別館


写真絵日記


2009年 7月25日(土):国道冠水

ここから迂回路  雨が小降りになったので、遅い昼食に、八雲町の ハーベスター八雲 へ行きました。80km 弱で通常は1時間半で着きます。
 八雲町に入ると交通渋滞が始まり、ラジオによると、落部(おとしべ)と東野の間で国道5号線が冠水して通行止めで、迂回路はあるが 5km 渋滞しているそうです。国道から迂回路に入る所です。

カーナビ画面  迂回路は舗装はされていますが細い道で、大きい車同士はすれ違えない場所もあります。カーナビでは通っている場所が判るので、便利と思いました。
 JR も特急北斗が線路上の土砂に乗り上げ、夕方まで運転見合わせになったようです。7月10日にも雨のために室蘭から乗った列車が遅れたことを書きましたが、雨が多いです。

3.5人前  3時間以上かかってたどり着きました。3.5人前の料理です。手前のパスタは冷たくて、私が注文しました。
 ハーベスター八雲は、ケンタッキーの実験農場で、会員制のレストランだった頃から利用しています。その頃はピザは無くて、鶏肉と地元の野菜の料理が中心でした。ニワトリも飼育していて、それを守るイヌもいました。

キッズアリーナ  ハーベスター八雲の向かいに、北海道立 噴火湾パノラマパーク があります。
 ビジターセンター内に屋内で子供さんが遊べるキッズアリーナがあります。画面奥の左が「ありの巣」右は、ロッククライミングができる壁です。渋滞が解消されるまでと思って、孫に遊んで貰いましたが17時に出発して、帰りも3時間以上かかりました。

2009年 7月24日(金):見物する馬

エネモで〜す  発電所の健診も3日目になりました。昼近くなったら受診者も途絶えてしまいましたが、終了時間まで、待たねばなりません。
 一昨日の絵日記に登場したエネモですが、一度被ってみたかったと検査部のS川さんが中に入りました。自分の携帯の待ち受け画面を撮って貰ったり、記念写真を撮ったりと、一時盛り上がりました。

知内発電所の霧  今日もとても寒いです。天気予報では函館の予想最高気温は22℃だったと思いますが、知内方面は霧が出て肌寒い感じです。
 健診を終って外に出て、火力発電所の煙突を見たら、霧で上の方は見えませんでした。
 昼に函館へ移動する頃には気温も上がり、午後はよく行く鉄工所の健診で、知った顔が多かったです。

トラックから顔を出す馬

 昨日東京の孫が母親と函館やって来ました。今年も息子は忙しいと来られません。今日は家内と3人でバスを置くホテルまで迎えに来てくれました。
 フレスポ戸倉で食事と買物をして、湯の川方面を帰宅するときに、お嫁さんが前の車から馬が顔を出していると気付きました。
 函館ならいつも見られる光景かと思ったそうですが、私たちも初めて見ました。この写真は助手席から家内が撮ってくれたものです。競走馬の輸送車はもっと大きくて、傾かないし、馬も顔は出せません。

2009年 7月23日(木):花の写真

餌を咥えたハクセキレイ  午前中は電力会社の福島営業所と知内の発電所、午後は木古内町の合同健診でした。昨夜は雨が降ってとても寒くて、ストーブを何回か点けました。
 今日の昼食は木古内町でしたが、その頃から気温が上がって来ました。食事から戻る時に見つけたハクセキレイで、何か咥えています。スズメを追い払うのを初めて見ました。

真ん中はルドベキア  実は昨年7月24日の絵日記に、この写真の中央の花にクジャクチョウが止まっている写真を使いました。撮ったのは同じ木古内町です。
 これは野原のような所に咲いていたもので、黄と茶の花はアラゲハンゴンソウの仲間のルドベキアと思います。白い花はフランスギクです。全部の花にピントを合わせています。

知内温泉  今夜は一昨日と同じ 知内温泉 に再び泊ります。宿名はユートピア和楽園と言い、国道から民家も無い山の中の道を少し進むと到着します。
 800年前に砂金堀が見つけた温泉とのことですが、平成8年の火災後に写真の新館が完成しました。入り口も自動扉で、一昨日の絵日記に書いたように洋室に泊っています。

旬のアジサイ  早目に宿に入ったので、ちょっと散歩に行きました。宿の向いの草地に何本かのアジサイが植えられていて、丁度咲き始めたところです。先日函館の市民の森のアジサイ園の様子を NHK の地方番組で取り上げていましたが、今がアジサイの見頃の始まりだと思います。
 画面左の花にピントを合わせています。

2009年 7月22日(水):かきフライカレー

マスコットキャラのエネモ  知内の発電所の健診が始まりました。半日の健診に3日間通います。
 健診会場のホールの片隅に、同社のマスコットキャラクターのエネモの着ぐるみが置いてありました。昨年もあって、7月24日の絵日記に取り上げました。昨年は仕事後に、中に入ったお茶目なスタッフもいましたが、今日は皆見ただけでした。

曇り空  霧雨が降るような曇り空でしたが、受診者も少なくなった頃、空を見に建物の外に出ました。
 写真では少し青っぽい感じに写った場所もありましたが、実際は真っ白な空で、何処に太陽があるかも判りません。
 午後のニュースでは札幌や函館では雲の隙間から、太陽の欠けるのが見えた人もいたそうです。

知内名産のかきフライカレー  昼食は午後の仕事先福島町よりの 知内町の道の駅〜しりうち に併設された、町農村活性化センター内の レストランドラゴンフライ で取りました。
 寒いのでラーメンにしようと思って入ったのですが、地元産の牡蠣を使ったかきフライカレーがありました。サラダ付きで700円でした。牡蠣は大きくて、ジューシーです。

知内駅  道の駅と兼ねてJR津軽海峡線の知内駅があります。去年中に入りましたが、無人駅で、停まる定期列車はありません。
 青函トンネルの保守に使うのだと思います。「新幹線のレールの搬入」のことが書いてあり、レールがたくさん置いてありました。
 今夜は福島町に泊ります。ここはPHSカードの圏内です。

2009年 7月21日(火):携帯電話でネット接続

江差のイカ刺し  朝7時に函館を出発して、日本海側の江差町に来ました。電力会社の江差支店の健診と江差港にある会館での合同健診を午前中に行いました。
 昼はよく行く、かもめ島入り口近くの店で、まだ小ぶりのイカ刺定食を食べました。右のゴロ(内蔵)が多いのは、食べられない検査部のS川さんがくれたからです。足は動いています。

開陽丸浚渫中  午後は知内町湯の里での健診です。雨も止んだので、出発前に江差港を少し歩きました。5月にも仕事で来ていて、そう言えばその時はイカの漁期になっていなくて、山菜天ぷら定食を食べました。
 開陽丸は船尾のところが砂浜にくっついてしまったのか、海底の砂をさらう作業中でした。もともと船ではなく、コンクリート製です。

ツィンの洋式客室  上ノ国町から道道を木古内町(津軽海峡側)へ出ます。その隣町が知内町で、そこの湯の里の木材工場が午後の健診先でした。昨年も来ていますが、今日は気温が低くて風があって、寒かったです。
 宿泊は 昨年7月22日 にも泊った 知内温泉 で、その時は普通の和室でしたが、今日はツィンの洋室が当たりました。

携帯電話でネット接続  宿泊先に LAN などの設備を持つケースが増えて来ましたが、そうでない場合も多いです。ブロードバンド接続が出来ない時は、PHS(WILLCOM) 圏内であれば、AirEdge のPHSカードが使えますが、かなり遅いです。
 今日のケースは PHS 圏外なので、携帯電話を使ってネットに接続します。64キロデータ通信と出ますが、掲示板や大きいメールは苦手です。

2009年 7月20日(月):新島誕生

大沼公園小沼の浮島

 7月10日金曜日に室蘭から帰ったときに、家内が大沼公園の小沼に新しい浮島のようなものが出来たと教えてくれました。北海道新聞に載っていたそうで、07/07 14:16 どうしんウェブ(削除されました)にありました。

 七飯町の大沼国定公園の小沼に、100平方メートルほどの謎の島が出現。ヨシの群生が分離して風で流れ出たとみられ、専門家は「将来は根を下ろして新しい島になる可能性が高い」と分析している。
 島は6月26日、道の自然保護監視員金沢晋一さん小沼の東岸を歩いていて見つけた。25日夕方にはなかったため、驚いたという。金沢さんは6日、カヌーで島に渡り、上陸。「ぷかぷかした感じがした」といい、浮き島と特定した。ヨシが一面に茂り、ハンやウルシの木も生えていた。
 道教大函館校の田中邦明教授(環境科学)は「発達したヨシの群生が分離し、強風で流れてきた」と分析。「これだけ大きいと浮力もあり、沈むことはなさそう」といい、将来は根を下ろして固定した島となる可能性が高い、とのことです。

 今日初めて見に行きました。写真は左:前側から、右:右側から島を撮りました。

マガモの一家  その島と岸の間にマガモの一家がいました。ヒナは多分4羽で、もう幼鳥と呼んだほうがふさわしいほど成長していました。
 流石に観光地のカモで、人を恐れて逃げ去るようなことはありません(餌も貰いには来ませんが)。
 函館市内はカルガモの天下ですが、大沼に居ついているのは大部分がマガモです。

小沼越しの駒ケ岳

 いつもの小沼散策のコースから駒ケ岳を撮りました。晴れていて、少し風があって、半袖で快適でした。
 水面の白い花はスイレンです。葉が茂り過ぎている印象です。
 白い船は観光遊覧船で、丁度セパット(野鳥編にあります)の手前にいます。

今日の収穫  7月12日の絵日記で、赤くなったカリンズ(フサスグリ)を紹介しましたが、もう完熟していて、今日家内が収穫しました。今年は実付きが悪かったですが、剪定のせいとのことです。
 ブルーベリーが少し色付き始めて来ましたが、今日の夕方にもヒヨドリが様子を見に来ていたそうです。カリンズの実は鳥は食べません。

2009年 7月19日(日):お盆過ぎの暖房使用

壁掛け時計  昨夜も函館のある渡島地方には大雨警報が出ていたと思います。Yahoo!の天気予報では、今日の最高気温は昨日より3℃高い!22℃です。
 写真は居間の壁に架けてある電波時計です。気温や湿度も表示されます。お昼で気温は23.3℃しかありません。余りに寒いのでちょっと暖房を入れることにしました。

コントローラー  右写真の暖房のコントローラーは居間にありますが、その温度や湿度のセンサーは暖房機が置いてある浴室の近くにあって、そちらの数値を反映していて、高く出ます。
 10分位暖房を入れました。流石にお盆過ぎの夏ですね。温かくなりました。こんな時期に暖房を使ったのは、昭和51年に函館へ来て初めてです。

2009年 7月18日(土):CATV でプロ野球三昧

CATV番組表の1部

 最近本館の更新が遅れるのはCATV(ケーブルテレビ)でプロ野球の中日Dragons の試合を見ているからだと書きました。
 これは今朝「見るだけ予約」をした時の、CATVの番組表で、1週間先まで見られます。今夜は横浜ベイスターズとの試合なので、親会社 TBS のニュースバードで、終了まで完全生放送してくれます。

放送局一覧の1部

 ケーブルの放送局はとても多くて、地デジと衛星デジタルを合わせた何倍もあります。
 まだ函館ではCATVはアナログなので、鮮明さではデジタルより落ちます。
 専門局が多いです。スポーツ、ニュース、音楽、アニメやキッズ、映画、古いドラマなどたくさんありますが、これは絶対見たいはそんなにはありません。

3羽兄弟のカルガモ  今日は20度くらいしか気温がなくて、長袖で丁度良かったです。
 昼に川へ行きました。行き帰り共にゴイサギは見つかりませんでした。
 下りに見つけた草の上のカルガモの幼い兄弟です。仲が良さそうです。お母さんはちょっと離れていました。川は増水しているので幼いヒナには危険が伴いますね。

増水した川を泳いで行く

 お母ガモさんに呼ばれて3兄弟も川に入りました。この写真は気に入って、本館のウェルカムページに使いました。
 水流も昨日より弱くなっていて、今日は大きいヒナを2羽連れたカルガモ家族、大人のカルガモ数羽、カモメ1羽が水面にいましたが、珍しい鳥はさっぱりでした。

2009年 7月17日(金):夏のゴイサギ、冠羽無し

栗の花  完全に平熱に戻り、気分も楽になりました。先週末から風邪で外を歩いていないので、昼食後に川へ行きました。
 気温は25℃位でしょうか、青空で、風が心地よいです。薄いジャンバーを着て来たら、暑くて途中で脱ぎました。
 白い物は栗の花です。鳥も飛行機も月も写っていない、青空の写真です。

木陰のベンチ  この川はかなり昔には、大雨で氾濫したことがあり、テレビで住民の避難の様子を見ました(その時は病院の官舎に住んでいました)。
 その後整備が進んで、堤防の上の周遊道路から水面までは、かなりの距離があります。道路沿いに近所の人が花を植えたり、このように手作りのベンチを置いたりしています。

夏のゴイサギ、冠羽無し

 大きい木の下の、水際の草の上にゴイサギがいました。前回ゴイサギを見たのは 7月4日土曜日 で、この時は家内が見つけて、私が行った時はいませんでした。
 側へ行って手すりの下の枯れ草を踏んで音を立てたら、木陰に隠れてしまい、待っていても出て来ませんでした。
 写真を見て気付いたのですが、こちらは白い冠羽が無いようです。若いのでしょうか・・・

流れて行くカルガモの一家  1キロ位川下へ歩き、帰りも川沿を歩いて戻りました。雨続きだったので川の水量は多く、行きには水面にカルガモは見ませんでした。帰りには、上流から流されて来たようなカルガモの一家がいました。
 ヒナはもう大きく、2羽しかいません。子供が餌を食べるのをお母さんは流れに逆らって、待っていました。

2009年 7月16日(木):ゴライアスクレーン第2部

緑の島から見たゴライアスクレーン(2009年5月14日)

 先週末からの風邪は少し良くなって来ました。今日は熱も最高で37.0℃でした。咳が殆んど出なくなったのが有り難いです。来週は函館方面の仕事ですが、泊るのは知内温泉とか福島町で、移動も多いのでしっかり治しておきたいです。
 「函館港ゴライアスクレーン」の第2部「撤去を惜しんで」は昨夜遅くアップしました。北海道の旅の函館と道南にあります。今回も全て600×450ピクセルの写真でで構成しました。ブログみたいとの声もあり、写真は今まで通り2,3種類のサイズの方が良いのでしょうか?

もどる 次へ

本館に戻る 掲示板[通常入門画像 別館トップ 写真絵日記
ミニ探訪 ミニ薀蓄 壁紙プレゼント 別館について