中天気は悪かったですが、高速道路の北広島市のカントリーサインが撮れました。左は一般道のものです。かなり違います。

輪厚のスマートインターチェンジ  6月27日の絵日記 で6月29日から運用開始になる輪厚スマートIC(インターチェンジ)(<北広島市HP)のことを取り上げました。今日は何台か出て行く車を見ました。スマート言うのは、出入り口に人がいなくて、ETC専用だからです。
 人手が要らないので、俺が村のインターチェンジも夢ではありません。利用時間は6:00〜22:00です。

観覧車  朝7時15分に出発して、白石へ帰って来たのは18時15分過ぎでした。午後は千歳は大雨でしたが、札幌は雨は無くて夕焼けでした。
 今週もいつもの すすきののホテル に泊っています。久しぶりに観覧車が見える部屋が当たりました。
 先ほど石狩南部に大雨洪水警報が出ましたが、今はまだ弱い雨です。

 9月2日に瀬棚港で撮って、4日の絵日記で使ったツバメのヒナの写真を、褒めてくれた人がいましたので、壁紙サイズ(←クリック)に加工しました。

2009年 9月 6日(日):オニグルミを食べる

オニグルミの青い外皮を剥いている  昨日遅かったのを反省して、8時前に見晴公園に着きました。オニグルミと絡むエゾリスの写真を撮るのが目的です。
 オニグルミは日本と樺太にある小型のクルミで、緑の軟らかい外皮の下に、とても硬い殻があります。割らないと中身は取り出せないです。このリスは青い外皮を歯で剥いています。ここまでは簡単に出来ます。

オニグルミをくわえて立つ  外皮を剥いて、黒い殻になったオニグルミをくわえて、エゾリスが立ちました。周りを観察しています。
 以前ある雑誌で読んだところによると、冬に備えて埋める時に、外皮のままで埋めるか、外皮は剥いて殻だけにするかは、エゾリスの住んでいる場所で違うそうです。教育なのです。
 見晴公園では青い外皮のまま埋めるようです。

木の上で食べる

 家内と手分けして探していました。公園の奥の方で、木の上でエゾリスがオニグルミを食べていると電話がありましたので、行きました。
 杉の木に移動してオニグルミをかじっています。硬い殻を割るには5分以上の時間がかかります。カリカリと高い音がして、少し離れた場所からでも判ります。

クルミをくわえて降りて来る  オニグルミをくわえて、別のエゾリスが木から降りて来ました。オニグルミの木の上で食べれば能率的ですが、他のリスも採りに来るので近付くと喧嘩になります。
 地面に埋めて、掘り出されなかったオニグルミは、芽が出て、運がよければ木になります。エゾリスが森を作ると言われる所以(ゆえん)ですね。

2009年 9月 5日(土):更に追加の記念品

ノアザミとクジャクチョウ  朝は雨が降っていたので、11時頃見晴公園に行きました。ちびっ子大運動会がグラウンドで開かれていて、駐車場は満杯です。晴れて、気持ち良い風が吹いていているので、人出も多いです。着いてすぐ見つけたリスはオニグルミの房を運んでいましたが、速くて撮れません。
 奥の方にいたクジャクチョウです。

足下で剥きグルミを食べる  途中で何匹か見ましたが、人に囲まれていたり、逃げていたりで撮りませんでした。
 帰り際に家内が見つけたエゾリスは、向うから寄って来てクルミをあげると足下で食べます。青いオニグルミより楽だし、美味しいのかも。
 最終的には3匹が来て、カメラマンさんも来て、賑やかになりました。

青いオニグルミを埋める  お互いに牽制しあっていて、余り近くになると、相手を追い払います。
 その内に1匹が地面から青いオニグルミをくわえて、歩き出しました。暗い場所で速いので、ぶれぶれ写真の連続です。地面に埋め始めたので、チャンスと撮りましたが、埋めるのも速いです。
 今日も剥きグルミを食べる写真を量産しました。

うにまる、その他の記念品

 これを書いている今現在、本館のカウンターが44万8千超、別館は11万9千超です。切り番を踏まれた方はメールでご連絡下されば、記念品をお送りします。45万ヒットには前後賞(±1 の方にも記念品)を出しますので、是非ご連絡下さい。切り番画面の写真は、こちらで接続プロバイダーと都道府県が判りますので、無理に撮らなくとも結構です。

 写真は追加記念品のうにまるグッズ(右のうにまるは裏面です)と、左は松前町の道の駅のキャラクター「大漁くん」です。それ前に用意したのは、イカール星人(8/13絵日記)と エゾリス及び小樽水族館グッズ(8/8絵日記)です。エゾリスは今は1匹しかありません。
 ご希望があればエゾリスの写真絵葉書もお付けします。

2009年 9月 4日(金):マリーゴールド見本園

3輪咲いたハイビスカス  居間の窓際に置いたハイビスカスが今日は3輪開きました。時々2輪は咲きますが、3輪は得した気分になります。昔、家を作った頃は、セントポーリアやハイビスカスの世話は私がしていましたが、その後PCにのめり込んで、花から逃げてしまいました。
 離島の健診は帰路に1日余裕をみますので、今日はお休みです。

北斗市公民館  北海道新聞朝刊の市内版に、北斗市公民館前庭の「マリーゴールド見本園」の紹介記事が大きい写真入りで載っていました。25品種1200株あるそうです。
 北斗市は函館の隣、上磯町と大野町が合併した市です。市の花はムクゲ、さくらとマリーゴールドです。ムクゲは上磯の街路樹になっています。

見本園のいわれ

 見本園は2007年にマリーゴールドが市の花に制定されたことを受けて造成されました。今年は過去最大規模だそうです。
 マリーゴールドといえば七飯町の畑に緑肥として植えられる物を、花を訪ねて で取り上げています。ちなみに七飯町の町の花はリンゴで、函館市の市の花はツツジ(ヤマツツジ)です。札幌市はスズランなんですよ。ライラックかと思いますね。

ツバメのヒナ  これは一昨日、瀬棚港のフェリーターミナルで撮りました。可愛いので、こちらに載せます。ターミナルの内壁の一番上にたくさんのツバメの巣がありました。イワツバメでしょう。
 巣立ちも近いのか大きいヒナが顔を出して、ピーピー鳴きながら親が餌を運ぶのを待っています。目が大きくて、ヒナは愛らしいですね。

もどる 次へ

本館に戻る 掲示板[通常入門画像 別館トップ 写真絵日記
ミニ探訪 ミニ薀蓄 壁紙プレゼント 別館について