別館


写真絵日記


2009年 2月25日(水):庭の野鳥たち

アトリのペアとスズメたち  先月から忙しかったですが、今日からしばらく休みが取れています。
 午前中、庭に来る野鳥の写真を窓ガラス越しに撮って過ごしました。家内が庭の雪の上に「野鳥のまきエサ(商品名)」撒いて外出しました。最初に降りるのはドバトとスズメです。
 ペアのアトリも枝の上で待機していましたが、仲間に加わりました。

ペアのアトリ  ペアのアトリは食事に忙しくて、なかなか近くには寄りません。やっと一画面に入る距離に近付きました。
 図鑑で調べると、右の羽色の濃い顔黒の方がオスです。左の方は羽の色が薄いですね。メスの頭には黒褐色の頭側線が後頚まで続いています。
 冬鳥または旅鳥で、秋と春に多く厳寒期には少なくなります。

シジュウカラ  シジュウカラも2羽来ました。ピーナッツリングがお目当てで、もう殻しか残っていないので、立ち去りました。
 2月16日の絵日記に、ピーナッツリングで食事中のシジュウカラの写真があります。
 早速今日、殻付き落花生を買いましたが、節分過ぎなので高価な千葉産しかありません。今夜私もリングを作ってみます。

ヒヨドリも来ました  最後にヒヨドリも来ました。
 地面の野鳥の餌は食べないようですが、リンゴを置くと皆食べてしまいます。ピーナッツも好きで、ピーナッツリングにも挑戦しますが、体が大きいので、揺れて難しいようです。
 小さい庭ですが、2003年にはたくさんレンジャクが来て、「レンジャク来たよ!」をアップしました。

2009年 2月24日(火):札幌駅前の水鏡

22時半の観覧車  昨夜22時半撮影の写真です。すすきのの いつものホテル は最近は観覧車が(市電も)見えない側の部屋ばかり当たっていましたが、今回は「こちらの都合ですが・・」とことわられて、7階のツインルームになりました。観覧車は半分近くですが、見えます。
 ホテルはとても混んでいて、翌朝ロビーを見ると、スキー場行きや旭山動物園行きなどのグループが集まっていました。バスで直行するようです。

 旭川も札幌も函館に比べればはるかに積雪が多いです。写真でも、市電も通る幹線道路なのに路面に白く雪があり、タクシーのそばの雪の壁の高さも相当なものです。

札幌駅前の水鏡  午後は産業医として、電力会社系の 通信事業会社 の安全衛生委員会に出席し、新型インフルエンザ対策の話をしました。ここの産業医は古くからしていて、「峠を越えて」もここがサーバでスタートしました。
 終って札幌駅へ来ると、雪融け水が深い水溜りになっていて、バスやビルが水鏡に映っています。早春の光景です。

甘露泉水  2月20日に札幌駅構内の北海道さっぽろ「食と観光」情報館で「もいわの天然水」を買いました。その一角の「北海道どさんこプラザ札幌店」で、この利尻の水や富良野の水が売られているのを見つけました。こちらの値段は157円と高いです。
 利尻富士町の甘露泉水は 環境庁選定の日本名水百選 に入っています。便利な時代ですね。

2009年 2月23日(月):HAC 函館旭川便

庭のアトリ  今日は昼過ぎの飛行機で旭川へ飛びます。午前中庭のピーナッツリングへ来るシジュウカラを待ったいたら、庭にアトリが降り立って、雪の上を歩き回って餌を探していました。
 それで家内が撒き餌をしましたので、長く庭にいてくれました。たくさん撮りましたが、雪の上の色の濃い鳥なので、露出が難しいです。これは淡過ぎですね。

HAC2775便  乗る飛行機は HAC(北海道エアシステム)の13時20分発の旭川行きです。
 HAC は日本航空と北海道が共同出資するコミューター航空会社で、詳しいことは、北海道の旅の「Fly HAC」に書きました。今回は産業医をしている 電気工事会社 の旭川支店で、講話をするようにと、航空券も取ってくれました。風も無い青空なので、楽しみです。

駒ケ岳です  海岸線の近くを飛んで函館を離れました。白い山は駒ケ岳です。鹿部町〜森町の旧・砂原町辺りから見ています。
 函館旭川便は Fly HAC にも書きましたが、昔一度乗りました。釧路→旭川→函館便も一度乗っていて、この時撮った写真が同ページのタイトル写真です。
 今日は少しもやがかかっていたのが残念です。

洞爺湖です

 洞爺湖も肉眼では有珠山や中の島も判りましたが、写真は余り鮮明ではありません。シャッター速度優先で高速シャッターなので、ぶれは無いと思います。
 羊蹄山は山頂だけ雲から出ていました。大雪山は残念ながら山頂に雲がかかっていました。
 話を終ってから、夕方の特急で札幌に戻り、いつものホテルに入りました。

2009年 2月22日(日):激しい風紋

5枚のプリント  季節ごとの写真をA4にプリントして、白石の健診センターと中央区のサテライトに渡しています。撮った写真を使って貰えるのは嬉しいですが、選ぶのが一苦労。
 今回は来月から使う物で、それに合わせて昨年3〜5月の撮影分から選んでいます。こちらはサテライト分の5枚で、リスの写真の希望ですが、夏のエゾリスはイメージが違います。

7枚のプリント  こちらの7枚は白石の健診センター用です。待合室などの圧迫感を減らすと言う目的もあるで、風景や花畑の写真など使えます。リスは上とダブった雪のシマリスと斑点ジュニアの2枚だけです。
 リスにこだわらない方が良いと思うのですが、S藤部長さん、如何でしょう?

乱れる水鏡

 昼前に川へ行きました。いつもの場所にダイサギがいます。やはり余り神経質でなくて、写真を撮らせてくれます。
 今日は暖かくて雪がどんどん融けるので、川は雪融けの土混じりの水が流れ、風が強くて風紋が多いので、魚を獲る鳥には受難の日です。

強い風紋  通り過ぎてから振り返って撮りました。強い風が吹くと水面が写真のような一面の細かい風紋になってしまい、これでは水の中など見られませんね。
 この後も家内は粘っていましたが、風が強くてダイサギは岸に上がったそうです。この先少し下流で、飛ぶカワセミとすれ違ったので引き返しましたが、見つけられませんでした。

2009年 2月21日(土):上位ネットワーク障害

今日のホオジロガモのオス  道東方面は大雪で、昨日から新千歳空港は閉鎖状態でした。函館は余り雪も降りませんでしたが、今日も風が強く、やっと昼頃河口に行ってみました。
 ホオジロガモのオスは川の下流部分をやはり1羽で鳴きながら泳いでいます。メスは見えません。キンクロハジロが近くに5羽いて、近寄って行くと逃げられていました。

河口のウミウ  ホオジロガモのメスは今日も河口に1羽でいました。盛んに潜っていましたから、食欲も元気も十分だと思います。余り遠いので、証拠写真のアップは止めます。
 柵の上には、2月15日と同様にウミウが2羽いました。遠方のウミウは寝ているので、手前を撮っていたら、強風で柵から落ちそうになり、羽を開いてバランスを取っていました。

2月の日ごとの統計  本日17時頃からサーバーの「上位ネットワーク障害」でホームページが開かなくなってしまいました。20時過ぎには復旧しましたので、サーバー付属のWebalizerと言うアクセス解析ページをキャプチャーしました。
 最近気付いたのですが、「2月の日ごとの統計」ではVisits(2段目黄色)が9日1170、10日2559、11日1389と10日が異常に多いです。

top30 of URL  全URLのトップ30の2位に労働衛生のページの「ストレスコントロール」が入って来ました。先月までは30位以内には入ったこともない、平凡な(本当です)内容のページです。今までは単独ページでは潜血反応のページが1位でした。
 「ストレスコントロール」で検索するとYahoo!で1位、Googleで2位になっています。恐ろしいことです・・

2009年 2月20日(金):半玉増量

札幌駅の西口の電光案内板  昨夕札幌駅へ着いた時に、ホームなどの列車の電光案内板が綺麗になったと思いました。ドット数が増えて、高解像になったように見えます。今月は初めての札幌出張(一泊)です。
 これは今日の昼に撮りました。英文と上下に並べた書体も明瞭で、快速エアポートの飛行機のアイコン?もスマートです。このスーパー北斗は満席でした。

うどんつけめん  札幌駅ではよく 実演手打うどん 杵屋 へ行きます。
 地下街のこの店限定の「うどんつけめん」の冷を頼みました。つゆは温かくて、魚のだしです。不思議なことにチャーシューとシナチク、海苔が付いています。うどんの「半玉増量」無料ですが、いつもは頼まないのに、今日はご飯を付けなかったので増量して貰いました。味は私の好みでした。

もいわの天然水  昨夜本館のカウンターが42万ヒットになりました。申告が無かったか、駅構内の 北海道さっぽろ観光案内所 の10分100円のパソコンで調べました。
 隣の軽食喫茶コーナーでこの「もいわ天然水」を見つけました。採水地は札幌市南区で、この軽食喫茶も運営する 株式会社札幌振興公社 が販売者です。硬度28mg/Lの軟水です。

バスのラッピングはナッチャンRera  北斗14号で17時少し前に函館駅に着きました。迎えに来てくれた家内の運転する車の助手席に乗って帰りましたが、途中横に並んだ路線バスの広告塗装が見慣れた模様です。
 2月17日の絵日記で取り上げた東日本フェリーのナッチャンReraの絵でした。会社は撤退し、船はもう運航していませんが、バスは街を走り回っています。

2009年 2月19日(木):駅から徒歩1分

昼休みに41万9885ヒット  昨日夕方八雲町に移動して、駅の近くのホテルに泊りました。今日は午前、午後ともに八雲町のさる会館が健診会場です。
 街の中心から少し外れていますが、本館のカウンターが42万近くになっているので、昼休みにPHSカードで接続してみました。カウンターは41万9885ヒットでした。PCの右に差してあるのがPHSカードです。

手前は函館本線の線路です  午後の健診が終わって八雲駅に送って貰いました。出発案内を見ると、15:07発の札幌行きスーパー北斗13号に間に合います。16:22発の同15号の切符を緑の窓口で変更しました。
 ホームに出ると、目の前が 八雲でいつも泊るホテル です。駅から徒歩1分ですが、寝台や貨物など夜行列車が多く、その音や振動が気になる人もいます。

函館から来たスーパー北斗13号です  明日は白石のセンターでの仕事が当たっていて、一泊だけ札幌に行きます。
 雪の中をホームに入って来たのは、振り子特急のスーパー北斗です。旅のページの「北海道の振り子特急」は何度か改訂をし、今は「振り子特急」で検索すると、Yahoo!で1位、Googleで2位です。最近訪問者の多い「ストレスコントロール」も同じ結果です。

2009年 2月18日(水):どばそば

踏み切りです  今日明日はさる業界の振興会関連の特殊健診で、今日は午前中は木古内町、午後は江差町へ行きます。
 昼前に木古内町から上ノ国町への山道、道道5号線を通りました。雪が降ったり止んだりで風もあって、時折ホワイトアウトになります。踏み切り手前の橋の左の看板には「天野川」と書いてあります。上ノ国町には天の川伝説があります。

「どばそば」と書いてあります  12時ちょっと過ぎに上ノ国町の道道5号線と海岸の国道228号線の合流部に着きました。ここにはスーパーなどがあって、隣に写真のようにラーメン屋さん、焼肉屋さん、そばやさんが一軒の建物に入ったお店がありました。
 そばを食べようと入りました。入り口と客席は共同ですが、厨房は別々になっていました。

げそ天どばそば  壁の品名を見て、ゲソ天そばを頼みました。温かいのと冷たいのとありますが、と言われて、冷たい方を頼みました。
 届いたのがこの品です。右の天ぷらはたれも別で、げそ天と同じくらいの野菜天が入っています。そばは黒っぽくて、腰が強く、量が多いです。ネギとワサビの他に辛い大根おろしも付いていました。

メニューの一部です  私が食べたのはメニューの青地に白く書かれた「げそ天どばそば」でした。
 支払いの時にお店の女性に「どばそば」って何ですかと尋ねたら、地元の言葉でどばっと乗った大盛りのそば、と言われました。
 ネットで検索してみると「どばそば和家」(Yahooo!グルメ)はここが本店で、函館市鍛冶町に支店があるそうです。

2009年 2月17日(火):MOTTAINAI

288号線を進む  7時半に函館を出発して、知内町の発電所の2社の健診に行きました。
 写真は北斗市の津軽海峡沿いの国道228号線を走っているところです。例によって走行中のバスの窓越しに撮った光景です。
 函館は一昨日まで積雪ゼロだったのに、一昨夜から昨日の雪で10数センチの積雪になりました。朝早いので車道も雪で白いです。

車中から見た函館山  午後の仕事は北斗市と函館市のパ○ンコ屋さん(全道で2チェーン店を健診しています)なので、昼前に知内町の仕事が終了後、まっすぐ引き返しました。
 数時間しか経っていないのに、道路端を残して車道の雪は消えています。これも北斗市を走行中で、正面に見えるのは函館山です。上の写真と反対に、今度は右側が津軽海峡です。

ナッチャンReraがいる  北斗市の健診会場からは旧・東日本フェリーのターミナルが見えます。同社は昨年フェリー事業から撤退し、今はグループ会社の 道南自動車フェリー株式会社 が業務を継承して運営しています。
 使われなくなった ナッチャンRera(2008年 7月14日絵日記)がターミナルの左側に係留されたままになっています。

ナッチャンRera側面(壁紙プレゼント)−−高速豪華フェリー、MOTTAINAIですね。
北海道の旅のページに乗船記「なっちゃんでリンゴ買い」があります。

[2009年3月6日付記] その後の報道では、ナッチャンは今年の夏季、出来ればゴールデンウィークから1日1往復青函航路に運行されるそうです。
 今は開港150年行事の一環でナッチャンWorldは横浜港に派遣されています。

2009年 2月16日(月):一転雪景色

雪降る街の市電  連続して当たっている湯の川温泉の大きいホテル(2軒)の健診ですが、昨夜からの雪で街は完全な雪景色になっていました。
 健診会場がレストランという関係で、宿泊客の朝食が終ってからの遅い開始です。家内にスタッフのいるホテルまで送って貰うときと、健診バスで会場へ行く途中、すれ違う市電を何台か撮りました。雪の市電です。

聴力検査会場  レストランは一面が全部ガラス張りで、外には大きい庭園があります。給餌台もあるのですが、雪のせいか鳥は少なかったです。
 同じ系列のホテルで、カラオケルームで健診したことは前に絵日記に書きましたが、ここでは聴力検査の会場はラーメン屋さんです。
 函館の塩ラーメンはあっさりしていて美味しいですね、とスタッフに言われました。

ピーナッツリングのシジュウカラ  歩いて帰宅できる距離ですが、吹雪模様で、家内が車で迎えに来てくれました。
 2月3日の絵日記で、家内が作ったピーナッツリングを紹介しました。それから時々シジュウカラが1,2羽来ています。今日帰宅したら、2羽のシジュウカラが来ていました。これはちょっと離れた室内からガラス越しに撮った物で、全体の感じが判ると思います。

近くから見たシジュウカラです

 すぐ近くの窓のレースカーテンを少し開けて、珍しく連写で撮った1枚です。
 16時過ぎで、雪も降っていて、ISO は1600にしています。
 これはシジュウカラの舌が写っています。ゴジュウカラの舌やコクガンの舌が写っている写真を、野鳥編や壁紙プレゼントで使っています。

もどる 次へ

本館に戻る 掲示板[通常入門画像 別館トップ 写真絵日記
ミニ探訪 ミニ薀蓄 壁紙プレゼント 別館について