別館


写真絵日記


2010年 5月30日(日):アオサギ大あくび

川で歩くアオサギ

 よく晴れていますが、風がやや強くて寒いです。
 カルガモのヒナも見られるかと、11時頃から久しぶりに川へ行きました。柳の木を全部切られてしまったので鳥見は諦めていましたが、イタドリなどの草も伸びて来ました。
 下流の方でアオサギを見つけました。川を歩いています。

大あくびをする

 川には魚がたくさん泳いでいて、満腹で鷹揚になったのか、アオサギは近寄っても逃げません。立ち止まったり歩いたりするだけです。橋の上で撮っていたらタクシーが停まり、運転手さんにサギの名前を3種類質問されました。ゴイサギも見ているようです。
 眠いのかアオサギは大あくびをしました。家内も見ていて、私に見たか聞いてきました。

屈んで魚を狙う

 たくさん写真を撮ったので、アオサギのいる場所を離れて下流へ進むと、追いかけるようにアオサギが近くへ飛んで来ました。冠羽が風になびいています。
 時々魚を狙うように身を屈めていましたが、本当に魚を狙っていたのか・・・。たくさん魚が泳いでいるのに獲ろうとしませんでした。魚を咥えた姿を撮る機会が無かったです。

巣材を集めるイワツバメ

 河口の近くの堤防の、干潮時に現れる段に、イワツバメがたくさん飛んで来ていました。巣材を集めているようで、左の2羽のツバメは口に繊維のような泥を咥えています。
 この後、別の2つの川も覗いて来ましたが、カワセミもカルガモのヒナも見られませんでした。久しぶりに6千歩近く歩けたのが良かったです。

2010年 5月29日(土):まだ咲き始め

恵山つつじ公園

 先週下海岸へ鳥見に行ったのですが、恵山つつじ公園のつつじまつりで、車がとても混んでいました。でもネットで 函館市役所恵山支所 の情報を見るとまだ蕾とのことでした。
 1週後の今日見に行きました。結構車が来ていて、臨時でない方の駐車場にやっと車が置けました。手前はムラサキツツジで、赤いのがヤマツツジです。まだ2〜3分咲きです。

ヤマツツジ

 活火山「恵山」の山裾の恵山つつじ公園では、5月下旬から6月初め、60万本ともいわれるエゾヤマツツジやサラサドウダンツツジなどが咲きます。
 2005年6月4日に撮った写真で 花を訪ねて に「恵山つつじ公園のヤマツツジ」をまとめています。1枚目の写真の上の方は津軽海峡で、今日は下北半島も見えました。

恵山の道の駅

 函館市の道の駅〜なとわ・えさん は改修中でしたが、食堂も売店も人が多かったです。特産品の「がごめ昆布」と「根ぼっけ」ののぼりが見えます。
 家内が新聞で見たと、地元函館で通称「ばきばき」と呼ばれる赤ぼっけ(根ぼっけ)を買いに入りました。生で400円、開き(すぐ売り切れ)は450円でした。

函館牛乳の牛の皮製ストラップ  絵日記は毎日更新していますが、最近本館の更新がペースダウンしているせいか、カウンターの進みも遅くなったと思います。
 それでもすぐに48万ヒットになりそうなので記念品に、郵送で耳が折れやすい木彫りのエゾリスの代わりにと 函館牛乳 あいす118 で写真の皮製の牛のストラップを購入しました。地元でしか買えません。

 ツツジの写真を、北海道テレビ放送(HTB)の 北海道花情報2010 に投稿しました。

2010年 5月28日(金):頭端駅室蘭

今日の日替り定食

 今日で4日半のN製鋼所室蘭製作所の健診が終わります。昨日の受診者が最高で264名(S藤マネージャー、合っていますか?)今日は250名でした。時間が割り振られているので、一度に多数が来場します。診察待ちは最高11人待ちになってしまいました。
 日替り定食は昨日はすき焼き定食、小うどん付き、今日は天丼定食で、400円です。

玄関に飾られた日本刀

 前からある事務所入口の自動ドアには日本刀の刃紋を模した飾り付けがあり、玄関を入ったところに日本刀が飾られていると聞いて、昼休みに見に行きました。
 室蘭製作所には、大正7年から日本刀の作刀を続ける瑞泉鍛刀所室蘭民報関連記事があり、テレビで日本刀を打つのを見たことがあります。刀匠も健診を受けに来ます。

二つの車止め標識

 4時半に健診が終わって、K村マネージャーがバンでJR室蘭駅へ送ってくれました。
 北海道の旅 に「北海道の頭端駅」があります。ここより先が無い行き止まりの駅が頭端駅です。北海道には10駅ありますが、なかなか思いつかないのが新千歳空港駅とここJR室蘭駅です。写真の左右に見える×印が、線路の終りを示す車止め標識です。

プラットホームの看板

 先の車止めの写真はこり過ぎだと自分でも思います。頭端駅の証拠には写真の上の駅名表示板を使えば簡単です。右へ行けば母恋ですが、左には駅はありません。
 下はホームの名所案内板です。吊り下げ式になっています。西へ何kmと言う表示だけでなく、交通手段や時間が書いてあって良いと思います。測量山は歩いて50分ですか。

2010年 5月27日(木):黄色いチューリップ

テレビアンテナのライトアップ
 これは昨夜19時36分に、ホテルの部屋の窓からISO 1600で手持ちで撮った測量山のテレビのアンテナ群です。三脚は持って歩かないし一脚も無いので、ライトアップの写真を撮るのは諦めていました。少しぶれていますが、まあまあ見られますね。
 測量山は標高199.63mしかありませんが、市内からはよく見えます。

右が新しい事務所棟

 これ以下の写真3枚は今日の昼休みに健診先で撮りました。何処にも出かけられないので、絵日記ネタに苦労します。
 写真左が前からある事務所棟(と言うのでしょうか?)で、1階に食堂と売店があり、3ヶ月前の健診は2階を2部屋使いました。右が先月落成の新しい棟で、周囲が未舗装です。

左は外国の国旗

 2010年2月26日の絵日記 でもこの花壇(冬なので花はありませんが)と6本の外国の国旗の写真を使いました。斜めから撮ったので大きい工場の建物が背景に入っています。
 季節柄花が咲いていて、特に赤いチューリップが目立ちました。
 確認してみましたが、今日は外国の国旗は5本でした。比べてみて下さい。

黄色いチューリップ

 先の花壇と正門の間の歩道脇に黄色いチューリップが植えられていました。初めは綺麗に咲いているな、としか思わなかったのですが・・・。
 よく見ると背丈の短い小さい花のチューリップが何本も含まれています。小さい球根を植えると最初は葉だけ出て花は咲かないそうですが、これもその類でしょうか。

2010年 5月26日(水):夕方の室蘭港

室蘭新道港側入り口

 室蘭新道に関しては前にも絵日記で取り上げましたが、室蘭と東室蘭とを結ぶ無料の自動車専用道路で、北海道で最も古い自動車専用道路です。
 室蘭駅の近くに港側の入り口があり、ホテルから毎朝そこを通るのですが、写真の乗用車の屋根の上方に見える「母恋」で降りると健診先です。新道は通っていないようです。

今日の日替り定食

 今日の健診先の職員食堂の日替り定食はえびピラフとクリームシチューでした。クリームシチューにはトウモロコシが入っていて、ちょっと新鮮に思いました。これも400円です。
 本日の受診者は257名で、昨日より多いです。診察用の待ち椅子は7脚用意したのですが、最も混んだときは足りなくて、2脚追加されていました。9人待ちは一度だけです。

港から見る測量山

 16時が受診者の受付終了時間で、今日は16時半過ぎにはホテルへ帰りました。
 夕食もホテルのレストランで食べているので、殆んど歩いていません。少し霧雨気味でしたが、カメラを持って港へ行きました。後は測量山です。このアングルは好きで 2010年2月25日2009年7月2日 の絵日記に写真があります。左は警察のボートです。

何隻ものタグボート

 本館の 北海道の旅・旅行記の「ナッチャンでリンゴ買い」で函館と青森を往復したのが東日本フェリーのナッチャン号でした。東日本フェリーは撤退して青函航路と函館大間航路は 津軽海峡フェリー が引き継ぎましたが、室蘭と本州を結んでいたフェリーはすべて廃止されました。写真は中央埠頭に並んだ4隻のタグボートです。淋しい感じがします。

2010年 5月25日(火):不覚!10人待ち

昨夕の港

 昨夕 いつもの室蘭港のホテル に入ったときは、まだ明るくて雨は降っていませんでしたが、霧が出ていて、測量山山頂は雲の中でした。
 今回もホテルへ夕食の予約の電話を入れたときに、海側の部屋を頼みました。測量山と港が見えるのです。昨夕は近くに船が2隻入っていましたが、今は後の船だけです。

診察待ち椅子10脚

 昨日午後のN製鋼所では、今春新規採用された方69名の雇い入れ時健診でした。
 今日からは通常の健診で、今日は242名受診しました。最初5脚の診察待ち椅子を用意しましたが、午前中混んだときに、一般健診の他に特殊健診の用紙を4枚持った方が2名入っていて、1度だけですが10人待ちにしてしまいました。明日は心します。

400円の日替り定食

 健診は金曜日まで8時開始で、16時30分までです。朝構内に入ると夕方まで出ないので、昼食は職員食堂を使わせて貰います。前に来たときにカレーラーメンのことを絵日記で取り上げましたが、値段は400円と言うのが多いです。
 写真は今日の日替り定食のハンバーグカレー、サラダ付きで、やはり400円です。

一時現れた測量山の山頂

 今日は室蘭は朝から雨が降り続いていて、一時は風も強かったです。
 仕事が終って16時半過ぎにホテルに帰り、部屋の窓から見ると、雨の中に少し薄くなっていますが、測量山の山頂が見えました。絵日記ネタにと思って写真を撮りましたが、しばらくして見ると又見えなくなったいました。明日も天気は悪そうです。

2010年 5月24日(月):甚べいのホッキ炊込み弁当

白鳥大橋を渡る

 今週は室蘭で仕事ですが、今日の午後から金曜午後までの4日半は年に4回(誕生月で決めます)健診のあるN製鋼所室蘭製作所へ行きます。
 午前中は港の対岸にあるN崎産業の工場へ白鳥大橋を渡って行きました。これは帰りに撮った写真ですが、風が強くて通行禁止にならないか心配しました。

人気のくじらん

 室蘭市のマスコットの くじらん は左のリンク(室蘭市ホームページ)によると、制定されて20年目になります。そこで「くじらん」誕生20年記念キャンペーン(4月5日〜5月31日)開催中で、「くじらん」の写真を送ると、抽選で20名に「くじらんグッズ」が当るそうです。
 左はN崎産業の工場の門で、右は交通安全旗です。

甚べいとホッキ炊込み弁当

 昼休みは白鳥大橋を戻って、AコープむろらんWESTに駐車しました。ここの一角には苫小牧と室蘭の弁当屋チェーン店の 甚べい Aコープ店(写真左)があります。
 右写真のホッキ炊込み弁当を買いました。野菜やサラダも入っていますが、890円と結構高額です。なお、函館の弁当店「甚兵衛」とは別な会社ですが、業務連携しています。

新健診会場

 今週4日半健診に行くN製鋼所室蘭製作所は最近3階建ての新棟が完成しました。中はもう使われていますが、周囲の舗装などが未完成な出来立てほやほやです。
 健診会場もこちらの新棟になり、広い部屋で一室ですむようになりました。左で採血、右が前から血圧・視力、診察、心電図です。受付と計測は背後になります。

2010年 5月23日(日):サラキ岬チューリップ園

オランダ風車と咸臨丸のモニュメント

 木古内町 は函館から約40キロの距離で、北斗市と知内町に挟まれ、津軽海峡に面しています。背後は山です。2007年5月12日に、同町の薬師山の芝桜とサラキ岬のチューリップを見に行きました。サラキ岬は、江戸幕府の咸臨丸の終焉の地です。オランダ製の同艦にちなんで年々植えるチューリップの数が増え、今年は約5万球になりました。

満開です

 今年のチューリップフェアは5月2日〜16日でしたが、寒さで開花が遅れて今満開になりました。6月初旬まで楽しめます。今日は結構な人出でしたが風が強くて寒かったです。
 詳しいことは 木古内町観光協会咸臨丸が眠るサラキ岬 をご参照下さい。また、以前から 咸臨丸とサラキ岬に夢みる会 が活動しています。

函館に向う特急スーパー北斗

 花の写真を撮っていたら、公園横の国道と並行するJR津軽海峡線の線路を、函館行きのスーパー白鳥が通り過ぎて行きました。特急白鳥はJR東日本の所有で古い型ですが、こちらはJR北海道所有の新しい電車特急です。
 青森県の八戸市と函館を結んでいて、先月は弘前行きで、これで青森まで往復しました。

何も無いところを走る

 チューリップは球根つきで1本200円で譲ってくれ、買って掘っている人がいました。
 函館江差自動車道−高規格幹線道路(一般国道の自動車専用道路)も昨年11月に北斗富川ICまで延長されたのですが、それ以後に書き換えたカーナビのデータには載っていません。これでは道も無いところを走っていて、奇妙な感じがします。

 チューリップの写真を、北海道テレビ放送(HTB)の 北海道花情報2010 に投稿しました。

2010年 5月22日(土):親子エゾリス

手前が親です

 9時頃に見晴公園に行きました。緑のセンター近くで常連のご夫妻に会うと、その先に母リスと2匹の子リスがいると教えてくれました。鳥はキビタキの声を聞いただけ、とのこと。
 子リスはもう大きくて、1匹はじきに木に登ってしまいました。向こうが残ったオスの子リスで、小さくて耳のふさ毛が抜けずに多いです。母に甘えても追い払われていました。

タンポポエゾリス

 キビタキは頭上高く枝に止まったのを撮れましたが、証拠写真です。
 グランドの端の方から遊歩道の近くにいるエゾリスを見つけました。始めは自分で見つけたお菓子のような大きな餌を食べていましたが、その後は手から剥きグルミをたくさん持って行きました。立ってこちらを見ています。周りにタンポポが咲いています。

何シギ?

 その後は下海岸(戸井恵山方面)へシギを探しに行きました。恵山つつじまつりが5月22日〜6月6日)で、そちらに向う車がとても多かったですが、まだ咲いていないようです。
 2ヶ所ほど舟の引き揚げ場を見に行きましたが、どちらにも昨日見たキアシシギのようなシギがいました。近付けないので大きくは撮れませんでした。足は黄色くないですね。

牛模様のクッション

 帰りに、はこだてオートキャンプ場を覗いたら、パークゴルフが楽しそうでした。花を訪ねて・短編版にも掲載した石崎地主海神社へも寄りましたが、ヤエザクラはまだ蕾です。
 帰る途中の、ソフトクリームで有名な 函館牛乳 あいす118 に今年初めて行きました。口蹄疫のせいで牛は見せていません。店内の牛柄のクッションがお洒落ですね。

2010年 5月21日(金):春のキアシシギ

江差駅前のスズラン

 健診終了後、皆は厚沢部まで戻り、そこから落部への道道を通ります。
 車で迎えに来てくれた家内と厚沢部の道の駅で落ち合いました。江差へ行って食事をし、江差駅へ八雲函館間のJRの特急券を払い戻しました。江差駅の小さい花壇ではスズランが咲いていたので、北海道テレビ放送(HTB)の 北海道花情報2010 に投稿しました。

岸辺のシギ

 本来は健診車で八雲駅へ送って貰い、特急で函館へ帰る予定でしたが、夕方までかかってしまいます。それで天気が良ければ、家内が迎えに来てくれることになったのです。
 最近某サイトでキアシシギの写真を見たので、昨年9月14日と17日に見て「かもめ島のキアシシギ」にまとめたかもめ島へ行きました。探すと岸辺で1羽が餌を取っていました。

岩礁の上のキアシシギ

 私と家内が珍しがって近寄って写真を撮るので、2度は飛び立って近くに降りましたが、3度目は何処かへ飛んで行ってしまいました。春と秋に見られる旅鳥です。
 かもめ島の遊歩道を歩いて行った家内が、岸から少し離れた岩礁の上にキアシシギを見つけました。怒っているような顔をしています。多分同じ鳥と思います。

 周りがもっと入った 壁紙サイズのキアシシギの写真 を画像掲示板に置きました。

エゾバカガイ

 せっかく江差に来たので、かもめ島入り口の ひやま漁協 江差直売所へ行きました。目的はエゾバカガイです。2009年5月26日の絵日記 で詳しく書きましたが、本州で言う青柳とか桜貝と同じ物で、殆んど本州に出荷されます。
 今は熊石で採れた物で、段々漁場が南下して7月に上ノ国産になるそうです。

もどる 次へ

本館に戻る 掲示板[通常入門画像 別館トップ 写真絵日記
ミニ探訪 ミニ薀蓄 壁紙プレゼント 別館について