別館


写真絵日記


2011年12月31日(土):大晦日に出現

久しぶりのアオサギ

 今日は気温も比較的高く、一時的にはお日様も出る予報です。
 歩いて川へ行きました。昨日の絵日記に「アオサギはダイサギに負けたのか今年は殆んど見ません」と書いたのですが、でんと水面に座り込むようにいました。
 飾り羽が綺麗です。嬉しくてたくさん撮りました。

川岸の雪の上のダイサギ

 河口まで行く間にホオジロガモのメスが少し上流に来ていましたが、オスは見えなくて、鳴いていました。またはぐれたのかも。河口にはヒドリガモもいましたが、すぐ逃げます。
 こちらはM川にいたダイサギで、シャイなのでとても気を使います。

舞い降りて来たアオサギ

 車で買物に出ていた家内や娘と合流して、蕎麦屋さんで年越し蕎麦を食べました。
 その後また1人で川沿に歩いて家へ帰ったのですが、先ほどアオサギがいた近くに、空からアオサギが舞い降りて来ました。多分同じアオサギでしょう。
 野生動物・野鳥編の「仲良しだった」はアオサギとダイサギの楽しいお話です。

魚を狙うダイサギ

 川沿に歩いて、家にかなり近くなったら、漁をしているダイサギがいました。
 先日見たダイサギはたくさん魚を獲っていました。写真のように足を水中で動かして、驚いて逃げる魚を捕まえるのはアオサギと違うと思います。
 今年1年、見て頂いて有難うございます。来年も宜しくお願い致します。

2011年12月30日(金):千歳へ給油に

隣はマガモ

 昼頃郵便局やスーパーに行きましたが、そのついでに川を覗いて見ました。
 お目当てのカワセミは今日は見られませんでした。
 M川がY川に分岐した近くに今日もダイサギがいました。この辺りはマガモもいます。隣で逆立ち採食しているのはマガモのオスです。

隣はカルガモです

 帰りにS川を覗きました。
 ここにもいつものようにダイサギがいます。昔はアオサギもいたのですが、ダイサギに負けたのか今年は殆んど見ません。
 隣で寛いでいるのは、この川の主のカルガモです。

最後に見たダイサギ

 14時55分函館空港着のJAL便で、娘が東京から帰省するので、迎えに行く途中S川の前とは違う場所で見たダイサギです。2枚目と同じかも。
 隣に連れはいませんが、これが一番良い色が出たと思います。
 このときは雪なんか全く降っていませんでしたが・・・

到着予定

 空港へ着いた頃少し雪が降り出しました。
 その後除雪が間に合わないと、飛行機は新千歳空港に給油に向ってしまいました。関西空港からの便は不幸にも引き返しました。その後のAIR DOやHACは遅れて降りました。
 結局、娘が降り立ったのはほぼ4時間遅れになりました。

2011年12月29日(木):オオハクチョウの挨拶

食パンの給餌で大争い

 思ったより天気が好く、気温も高いです。
 買物ついでに江差道を2区間使って、よく行く上磯の川へ行きました。今日は給餌用のパンを持参です。それをまくとオオハクチョウも2羽争奪戦に参加です。
 飛んでいるのはめっきり減ったユリカモメです。小さいけど気が強い。

水面に降りて来る4羽のオオハクチョウ

 21日に来たときよりも大ハクチョウは減っていました。今回見られなかったのはオオバンとシノリガモで、その他は同じようにいました。
 川下の方を歩いて見に行く途中で、他所の場所から移動して来た4羽のオオハクチョウが川に降りて来ました。数からすると一家だと思います。

挨拶するオオハクチョウたち

 降下しているときにもうコーコーと鳴いていましたが、水面に降りると近くのオオハクチョウたちが泳ぎ寄ったり、少し遠くから飛んで来て、鳴き交わします。
 羽もばたばた羽ばたくので、鳴き声だけでなく、とても賑やかです。よくペアがこんな挨拶をしますが、違う家族でもするのですね。群で行動するから、社会性があるのでしょう。

マガモもサケを食べています

 27日の絵日記で、サケの死骸(ホッチャレと言います)の腹部を食べているカルガモの写真を使いました。ホッチャレはワシも食べますが、カラスやカモメのご馳走です。
 今日はマガモがペアで死んだサケを食べているのを見ました。
 マガモがサケの卵を食べるのは 野生動物・野鳥編の「マガモの話」にあります。

2011年12月28日(水):函館、雪のエゾリス

雪の上のエゾリス

 今日は好天の予報で、家内に誘われ朝から見晴公園にリス見に行きました。
 8時半に着いたときは雪が降っていて、9時頃止みました。
 いつもリスに会う場所では、すぐに2匹のエゾリスが寄って来て、あげたオニグルミを熱心に食べています。お腹が空いているようと、家内は餌やりに追われていました。

枝の上で食べる

 もう1匹現れて、3匹がクルミを貰いに来たり、近寄る仲間を追い払ったりしています。
 目前を仲間にちょろちょろされるのが嫌なのか、枝の上や植え込みの枝の中にはいったりして、邪魔されないように、剥きグルミを食べています。
 このリスは片耳が折れていて、耳折れ君かも知れません。

今日もミヤマカケス

 園内を一周しましたが、人家の私設給餌台がある辺りで1匹見て撮れました。
 杉林の方に来るとミヤマカケスが数羽いて、騒いでいました。
 すばしっこい鳥で、ピントが合ったときに飛び去ることが多いです。木の幹に巻いたむしろに餌がいるのか、そこにしばらくいました。枝に飛び移ったところです。

高いところで栗を食べている

 ゴルフ場の方にもエゾリスが来ていました。5〜6匹見たでしょう。
 帰り際に入り口の近くで、もう1匹のエゾリスを見ました。自分で地面から大きい栗を掘り出して、皮を向いて木に上がって食べていました。
 午後は川へ行って、カワセミやホオジロガモを撮りましたが、それは別の機会に。

2011年12月27日(火):ササラ電車4号車

漁師のご婦人と近いコクガン

 干潮が昼近くなって来たので、午前中に下海岸(戸井恵山方面)へ行きました。
 少し遅くて波が強いせいか、コクガンはそんなに多くは見られません。いつも行く入江のような場所で、舟を上げ降ろす斜路の端に昆布広いの漁師さんが3人立っていましたが、コクガンも3羽ほど斜路に登って行きました。お互いに無関心なので近くなるのでしょう。

コクガンはこんな鳥です

 コクガンは天然記念物に指定されています。
 冬鳥としてシベリア方面から来るのですが、函館近海が日本最大の越冬地です。干潮に行けば、あちこちで餌の海藻を取るコクガンが見られます。
 野生動物・野鳥編にコクガンの話が数ページがあります。

サケの腹部を食べるカルガモ

 コクガンを見物の行き帰りに川にも寄ってみました。
 ダイサギは多分4羽いたと思います。換羽中のウミアイサも、ホオジロガモもいました。
 こちらは湯の川で見たサケの腹部(卵でしょう)を食べているカルガモです。カルガモは植物食ですが、水底のサケの卵を食べることは何回か絵日記で紹介しました。

函館市電排雪4号車

 午後は買物に出て、その帰りに湯の川温泉電停のところで、函館市電の除雪電車 ササラ電車に会いました。湯の川電停(終点)まで追いかけて何枚か撮りました。
 大正6年東京市電客車として製作、昭和9年函館市電として購入、昭和12年に排雪4号に改造されました。3号車もあります。台車や電動形式は箱館ハイカラ號と同じです。

2011年12月26日(月):ミヤマカケス3姿

大沼のオオハクチョウ

 七飯町の湧水を汲みに行くついでに、大沼公園へ行ってみました。
 大沼公園駅横の観光案内所は、昨年から白鳥用パンくずをくれなくなりました。そこのお姉さんは、まだセパットには白鳥は来ていないと言いましたが、20〜30羽くらいいました。
 オオハクチョウとマガモだけです。餌をくれる人はいなくて、鳴いていました。

雪を掘るミヤマカケス

 大沼国際セミナーハウスには冬季は「小鳥のれすとらん」と言う給餌台を設置します。
 駐車場で車を降りると、遠くの林の中で、雪を掘っている大きい鳥が見えました。ミヤマカケスが雪を掘って、はね飛ばして、地面の餌を探しているのです。
 この後でドングリを咥えて飛び立ちました。

ナナカマドの木の上で

 行先は私の方から見えなかったのですが、家内がこちらに止まったと教えてくれました。
 もうドングリは飲み込んだのか咥えていません。
 赤い実の残ったナナカマドの枝に止まって、トビの鳴き真似をしていました。声量はトビほどはありませんが、とても似ていて感心しました。

給餌台のミヤマカケス

 小鳥のれすとらんは今年のポスターでは三ツ星と書いてありましたが、昼過ぎだったせいか殆んど来客は見られませんでした。
 一番近い給餌台の円い穴の先に大きい顔が見えます。体は大部分給餌台に隠れていますが、ミヤマカケスでした。先のものとは違うカケスと思います。

2011年12月25日(日):雪の上のダイサギ

雪の上のダイサギ

 最高気温は−3℃の予報でしたが、日も照っていたので、出来立ての年賀状を持って、川沿に歩きました。ダイサギは同時に2羽も含め何度も見て、4回撮れました。
 2回は水中にいて、2回は雪の積もった岸に上がっていました。このダイサギは寛いでいたようで、片足立ちです。逃げる気配も無くてアップも撮れました。

冬羽に換羽中のウミアイサのオス

 途中でウミアイサのオスがいました。22日に河口にホオジロガモのメスといたエクリプスから冬羽に換羽中のオスと思います。背中が黒くて、頭の茶色の羽が抜けています。
 始めは泳いで逃げていましたが、カルガモの群と一緒になったら逃げるのを止めました。すっかり寛いで羽繕いも見せてくれました。25%画像で、羽や目の様子がよく判ります。
 この写真はカワアイサと書いていましたが、初見のウミアイサのオスと思われ、2012年7月11日訂正しました。

河口のホオジロガモのペア

 いつもホオジロガモがいる場所は、今日はキンクロハジロとカルガモだけでした。
 河口まで行ってみると、今日は遠くにホオジロガモのペアが並んでいました。逆光なので+1の露出補正をかけています。33%の縮小画像をトリミングしました。
 こちらも寛いでいて、羽繕いもしていました。

久しぶりのカワセミ

 川を降って行くときに何度かカワセミに逃げられました。
 帰りに期待していたのですが、1枚目のダイサギのいた場所近くの、木の上の方の枝にカワセミが止まっているのを見つけました。すぐ逃げるので枝被りで撮りました。
 遠いので66%縮小画像をトリミングしています。雪の背景で無くて残念です。

2011年12月24日(土):別居?中

美鈴珈琲のケーキ

 車を始動したらナビがメリークリスマスと言いました。コーヒーとケーキを買いに、家内がよく行く湯の川の 美鈴珈琲(コーヒーケーキショップ美鈴湯川店)へ行きました。
 ケーキは大小たくさんありましたが、大きな物は食べられません。小さいのを少々購入しました。写真は許可を得て撮っています。

ホオジロガモのメス

 買物をすませてから、一昨日の川を覗いてみました。
 そのときはオスのホオジロガモがいて、メスは河口遠くにいましたが、今日はメスのホオジロガモがいました。他にはキンクロハジロの一群とカルガモだけです。
 暗い中を泳いでいるので、鮮明ではありません(良い訳ばかり)。

遠い河口のホオジロガモのオス

 海の見える河口付近へ行ってみると、遠くに1羽のカモが泳いで、時折潜っています。
 望遠にして撮って、画像を拡大してみるとやはりホオジロガモのオスでした。
 昨冬はよく一緒に泳いでいたのに、この冬は別居中のようです。野生動物・野鳥編に「はぐれホオジロガモ」と言うページがあります。並んだところを見たいです。

飛び散る波頭

 「クリスマス寒波」の低気圧のせいで、雪や強風で荒れた天候が続いています。河口の防波堤に打ち寄せる波も波頭が飛び散っていました。
 函館ではホワイトクリスマスでないことが多いですが、今年はすっかり白くなりました。
 読んで下さった方々に、メリークリスマスです。

2011年12月23日(金):映画三昧

シャオロンです

 雪はさほど多くはありませんが、風が強い一日です。
 外出しなかったので、年賀状の住所録の最後の仕上げをしました。喪中のフラッグを更新し、今年来なかったとろに出すか出さないか設定しなおしました。
 裏面は優勝にちなんでドラゴンズのマスコットのシャオロン(小龍)にします。

BS スターチャンネル番組表

 有利な条件があったので、12月から3ヶ月の予定でケーブルテレビを通して、BS スター・チャンネル と契約しました。今月見た映画で面白かったのはハート・ロッカーとかアイアンマン2などで、ラッセル・クロウのロビンフッドは出張で見れませんでした。
 3チャンネルは吹き替え版です。既に見ていたりで、意外に見たい映画は少ないです。

レッド・クリフ

 まだ完全には見ていない長い映画として、以前DVDのジャケットを紹介したレッド・クリフの1を昨夜見ました。147分あります。なかなかメリハリがあるように思えました。
 今夜は2を見ようと思っていますが、144分です。レンタル落ちなので得点映像は殆んどありません。横山光輝氏の漫画の三国志は全60巻がまだ本棚に飾ってあります。

2011年12月22日(木):近所にもホオジロガモ

近所の川のホオジロガモのオス

 午前中に所用があって湯の川方面に行きましたので、河口近くに車を置いて、川を覗いてみました。11月23日の絵日記 に上磯の川にホオジロガモが来たことを書きましたが、こちらではこの冬初見です。昨日の露出が散々だったので注意したのですが・・・。
 小雨がぱらつく暗さだったのが、鮮明さを欠く原因でしょうね。

河口の遠くにいた鳥

 メスがいないので、その上下流を探しましたが見られません。
 河口の遠くの方に3羽の鳥が水面にいます。カメラを最大の望遠にして見ると、ウミアイサとホオジロガモのメスと確認できました。50%縮小画像なので粗いです。
 ウミアイサは背中が黒く、冠羽も抜けかけて、冬羽に移行中のオスです。
 2012年7月11日にこちらはウミアイサのオスと気付き訂正しました。

氷の端の餌を食べるカルガモ

 川幅のずっと広いM川は、岸の方から氷が張っていました。+3℃くらいありましたが、冷たい風が吹きつけて水面が冷えるからでしょうか。
 写真の右半分は氷です。氷の端には流れ着いた草や葉があるので、カルガモやマガモがそれを食べていました。コガモの群は対岸の陸に上がっていました。

Y川のダイサギ
 最初の川の河口で頭の上をダイサギが飛んでいました。探すと、M川支流のY川が本流と分かれたすぐの場所に、潜むようにいました。
 遊歩道の赤い実の付いた枝の間から、盗み撮りするように撮った写真です。2枚撮ったら、傘を振りながら男性が歩いて来て、ダイサギは逃げ去ってしまいました。

もどる 次へ

本館に戻る 掲示板[通常入門 別館トップ 写真絵日記
ミニ探訪 ミニ薀蓄 壁紙プレゼント 別館について