別館


写真絵日記


2010年 3月31日(水):スライド改訂

休煙してみませんか?

 休み続きでぼけていて、来週ある会社で禁煙の話をする予定だったことを昨夜急に思い出しました。2年前に他社で話したスライドを改訂しなければなりません。
 写真のタイトルスライドはそのままで良いですが、その頃のトピックスはタクシーの運転手さんの車内禁煙、北海道庁の全館禁煙などでした。

Come to Marlboro Country

 最近DVDでよく映画を見ますが、昔は喫煙が日常的だったことに違和感を感じます。
 飛行機でも喫煙できたのですよ!一昨日プラトーンを何年かぶりに見ました。劇中殆んど全員が煙草を吸い続けていて、パトロール中も村に放火する時もくわえ煙草です。
 このマルボロの広告のページは新規です。マルボロマンは本当に肺癌で亡くなりました。

2010年2月25日厚生労働省通知

 文字だけのスライドが半数以上なのは、慣れないからとは言え、拙いと思います。
 今年のトピックスは「2010年2月25日厚生労働省通知」です。全面禁煙の対照には飲食店やパチンコ店まで含まれます。ただこれは罰則が無いので、効果があるかは不明です。
 外国では禁煙でパブの客数が減ったと読んだことがあります。

いか天おろしそば

 昨夜からスライドの改訂を始め、少し削って「禁煙治療」などの新しいページを作り、午前中に出来上がってメールに添付して送りました。
 晴の予報で、リス見に行く予定でしたが、曇天で風が強いので止めました。買物に出てよく行く市内東山、産業道路沿いのささの家に昼食に行きました。いか天おろしそばです。

2010年 3月30日(火):小沼から

ダイサギとアオサギ

 風はありましたが好天で、七飯町藤城での水汲みを兼ねて、大沼公園に行きました。
 セパットより少し国道5号線側の小沼と反対側に小さい沼があって、アオサギがよくいます。覗いてみたら二人のカメラマンがいて、ダイサギ1羽とアオサギ5羽がいましたが、道路を通る車に驚いたのか3羽が逃げてしまいました。渡海して来て、移動の途中でしょうか?

小沼から見た駒ケ岳

 小沼のよく行く遊歩道を歩いてみました。そこまでの道路が雪融けでわだちになっていて、車のお腹をすりそうでした。小沼の方が大沼よりずっと氷が融けています。
 マガモやアオサギがいましたが、足音で逃げ去ってしまいます。小さい白い鳥も2羽いて、遠くへ逃げましたがミコアイサだったかも知れません。しゃがんで撮った水鏡もどきです。

ヤマゲラのメスです

 遊歩道のそばの木に大きめの鳥が飛んで来ました。高いのでなかなか見つかりませんでしたが、写真のヤマゲラのメスでした。頭に赤い部分がありません。
 この時上空をオオワシがゆっくり飛んで行きました。私はピントが合わせられなかったですが、家内は枝越しの写真になってしまいました。急な出現では難しいです。

cafe DIANE

 少し前にJR大沼駅のちょっと大沼公園側に、写真の軽食喫茶店 cafe DIANE(カフェ ダイアン)が開店し、ランチがあるとのぼりに書いてあるので今日入ってみました。
 吃驚したことに見覚えのあるようなエゾリスの写真が棚にあり、壁には多くの写真が飾られていました。日帰り写真家 ヒデさんの写真で、デジタルフォトフレームにも見たことのある写真も映されていました。昔からの相互リンクしているので、嬉しかったです。

2010年 3月29日(月):越冬カイツブリ

越冬カイツブリです

 遅めに10時頃見晴公園に行ったら、全くの空振りでした。
 そこで河口の近くに行ってみると、私がいた近くにカイツブリが浮いて来ました。柵もあるし、動かなければ私が判らないらしく、3回の潜水後毎にたくさんの写真を撮れました。
 カイツブリは雌雄同色で、北海道では夏鳥ですが、まれに越冬するそうです。

何か咥えている

 前にもいましたが、この冬にはいつもの川でよくカイツブリを見ます。2羽はいます。
 ただ気付いて撮ろうとすると、すかさず潜り、どこに浮いてくるか判らないのでなかなか撮れません。今日はうまい具合に相手が気付かなかったのが良かったです。
 何か咥えていますが食べられないものだったようです。

群れて飛ぶコクガン

 3月24日に松前へ行ったさいに福島町の海岸で、コクガンをたくさん見ました。それでいつもコクガン見に行く下海岸(戸井方面をこう言います)へ、昼に行ってみました。
 最初すぐ逃げられてしまったのですが、そのまま見ていたら群れて飛びながら戻って来ます。そしてまた近くへ降りてくれました。

くつろぐコクガン

 物陰に半分身をかくしてはいましたが、今度は私を気にしないように振舞っていました。リラックスしているようで右端のコクガンは口を開けて鳴いています。
 本当は漁師さんのような格好で行くと逃げないようですが、カメラを構えると警戒されます。今日は白いダウンの上着だったのが不注意でした。

2010年 3月28日(日):江差へドライブ

厚沢部の道の駅の内部

 24日に松前にドライブした時、渡りの途中のオオハクチョウやダイサギを見ました。日本海側はどうだろうと行ってみました。途中で大野(北斗市)の田んぼの中なども見て行きましたが、渡り鳥は見られません。渡島中山峠を越えて、厚沢部に来ました。
 道の駅 には壁にシカの首が飾られていて嫌ですが、農産物と駄菓子を買いました。

かもめ島の瓶子岩

 探鳥の本にも載っている厚沢部川の河口の方に行きました。でも川に沿って道がある訳では無く、河岸に出れたところでは、近くに鳥はいませんでした。
 江差のかもめ島に行ったみました。海岸にシギもチドリもいません。写真右の瓶子岩に乗っているカモメはウミネコです。函館は晴れていましたが、こちらは曇りです。

小さい漁船が入港して来ました

 江差港にはいつものように巡視船のPS05 かむいが停泊していましたが、奥尻航路のフェリーは時間が合わなくていませんでした。
 江差港に入港して行く漁船を、かもめ島から撮りました。手前の浮いたパイプに乗っているのは、大きくしてみるとやはりウミネコでした。

あわび丼御膳

 江差には四季を通じてよく仕事で来ます。絵日記も江差を題材にしたものが多いです。
 昼食は1月28日に知内産カキと車海老のミックスフライを食べた レストラン津花館 へ行きましたが、昼の営業が終わった所でした。急いで1月29日にうにとじ定食を食べた れすとらん江差家 へオーダーストップの1分前に入りました。あわび丼御膳(1650円)です。

2010年 3月27日(土):絵日記のファイル管理

_2010フォルダー

 よく絵日記のことをブログと言われますが、ブログが一般的になる前から自分でファイル管理をして作成しています。
 今日の25日前からの絵日記は、写真のようにdiary1037.htmlから始まるページに10日分ずつまとめて、_2010フォルダーに格納してます。今日はdiary1031.htmlを作成しました。

diaryフォルダー

 そのもう1つ上の階層にdiaryフォルダーがあって、diary01から03.htmlファイルが置いてあります。絵日記の1ページ目がdiary01.htmlで、これだけが5日分、その他の2ページは10日分以下の可変のページです。25日分たまると3ページ目を書き直して_2010フォルダーに収めます。左のdiary02と03.htmlは右よりサイズが小さいのは各5日分に減ったからです。

飛ぶペリカン

 1月30日の絵日記で、映画 WATARIDORI のことを取り上げました。中古のDVDを買った話で、リンク先はDVDの箱の写真にしました。自己管理だから出来るのでは?
 卵から育てた鳥と一緒に超軽量飛行機で飛びながらの映像が見事です。人が育てたのでカメラや人を気にしません。それでも渡りをします。

餌を貰いに来るツル

 最近ケーブルテレビの Movie Plus で放映しているので、今日は雪で出かけなかったためつい見てしまいました。
 このシーンは初め農婦を見て逃げたツルが次は餌を貰いに来るエピソードで、うまい演出です。野鳥ファンで未見の方は、DVDも出ていますので一見の価値があると思います。

2010年 3月26日(金):氷ゆるむ

いつもの場所からの駒ケ岳

 晴天のウィークディを狙って、大沼公園に行きました。1週間前にも行ってミコアイサを見ました。今のウェルカムページがその時の写真です。
 今日は風が強かったですが、まだ水面の大部分は氷っていて、水鏡は関係ありません。リバージュへ行く小径からで、水面が先週よりも広がりました。

東屋の所から

 セパットにはマガモが少しいただけでした。
 こちらから大沼を1週することにしました。先週ミコアイサやダイサギがいた場所は薄氷が張っていて、鳥はいません。半周以上湖岸の道路を回って、自転車道路の東屋のある場所で湖岸に降りました。近くの氷は融け始めています。

代表的な景観です

 遊覧船の発着場近くで、団体客の記念撮影用足場の組んである所から撮った写真です。
 池には氷が張っていますが、この角度が大沼公園から駒ケ岳を望む代表的なポイントです。水面に遊覧船がいたら、そのまま絵葉書になります。
 遊覧船置き場でも作業の音がしていましたから、春近しですね。

遊歩道で遊ぶ人

 この辺りではまだ湖面を歩ける所が大部分です。
 遊歩道の橋の向うまで人が入っています。橋の写真は別館のトップ写真にしました。今日は大沼と駒ケ岳づくしです。
 野鳥もエゾリスも無くて申し訳ありません。

2010年 3月25日(木):隠れ木が無い

無残な切り株

 昨年9月12日の絵日記 で、近所の川の川岸の無残なヤナギ切り株の写真をお見せしました。切断は段々下流まで及び、ついに河口までの半分以上になりました。川沿いの民家の人の話では、市が仕事を増やすために切っているそうで、それなら植林して欲しい。
 カワセミが止まりダイサギやコガモが隠れていた木は無くなりました。

大きい魚がいます

 湯の川温泉の中を流れる部分では、温排水が側面の水路から流入して来ます。
 他の川でも見られますが、寒い時期にはカルガモなどはこのような場所に集まることが多いです。
 今日は大きい魚が群れていました。カワセミには獲れないと思うほどの大きさです。

海上保安庁のヘリコプター

 近くに函館空港があるので、時々飛行機やヘリコプターを撮ります。
 近いと速いのでピントが間に合わないことがあります。写真は 海上保安庁 のヘリコプターです。JAPAN COAST GUARD と英語が書いてありますが、アメリカで言う沿岸警備隊は5軍の1つですが、日本では 国土交通省 の所管で海上警察のような感じですね。

川で越冬組みの5羽のキンクロハジロ

 午前中に川に行って、昼前に帰って来ましたが、雪が降り始めていました。昨日は快晴で暖かかったですから、変化が大きいです。
 キンクロハジロは海上や大沼ではよく見ますが、いつも行く市街地の狭い川で数羽で越冬するのは、ここ数年では今回が初めてと思います。餌が豊富だからでしょうか。

2010年 3月24日(水):黒い鳥、白い鳥

福島町のコクガン

 好天の予報なので片道100余キロの松前町に春を探しに行きました。
 途中福島町の海岸の岩礁の上に多くのコクガンがいました。コクガンの越冬地としては上磯(北斗市)函館から噴火湾沿いに伊達市辺りまでは知っていましたが、この時期にこちらへ来て、しかも干潮に当るのは滅多に無いので、初めて見ました。

松前の道の駅での昼食

 昼食は予定通りに 松前町の道の駅〜北前船 松前 の北前食堂に入りました。
 左は「ピンクの食材を集めました。今度の姫はアワビ入り」のキャッチコピーの松前姫様どんぶりです。殿様どんぶりは200円以上安いので、私は右の「津軽海峡・松前産本マグロ」の松前本マグロ漬け丼を頼みました。共に1,200円でした。メニューはこちらに

ダイサギ7羽

 帰りは鳥見をしようと、国道より山側の道を通りました。
 福島川に7羽のダイサギの群がいて、対岸にも1羽いました。かたまってくれた時に撮って、車の向きを換えに行ったら、地元の女性が車を停めて、家内にあの可愛い鳥は何という鳥だと聞いていました。こんなに多くは初めて見たそうで、渡りの途中なんですね。

遠いハクチョウ

 知内町の湯の里地区は山間地ですが水田が発達しています。国道を走っていて遠くに白鳥の群れが見えました。拡大して見るとオオハクチョウで、左にもっと多い群がいます。
 農家の敷地の隅を通って田んぼの中を寄って行ったら、隣家の犬が吠え出して、写真のようにハクチョウが歩いて逃げ出しました。悪いことは出来ませんね。

 後程ツバキなどを、北海道テレビ放送(HTB)の 北海道花情報2010 に投稿しましす。

2010年 3月23日(火):作春生まれ?

枝の上からこちらを見る

 10時過ぎに見晴公園に行きました。雪は少なく固まっていて、歩きやすいです。
 よくエゾリスがいる木の中に1匹見つけたのですが、降りて来ないようなので、何枚か撮って公園の先に進みました。
 でも後から来ていた家内が来ないので戻ることにしました。

固まったよう

 案の定、家内は先程の場所でエゾリス2匹と遊んでいました。
 2匹降りて来て、最初は剥きグルミを持って行って食べたけど、じきに地面に埋めだしたそうです。大きさや顔立ちから、7日に見たリスを含め、作春の大騒動の子リスのようです。
 石の上で一瞬固まってしまったようで、撮り放題になります。

函館公園から見た函館山山頂

 まだ早かったので、函館公園の様子を見に行きました。
 函館山の裾にあり、博物館や小さい動物園があって、やはりサクラの名所です。
 タンポポも無かったですが、フキノトウがいくつか見られて、その内の1枚を今夜 北海道テレビ放送(HTB)の 北海道花情報2010 に投稿しましす。

スズメの木

 スズメがたくさんイチイのような木に群れていました。こういう木は必要があれば潜って身を隠せるので、スズメは好むようです。
 函館山は野鳥の名所です。今日はウソの鳴き声を聞いたようですが、姿は見えませんでした。撮ったのはスズメとゴジュウカラだけです。

2010年 3月22日(月):100円祭

100円祭看板

 全皿120円で函館と近郊に10店展開する回転寿司チェーン すしまる については、よく絵日記で取り上げています。前身の「ひゃくまる」の頃は1皿105円でした。
 昨日行ったファミリーレストラン海峡の向いがすしまる戸倉店です。窓から全皿100円の看板が見えたので、今日昼食に行きました。

タッチパネルと新幹線

 お店はフレスポ戸倉内と立地条件が良く、今日は休日だったので遅めに行きました30分待ちでした。新しい店なので、注文が左のタッチパネルで出来ます。
 注文したお皿は、上の特急レーンを通って新幹線が運んで来ます。1回4皿しか運べない制限があります。混んでいたので店員さんの手渡しの方が多かったです。

活タコとアワビ

 この店の注文システムについては、以前絵日記で取り上げています。
 お寿司は少し小さめで、子供さんにも合うようで、たくさんの家族連れが来ています。
 メニューはとても豊富です。左の活タコは多分地物のミズダコと思います。右のアワビは1皿1貫で、小振りですが味は本物です。

活ホッキ2皿分

 注文した2皿分の活ホッキです。ホッキ貝(北寄貝)のすしネタは活ホッキと茹でホッキがあり、後者は色素のある紫の部分が赤くなります。
 ホッキガイはウバガイ(姥貝)の北海道方言らしいですが、今はこちらの方が一般的です。北日本で取れる殻長が10cm以上になる二枚貝で、調理法がたくさんあります。

もどる 次へ

本館に戻る 掲示板[通常入門画像 別館トップ 写真絵日記
ミニ探訪 ミニ薀蓄 壁紙プレゼント 別館について