別館


写真絵日記


2010年11月26日(金):ナナカマドの実

昭和タウンプラザの看板塔

 よく健診会場に借りる亀田商工会館でお昼を挟んでの合同健診でした。
 産業道路をへだてたほぼ向いに昭和タウンプラザがあります。多数の店舗が集まって共同の大きい駐車場を持っています。ホクレンショッップもユニクロも函館ではここだけです。
 その塔になった看板の中に「回転寿司」ととても小さい字がありますが、判りますか?

すしまる昭和店

 その昭和タウンプラザ内の全皿120円回転寿司の すしまる へ昼食に行ったのですが、写真のような100円祭の看板が立っていました。
 いつもよりとても混んでいて、名前を書いて待つことになりました。最近は 北々亭 へ行くことが多く、すしまるはご無沙汰で100円祭のことは知りませんでした。

青空ナナカマド

 商工会館の駐車場には何本かナナカマドが植えてあり、真っ赤な実が付いています。
 会館の2階から見ると、赤い実が密集しているように見えますが、昼休みに木の下に行ってみると、大きい木なので実はとても上の方にあります。
 望遠にして撮りましたが、美味しそうには見えませんね。

11月24日撮影のキレンジャク

 今日から仕事なので、3枚しか写真が撮れませんでした。
 と言う訳で?一昨日撮ったキレンジャクとナナカマドの実の写真を1枚見て下さい。
 ナナカマドの実は寒さでしわしわになった方が(鳥にとって)美味しいと読んだことがありますが、旅鳥のキレンジャクには待っている余裕はないですね。

2010年11月25日(木):彩り豊か

屋上のアオサギ

 所用で出かける家内のお供で、湯の川方面に行くのに川沿に歩きました。
 先日ダイサギがいると教えられた辺りはカルガモだけです。アオサギがよく止まっているあるビルの屋上にはカラスが止まっていました。
 その近くの低いビルの屋上のアオサギです。カラスの方が強いのですね。

欠けてしまった山親爺の市電

 電車線のある通りを、一昨日の絵日記で紹介した720・函館千秋庵総本家号が湯の川終点の向いましたので、帰りを撮影しようと待ちました。
 ウィークディの昼前なのに車の通行が多くて、何枚か撮りましたが、一番多く車体が見えるのがこの写真です。最近までは720号は青色塗装の函館新聞社の宣伝車両でした。

9602・らっくる号2世

 ついでと言っては申し訳ないですが、何台か撮影してみました。
 そんなに速い物ではない(自動車と同じくらい)ので、邪魔がなければ近付いて遠ざかるまでに何枚か撮れます。これは車の間から撮れたラッキーな1枚です。
 市電はらっくる号2世(2台目)の超低床車9602号です。

722・スナッフルス号

 これは丁度邪魔する車がいなくて、余裕で撮れた722・スナッフルス号です。
 さるブログに彩り豊かと函館市電のことを書いていましたが、札幌市電と違って、らっくる号の9600型、箱館ハイカラ號と810号を除く殆んど全ての市電が宣伝塗装です。
 希望する会社が順番待ちしているそうで、この車体は昔はNCV(今は8008)塗装でした。

2010年11月24日(水):修道院のキレンジャク

男爵かれーオーブン焼

 七飯町の産直店を回って、野菜やリンゴを買ってから、鳥見に北斗市へ行きました。
 戸切地(へきりち)川ではサケがひしめいていて、イクラ狙いかカルガモが何羽も潜っていました。成果の無いまま当別の 男爵資料館 隣の 龍杉創(りょうざんそう)に入りました。
 男爵かれーオーブン焼き(1,100円)です。コーヒーはセルフです。

食べるキレンジャク

 トラピスト修道院がすぐ傍なので、ポプラの黄葉が残っているか行ってみましたが、裸木になっていました。腹ごなしに散歩に行った家内の帰りを待って、車のドアを閉めようとしたら、駐車場の端の2本のナナカマドに数羽の鳥が止まっています。
 この冬初めて見るキレンジャクです。口の中にナナカマドの実が見えます。

てっぺんに止まるキレンジャク

 売店と教会しかない場所なのせいか、キレンジャクは近寄っても逃げません。
 時々近くの茂みに飛んで行きますがすぐ戻って来ます。多いときは2本の木に10羽くらい来ていました。ヒレンジャクも見たように思ったのですが、写真にはありませんでした。
 撮り放題と言う感じで、私は260枚家内は70枚撮りました。

2羽のキレンジャク

 1画面には一番多くて3羽入れたのが何枚か撮れました。
 途中で家内が売店にバター飴を買いに行って聞いたら、春までは綺麗な鳥が来ると言われたそうです。この時期には観光客は少ないですが、駐車場の端で、木の上の鳥を撮っていても誰も気にする人はいませんでした。

2010年11月23日(火):函館千秋庵総本家号

餌を取るコクガン

 昨日の北海道新聞夕刊の道南版「みなみかぜ」にコクガンの飛来の記事が載りました。例年のように取材源はS田さんです。志海苔海岸(函館市志海苔町)に10羽初飛来とか。
 今朝の干潮は9時半頃なので、行ってみました。志海苔では見られなかったので、もっと先のさる漁港に行くと、16羽が舟の巻き揚げ場でで水底の餌を取っていました。

こんな鳥

 コクガンに関しては、野生動物・野鳥編に数編まとめました。天然記念物のガンで函館近海が最大の越冬地です。首の白いレース様の模様がシックです。
 顔が真っ黒なので露出の難しい鳥です。少し+に露出補正をすると目は写りますが、体色が灰色っぽくなってしまいます。この冬初回だったので、うまく撮れなかったです。

函館山を背景の9602・らっくる2号

 最近函館市電で、山親爺の宣伝車両を見ました。写真に撮れなかったので、コクガン見物の後で街に行きました。前にも撮ったことのある橋の上で市電を待ちます。
 晴れていますが寒い日で、最高気温の予想は昨日より10℃低い5℃です。たくさん市電が通りましたが、目的の市電は来ないし、車と重なって撮れなかったことも結構ありました。

駒場車庫内の720・函館千秋庵総本家号

 食事をしてから帰宅する際、ちょっと寄り道をして市電の駒場車庫を覗いてみると、何と問題の電車が入り口近くに置いてありました。720・函館千秋庵総本家 号です。
 山親爺は函館から暖簾分けした 札幌千秋庵製菓 でも作っています。札幌千秋庵と帯広の 六花亭(旧帯広千秋庵)も暖簾分け関係にあるそうです。

2010年11月22日(月):耳折れ君

柵の上のエゾリス

 午後からは気温が下がって雷雨になる予報なので、午前中見晴公園に行きました。
 まだ名残の紅葉がすこしあります。谷間の近くでエゾリスを見つけ、呼んだら来たので、柵の杭の上に剥きグルミを置いたら、近くで食べ始めました。
 こちら側から見ると正常ですが、このリスはもう一方の耳に特徴があります。

杭につかまって立つ

 クルミが載っていないか杭を見たのにありません。
 周りを見回しました。左の耳朶(みみたぶ)が折れています。欠けてはいないようです。
 耳欠け君は前に見たことがあります。耳折れエゾリスも、もっとひどく曲がったのを以前見たことがありますが、同一リスではないと思います。

枝の上でクルミを持っている

 今度はクルミを咥えて近くの木にジャンプして、太い枝につかまりました。手許をよく見ると、白っぽい物を持っているのが判ると思います。背景の黄葉は少ないです。
 公園を一回りしましたが、エゾリスは他に3匹みました。1又は2匹は子リスのようでしたが、写真を撮れたのは子リスの1匹だけで、不鮮明な画像ので削除しました。

いつものアオサギ

 湯の川のスーパーで買物をしてから家へ戻る際に、鳥見で渡る橋を車で通ったら、近くにアオサギがいました。一昨日の場所で、同じアオサギと思います。
 近くに車を置いて、同じ側の堤の上から覗き込んで撮った写真です。最初は寛いでいたよですが、気が付いて立ち上がりました。このとき頭上をもう1羽が飛んで行ったそうです。

2010年11月21日(日):八雲へ水汲みに

ちゃぷりん館と駒ケ岳

 いつも七飯町上藤城の大清水産業の七飯岳の湧水を汲んで来るのですが、今週木曜まで休みなので、今日はドライブがてら八雲町山越のヤクモ飲料の水を汲みに行きました。
 今日はひどくかすんだ天候で、もやなのか黄砂なのか、遠くが見えません。森町営の日帰り温泉ちゃぷりん館が前景の駒ケ岳です。大沼でもかすんで水鏡も出来ませんでした。

ヤクモ飲料水汲み場

 水に関しての詳細は 北海道の旅 の「名水・湧水」をご覧下さい。ヤクモ飲料の水はカルシウムが33.7g/lと多いのが特徴で、中硬水に近い(97.7mg/l)アルカリイオン水です。
 蛇口が5つあって、先客は珍しく2組だけでしたので、写真も撮れました。その後何組もやって来て、順番待ちになりました。10Lタンク×6、2Lボトル×10汲んで来ました。

泳ぐサケ

 家からヤクモ飲料まで74kmでした。せっかくここまで来たので、遊楽部(ゆうらっぷ)川の様子を見に行きました。ここは毎年秋になると、約10万匹ものサケの遡上が見られ、冬にはその死骸を食べにオオワシやオジロワシが集まるので有名です。
 国道277号線に架かる清流立岩橋はサケ見の名所で、無数のサケが泳いでいました。

遊楽部川河口近くのハクチョウ

 車が何台も停まって、カメラを持った人が降りて来ましたが、時期が早いのかワシは見られませんでした。八雲バイパスに戻って河口の方を見るとハクチョウがいました。
 河口に車を置いて、堤防を歩いてハクチョウの方へ行きましたが、間に川岸の林があって近寄れません。遠くから撮りましたが、羽を拡げたりして寛いでいるようです。

2010年11月20日(土):微妙な距離

マガモ

 川沿にいつもより少し多く歩く予定で出発しました。
 近所のカワにはカルガモとコガモとカモメがいただけでしたが、隣の松倉川にはマガモが大分増えていました。左のオスはまだエクリプスから脱していません。
 エクリプスについては「オシドリのエクリプス」と「マガモの話」をどうぞ。

口を開けるアオサギ

 最初の川に戻ると、アオサギが飛んで来て、11月14日と同じ場所に降りました。
 今日も漁をすると言うより寛いでいる感じです。天気予報では晴れるはずが、時折小雨も降る暗い天気で、ISO 800でやっと撮れました。
 写真を撮っていると、突然大口を開けました。声は聞こえなかったのであくびかも。

微妙な距離です

 イヌを連れて散歩している人が来てアオサギは飛び立ちましたが、近くの橋の向うに降りました。散歩の人は悪いことをしたと思ったのか、そのことを教えてくれました。
 カルガモが数羽岸で休んでいたのですが、アオサギはその中に降りたのです。隣にカルガモを入れて撮りましたが、仲良しとは言えない微妙な距離です。

足が水に入っている

 今回は余り警戒していないようで、対岸正面からも撮れました。
 これは行き過ぎてから撮った写真ですが、満ち潮になって水位が上がり、足の先が水に浸っています。撮っているときは気付きませんでした。
 家に近くなって、先にシラサギがいると教えられましたが、飛んでいるのを見ただけです。

2010年11月19日(金):高温注意

白石区役所の角ののぼり

 午前中は1社産業医訪問をしました。車を運転してくれたS本保健師さんが、今日は絵日記用の写真は撮れたか聞いてくれましたが、これは会社に帰ってから撮りました。
 向いの白石区役所の一角に交通安全ののぼりがたくさん立っています。今年は数年ぶりに交通事故死が北海道が一番多いそうです。交通安全ですよ。

向こう側が橋上駅

 午後は病気休暇中だった方の復職面談だけでした。
 いつものスーパー北斗16号(札幌駅発15時7分)で函館へ帰るのですが、今日はJR白石駅から電車で札幌駅へ向うことにしました。橋上駅化の工事の様子を何回か絵日記で取り上げている新白石駅は、向こう側の跨線橋にあります。階段は完成いしているようです。

牧歌の像(本郷新/昭和35年)

 時間に余裕があったので、札幌駅南口前の広場に行ってみました。
 何本か木が植えられていて、その内の1本がツリバナです。前に北海道花情報に投稿したことがあります。今日はもう実は残っていなくて、開いた殻だけでした。
 本郷新氏が昭和35年に製作した牧歌の像です。頭の上を見て下さい。

高温注意

 先週は新札幌駅からスーパー北斗16号に乗りました。その前は東室蘭駅からだったと思います。久しぶりに札幌駅の改札口を過ぎてからの待合室に来ましたが、季節の光景の恒例の大ストーブが燃えていました。こんなのが2基あります。
 こういう写真は人の顔を入れずに撮るのが一番難しいです。

2010年11月18日(木):お好み焼ランチ

午前6時40分の朝日

 昨日の午後は曇っていましたが、夕方過ぎには月が綺麗に見えました。
 今日は晴だろうと、朝起きて窓から外を見てみました。地平線近くに少し雲があるだけでしたが、日はまだ昇っていません。7時にホテルを出る予定で、少し待って6時40分に撮った朝日です。部屋は12階の南向きです。

南郷丘公園の霜

 最低気温は0℃だったようです。
 地下鉄白石駅から会社までは歩いて10分位かかります。いつも途中の南郷丘公園を横切ったり、傍を通るので、四季折々絵日記に取り上げています。
 今朝は霜で真っ白になっていましたが、日が昇れば消えてしまいます。

真っ青な青空

 午前中は豊平区月寒の自動車デーラーでした。札幌ドームの近くで去年も来ています。
 昼食は午後の健診会場の白石区の中間の北野というところにある大規模店舗の集合地の駐車場に入りました。素晴らしい青空で、10℃以上あって暖かいです。
 画面の下にお好み焼屋さんが写っていますが、ここに入りました。

ミックス玉ランチ

 お好み焼屋さんで昼食を取ったことが無いので、ランチの有無を確認しました。
 レディスランチ以外に4種類のランチがあって、これは豚、イカ、海老のミックス玉ランチ(892円)です。カレー、スープ、ライスがお替り自由で、お好み焼は焼いて来てくれます。
 十分な量なのでスープだけ貰いました。たまには良いかも知れません。

2010年11月17日(水):半玉増量2

江別駅から乗った列車

 午前中は快晴でした。8時15分札幌発の各駅停車で江別市へ行きました。
 江別市内のさる産業医事業所の安全衛生委員会に出席して、その後で、メンタルの講話をすることになっていて、初めてなので今回は「入門うつ病」の話をしました。
 11時過ぎの札幌行きの各駅停車で戻りました。江別駅で乗車前ですが青空です。

半玉増量うどんのみ

 札幌に戻って、昼食は札幌駅地下の杵屋へ入り、なす天だし醤油うどんを頼みました。夕方の特急で札幌へ出て来ると、ここで冷たいうどんと小さい火薬ご飯を食べます。
 時間によって無料で半玉増量やご飯一回お変わり自由になり、半玉増量を頼みました。昨日S木さんが絵日記では食べ物の話を見ると言ってくれたので取り上げました。

バスの窓から撮った晩秋の時計台

 午後、もう1カ所の会社へ行って、講話(午前と同じ話もします)と安全衛生委員会に出席しました。札幌駅から東方向なら札幌ファクトリーまでは現金に限られますが100円でバスに乗れます。この範囲だったので路線バスで往復しました。
 バスの窓から撮った時計台です。裸の木が多いですが、綺麗な紅葉も残っています。

赤れんが庁舎

 午後は曇っていたのに、札幌駅へ向っている頃に日が射して来ました。
 もう4時頃でしたが、北海道庁の前のイチョウ並木や構内の紅葉を見ようと、駅前から歩いて行きました。驚いたことにイチョウ並木は葉が殆んどありません。
 門の所に赤い葉(サクラでしょうか)が見えたので、赤れんが庁舎を撮りました。

もどる 次へ

本館に戻る 掲示板[通常入門画像 別館トップ 写真絵日記
ミニ探訪 ミニ薀蓄 壁紙プレゼント 別館について